スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 2021年

味噌は日本でしか作れない、世界に誇るべき調味料。

こんにちはつよぽんです。
日本人なら毎日飲んでいると思われる味噌汁
「味噌」についての情報をネットで見つけました。
1945年8月9日、長崎県に原爆が落とされた時に、被爆した秋月医師たちがとった食事は、梅干し入りのおにぎりと、かぼちゃの味噌汁とかワカメの味噌汁
だったそうです。
それから復興が進みましたが、その後何年も原爆症を発症した職員はおらず、がんで亡くなった方もおられなかったそうです。
興味のある方は秋月辰一郎医師著書『体質と食物 健康への道』をお読みください。

昔から、日本人が当たり前のように食べつないできたみそ。
「みそは医者いらず」など、健康と結びつけたことわざも少なくない。
発酵学の第一人者・東京農業大学名誉教授の小泉武夫さんは、食に関する著作が100冊以上あり、「発酵仮面」のあだ名がつくほどの大の“発酵食好き”だ。
なぜ、みそはそんなにすごいのか、ご自身の食体験や最近注目されている科学的な知見も含めて語っていただいた。

「みそ汁を飲むと、からだが喜んでいるのがわかるね」
――全国の大学で学生を指導し、講演や執筆、メディアへの登場と大活躍されていて、さぞやお忙しいでしょうに、肌つやがよく声にも張りがあって、失礼ながら御年73歳にはとても見えませんね。
小泉 そうでしょ。自分でも若いと思いますよ(笑)。これは、まさしく、みそ汁と納豆のおかげです。何十年と毎日みそ汁を飲んでいますからね。たまに飲みそびれていると、何か不安な感じになる。何か足りないよってからだが訴えてくる感じですね。みそ汁を飲むと、からだが喜んでいるのがわかりますよ。
私とみそとの縁は長いです。まだよちよち歩きのころ、あまりにも活発で生傷が絶えないもんだから、祖母が三尺帯を2本つないでその端に私を、もう一方を母屋の柱に縛り、左手にはみそ、右手には身欠きにしんを持たせておいたそうです。
そうしておけば、にしんにみそをつけてしゃぶって、おとなしくしていたのだとか。それが私の味覚の原点にもなっているんです。

>身欠きにしん懐かしいです(北海道出身なので)、煮物などに使うのでそのままでは食べずらいので味噌をつけるのですね。
 

調べてみると、日本とみそとの歴史も古いですよ。
大豆はすでに縄文時代から作られていたようですが、みそが文献に登場するのは、701年の大宝律令のなかで、「未醤」と出てきたのが最初。
これが「未醤」→「未曽」→「味噌」となったといわれています。
「噌」の字は日本でつくられた字なんだそう。
そこから、それぞれの土地の気候や風土に見合った形で独自に変化し、日本各地にさまざまなみそが生まれていったようです。
私が子どものころは、みそがないなんて考えられなかった。ごはんとみそがあれば生きていけるといわれていた。
どんな田舎にもこうじ屋があって、そこからこうじを買ってきて、自分で育てた大豆で仕込んだものなんですよ。
家ごとにみそを作るなんて大変だなって思っていたら、そうじゃなかったんだね。
集落ごとに共同でこうじと塩を買って、みんなで作って分け合っていたんですよ。
つまり“集落みそ”。なんか、日本人の人間愛が感じられる話じゃないですか。

>自分で作る味噌は「手前みそ」と言われています。
今では様々な種類の味噌が市販されていますが、本来味噌の製造方法が普及すると各家庭で仕込むようになりました。
昔は味噌を買うことは家の恥とされていたので、味噌を造った主婦が丹精込めて一年分の味噌を造りそれを自慢して毎日食べていたそうです。
手前みそは、自分自身で褒める事を意味し、手作りの愛着から生まれたそうです。

◇日本人の勤勉さは、みそが育んできた?
――2013年、和食がユネスコの無形文化遺産に登録された際、小泉さん(私の尊敬する発酵学者の小泉武夫さん)は検討委員も務められていましたが、和食の中におけるみその位置づけとはどういうものなのでしょう。
小泉 みそを仕込むこうじ菌は、日本酒と同じでニホンコウジカビ(アスペルギルス・オリゼ)といって、日本にしか生息しない菌なんです。
日本醸造学会によって、“国の菌”にも指定されています。ほかの国で同じような材料を使ってもみそはできない。

>他の国にでは出来ないのは初めて知りました。

みそは、日本独特の、誇るべき民族の調味料といえるでしょうね。
無形文化遺産への登録にあたって和食の奥深ささを改めて感じたのですが、そのなかでも、とくにみその存在が大きいと思いました。
昔の人が「大豆は畑の肉」と言ったように、みそに含まれるたんぱく質は、米みそで10~13%、豆みそなら18%前後と豊富で、肉と比べてもひけをとりません。
しかもみそには、生命を維持するために不可欠な必須アミノ酸8種がすべて含まれている。
つまり、みそ汁とは、まさに肉汁(にくじる)なんです。
日本人は非常に勤勉な民族っていわれてきたでしょ。
朝早くから田んぼ行って畑行って、午後になったら山に行って。
海でも、朝から夕方まで漁をしている。あのスタミナの素は一体何かといったら、やっぱりみそ汁なんですよ。
なにせ、肉汁を毎日飲んでいるようなものなんだから。しかも、朝昼晩と。
日本人の民族的な力の強さはみそ汁が育んできたんじゃないか、そのくらいの位置づけでいいと思いますね。

◇長崎で被爆した秋月医師を救ったみそ汁のチカラ
――昔の人たちは、経験や体感でみそがからだによいということを知っていたんですね。最近では、科学的にもみその機能性について研究が進んