スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > その他

「脱出用ハンマー」準備を 台風シーズン、車水没で死亡例

「脱出用ハンマー」準備を 台風シーズン、車水没で死亡例

こんにちはつよぽんです。
新聞よりの情報です。
洪水になって車に閉じ込められた時に活躍するツールですね。

台風10号が最大級と言われています、水没の可能性も有るのでその時のツールです。

台風シーズンに入った日本列島。
水没した車の窓ガラスを割るための「脱出用ハンマー」を備えるよう、国土交通省がユーザーに呼びかけている。
昨秋は台風の水害で車内に閉じ込められて亡くなる人が多かったが、ハンマーを搭載した車はまだわずか。

>三角停止板は車に乗せていますが脱出用ハンマーまではまだ無いですね。

国交省の担当者は「ハンマーなしに水没した車から出るのは難しい。
いざという時のために準備してほしい」と話す。
関東や東北に大きな被害をもたらした昨年の台風19号では各地で河川が氾濫(はんらん)し、20人以上が車で移動中に大水に巻き込まれ亡くなった。
直後の台風21号や今年の九州豪雨でも、水没した車内で死亡した人が複数いた。
車が水没すると、電気装置が止まって窓が開かなくなり、車内に閉じ込められる危険がある。

>今の車は電動で動くものが多いですから

水圧のため、内側からドアを開けることも難しくなる。
車の窓ガラスは強度が高く、素手で割るのは困難だ。そこで、先端が針のようにとがっている脱出用ハンマーを使うことで割りやすくなる。
車に備える義務はないが、カー用品店やホームセンターで高くても3千円程度で買える。
ただ、ガラスを2枚以上重ねた「合わせガラス」はハンマーでも割れない。買う前にガラスの種類を確認しておく必要がある。
脱出用ハンマーを車に備えている人はさほど多くないのが実情だ。国民生活センターが6月に自動車ユーザー5千人にアンケートしたところ、79%に
あたる3959人が脱出用ハンマーを知っていた。
ただ、車に積んでいる人は876人で、全体の2割弱に過ぎなかった。
ハンマーを使ったことがある人も188人いたが、89人はガラスを割ることができず、106人は割るときに自分や近くにいた人がけがをしたという。
粗悪なハンマーも流通しているといい、国交省は性能や使いやすさを調べて、年度内に公表する予定だ。(贄川俊)
サムネイル

≫ 続きを読む

その他   2020/09/05  

「生きている化石」カブトガニの青い血は我々の命を救う!

こんにちはつよぽんです
古代から生きているカブトガニがコロナワクチンの影響で危機になっているようです。


毎年春になると、満月に導かれて何十万匹というカブトガニが産卵のため米大西洋沿いの砂浜に上陸する。
お腹を空かせた鳥たちにとっては、ご馳走。
製薬会社にとっては、医薬品の安全を確保するために必須の資源だ。
カブトガニの青白い血液から得られるライセート試薬(リムルス変形細胞溶解物)は、内毒素(ないどくそ、細菌内の細胞壁に含まれる毒素)を検出できる唯一の天然資源だ。

2億年以上も前から、その形を変えないまま、現在まで生き続けていることで、生きる化石と言われているカブトガニだが、このカブトガニは人類にとってなくてはならぬ存在なのだという。
正確に言えば、カブトガニから採取される青い血液が人類に大いに貢献しているのだ。
カブトガニの青い血液は細菌汚染試験に利用されており、医療の現場で無数の命を救っている。
その為に今も、カブトガニは血液採取工場にてその血液が採取されているそうだ。
カブトガニの血液には特筆すべき点が2点ある。
1つ目は、体内に酸素を運ぶうえで、ヘモグロビンに含まれる鉄の代わりに銅を利用しており、そのために淡い青色をしていることだ。
そして2つ目は、カブトガニの血液は細菌内毒素と反応するため、汚染があった場合には凝固し、ゲル状の物質となってそれを閉じ込めることである。
非常に感度が高く、ppt(1兆分の1)レベルの汚染に対しても反応するほどだ。

>青い血液にも驚きますが。毒素と反応する特性が製薬会社にとっては重要なのですね。

7月以降、スイスに本拠地を置く製薬大手ロンザはヒトで臨床試験を行うために新型コロナウイルス感染症ワクチンの製造を開始するが、ワクチンを米国で販売するならばライセートを使用する必要がある。

ヒトの健康と安全は、特に新型コロナウイルスに対するワクチンのような重要性の高いものにおいては最優先になるようです。

>本当にワクチンが出来るか疑問ですけど、このワクチンのために多くのカブトガニが犠牲になるのですね。

この製剤はこのLALは1リットル弱でなんと15000ドル(約122万円)で病院などに売られるそうです。

≫ 続きを読む

その他   2020/08/22  

「7時間睡眠」がもっとも長生きできる理由

こんにちはつよぽんです。
こんな情報を見つけました。
8時間睡眠と言われますが7時間で良いのですね。

睡眠は脳のクリーニング・タイム。
疲れた脳の老廃物を洗い流してくれる貴重な時間です。
『50代からの「老いない体」のつくり方』著者で医師の満尾正氏が、「老いない体」をキープする上でとても重要な、睡眠の効果について解説します。

■質の高い人生は「脳の休養」から生まれる。
「7時間睡眠がもっとも長生きする」
これは、日本やアメリカ、イギリス、それぞれの国の研究チームの調査で明らかにされていることです。
もとより、人には個体差がありますから、6~8時間が健康的な睡眠時間と考えてよいでしょう。
脳は、さまざまな心の作用と結びついています。
睡眠が足りずに脳の疲労が回復されないと、たちどころに心が不安定になります。感情のコントロールが効かなくなる障害も出てきま
す。倦怠感や集中力の欠如などの不調も現れてきます。
日中、働きづめの脳は、十分な休養、つまり「睡眠」が与えられることで、いくつになっても最高のパフォーマンスを発揮します。
感情や気力は、生命力の構成要素です。脳の休養は、強い生命力を保つうえで欠かせない条件なのです。
睡眠時間がどうしても短くなりがちな人は、昼寝をとり入れるといいでしょう。ただし、長時間ダラダラと寝るのは禁物です。
せいぜい20~30分ほどの昼寝が、脳の休養にとても有効とされています。
寝すぎも、無気力などの気分障害を引き起こします。

■睡眠時間以上に
熟睡できているかが重要
良い睡眠とは、睡眠時間の長さではなく、むしろ「熟睡」できているかどうかといった睡眠の質の問題と考えられています。
睡眠には体を休める「レム睡眠」と、脳を休める「ノンレム睡眠」があります。
レム睡眠は浅い眠り、ノンレム睡眠は深い眠りです。
ノンレム睡眠から始まって徐々に眠りの深度を増し、熟睡度のピークを過ぎると浅くなってレム睡眠に変わります。
約90分を1サイクルとして、4~5サイクル経て、心地よい目覚めに至ります。
ぐっすり眠る脳は、夢をほとんど見ることがありません。
このノンレム睡眠の間に、成長ホルモンが分泌され脳の機能回復や細胞の新陳代謝を高めたり、免疫力を増強したりといった体のメンテナンスが行なわれます。
いつも決まった時間、夜10時に就寝し、朝5時に目覚める――。
入眠して3時間の間にしっかりと成長ホルモンが分泌する眠りが、理想的な熟睡です。
過不足ない睡眠は、朝の目覚めの状態でわかります。
前向きな気持ちがあふれた目覚めであれば、熟睡が得られた証拠です。朝目覚めたときの気分を尺度に、自分に合った睡眠時間を見つ
けるといいでしょう。
■「質の良い眠り」を
与えてくれるメラトニン
規則正しい起床・就寝の習慣は、「誘眠ホルモン」とされるメラトニンの性質を活用してつくります。
メラトニンは、脳の中心部の「松果体」と呼ばれるところから分泌されています。大量に分泌されると眠気をもよおし、少なくなって
くると目覚めます。
メラトニンの分泌量は7歳ごろをピークに、50代以降では半減しますが、「幸せホルモン」と言われるセロトニンを増やすことで分泌量
が高まります。
セロトニンは、納豆をはじめとした大豆製品や、ゴマ、しらす干しなどに豊富なトリプトファン(必須アミノ酸の一種)を原料につく
られます。セロトニンからメラトニンへの合成は暗くなると始まると言われています。
規則正しい睡眠習慣をつけるとともに、こうした食品を積極的にとって、脳を健康に保っていきたいものです。
メラトニンにはまた、「不老長寿ホルモン」の異名があります。
強力な抗酸化作用を持ち、脳細胞を守る働きがあります。
さらに熟睡を得ることで免疫力が増強するという間接的な効果で、がん、骨粗しょう症、心臓血管疾患、糖尿病の合併症、肥満にもか
なりの予防効果があることが報告されています。
■朝日を浴びることで
ストレスから解放される
昔から、日本人の勤勉さは「早起き」に象徴されています。
江戸・元禄時代に井原西鶴が著したわが国初のビジネス小説『日本永代蔵』には、「金持ちになる秘訣5カ条」が書かれています。
そのなかで「いの一番」に挙げられているのが、早起きです。
じつは朝は、ストレスと闘う「ストレスホルモン」の分泌量がもっとも多くなります。
体に活動のエンジンがかかる際にエンジンの役割を果たすのです。
しかし、ストレスをためやすい人だと、体は一日中、ストレスホルモンであふれてしまいます。
気持ちがうしろ向きになり、愚痴っぽくなったり、ひがみっぽくなったりして、ストレスがさらにストレスを呼ぶといった「ストレス
スパイラル」にはまってしまいます。
そうならないためには毎朝、決まった時間に起床して朝日を浴びます。いわば「心を洗う朝の儀式」です。
朝日を浴びると、前述のセロトニンが脳内に分泌されます。
セロトニンは、ストレスが生まれにくい体内環境をつくります。
このとき、笑顔をつくれば、ストレスホルモンの分泌量がスーッと下がります。
心を洗う儀式は、脳をリフレッシュする習慣でもあるのです。

≫ 続きを読む

その他   2020/08/15  

カマンベールチーズで認知症を防げる? 1日2ピースで

こんにちはつよぽんです。
気になる話題を見つけました。
酒の肴にカーマンベールチーズは大好きですね。


カマンベールチーズを食べると、認知症の予防につながる可能性があるとの研究結果を、東京都健康長寿医療センターなどの研究グル
ープがまとめた。
認知機能が低下すると、BDNF(脳由来神経栄養因子)というたんぱく質の血中濃度が減ることが知られるが、カマンベールを食べるこ
とで上昇したという。
東京都内の70歳以上の軽度認知機能障害の女性71人を二つのグループに分け、片方にカマンベール、もう片方にモッツァレラを1日約30グラム(2ピース)ずつ、3カ月食べてもらった。
食べない期間を3カ月おいてグループを入れ替え、同様の試験を実施。すると、カマンベールのグループは血中BDNFの値が約6%増えたが、モッツァレラは約2%減る傾向が示された。
BDNFは運動すると増えることが知られている。
センターの金憲経(キムホンギョン)・研究部長は「運動できないほど体力が低下した人でも、カマンベールを食べれば改善を期待できそうだ」と話す。
ただ、チーズには脂質も多い。「食べ過ぎは禁物。健康維持には、適切な量の摂取と運動が効果的」と指摘した。

>チーズを大いに食べましょう!

 

≫ 続きを読む

その他   2020/02/09  

“スマホ脳過労” 記憶力や意欲が低下!?

こんにちはつよぽんです。
物忘れが多くなりました、人の名前がすぐ出てこなかったり認知症?
スマホ脳疲労という記事を見つけました、もしかしたらこの影響かも。

生活に欠かせないスマホが脳科学の世界で物議を醸している。
スマホに依存すると30~50代の働き盛りでも、もの忘れが激しくなり判断力や意欲も低下するというのだ。
患者の脳では前頭葉の血流が減少。
スマホから文字や映像などの膨大な情報が絶えず流入し続け、情報処理が追いつかなくなると見られている。
「スマホによる脳過労」「オーバーフロー脳」などと呼ぶ脳神経外科医も現れ、脳の異常は一時的なのか、認知症の初症状なのか、議論が始まっている。

また東北大学は、スマホの使用時間が長い子どもの大脳に発達の遅れが見られると発表。
一部自治体は子どものスマホ規制に動き出した。
こうしたなか注目されるのが「デジタル・デトックス」の試みだ。
リゾート会社はスマホを手放して自然を無心で味わう滞在を提案。
スマホメーカーも一定時間を超えるとアプリを使用できなくする機能を開発した。
明らかになりつつあるスマホのリスクと対策。
その最前線を伝える。

最近、スマホの使いすぎが原因で、脳に異常をきたす人が増えているという指摘が、医師や研究者の間で相次いでいます。
スマホによる「認知機能の低下」、「脳過労」とも呼ばれています。
スマホが原因で脳過労に陥った人の脳画像です。
青くなっているのは、血流が減って機能が鈍っている部分。
正常な時と比べると、明らかに機能の低下が広がっています。
岐阜県の、もの忘れ外来です。以前は高齢の患者がほとんどでしたが、5年ほど前から異変が起きたといいます。
脳神経外科 奥村歩医師「30代から50代の働き盛りの患者さんが、全体の4割を占めるに至っている。」
1年前、スマホによる脳過労と指摘された田中さん(仮名)、59歳です。
自動車販売店で支店長を務めています。田中さんは、8年前からスマホを愛用。
メールやSNSに加え、仕事に役立つと思うネット記事は頻繁にチェックするといいます。
田中さんは「話のネタに使えますし、社内の部下育成に使えるネタがたくさんあります。
私自身がこういったツールにしろ情報にしろ嫌いじゃないので、知らないうちにそれが体に影響している、そういう診断でした。」
最初の異変は、もの忘れでした。

>私も有りますね。


なぜか、部下の名前が思い出せない。こうしたことが頻繁に起こるようになりました。
そして、部下がミスをすると…。
「今どき、小学生だってやらないよ!大体、君はどういう教育を受けてきたんだね!」
田中さんはもともと温厚な性格でしたが、周囲の目も気にせず、どなりつけてしまうことが増えたといいます。
しかも驚くことに、田中さん自身はこうした異変に全く気づいていなかったというのです。
田中さんは「かなりひどいことを言っていましたけれども、私自身は自覚もないし、全く異常がないと思っていましたけれども、妻のほうが『おかしいんじゃないか』と。はたから見て。」
奥さんの勧めで受診した田中さん。奥村医師はこうアドバイスしました。
「まずは5分でもいいから、スマホを触らない、ぼんやりする時間を作ってください」。
実は、脳にはぼんやりするときに活発化する回路があることが分かってきました。
これを「デフォルト・モード・ネットワーク」といい、情報を整理する役割を果たしていると考えられています。
脳の情報処理には、3つの段階があります。情報を入れる「インプット」。

次にデフォルト・モード・ネットワークによる「整理」。
そして、話すなどの「アウトプット」。
しかし、ぼんやりすべき時にスマホを使いすぎると、この「情報の整理」が行われないため、脳がまるで、ごみ屋敷に。
すると、覚えることや話すことにも悪影響が及ぶと奥村医師はいいます。

>ぼんやりすることも必要なのですね。

脳神経外科 奥村歩医師
「スマホが息抜きだと考えているかもしれないが、息抜きが息抜きになっていなくて、そのスマホが“脳過労”を憎悪させる最大の原因になっている方が非常に多い。」

>確かに息抜きになると思ってスマホを見ることが有ります。


同じく脳過労を指摘された、55歳の藤本さん(仮名)です。
数年前に乳がんを患い、最近は母親の介護の心配も出てきました。
藤本さんは、ある感覚に悩んでいました。
「何をしても心に響かない」というのです。

藤本さんは「例えば映画を見に行くとか好きだったんですけど、それがさして面白くなくなってしまう。
(前は)どきどきしていたのが全然しらっとして、途方にくれた。」
奥村医師の診断によると、藤本さんはデフォルト・モード・ネットワークが働きにくくなっている上、前頭葉の機能低下のおそれがありました。
前頭葉は、判断や意欲、そして、感情までつかさどっています。
藤本さんは、病気や介護でもともとストレスを抱え、前頭葉は余裕がない状態でした。
そんな時、スマホで病気のことを頻繁に調べるうち、前頭葉に疲労がたまったのではないかといいます。

>感情にまで影響出て感動しずらくなるのですね。

スマホは必要以外触らないほうが良いようですね。

≫ 続きを読む

その他   2020/01/10  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話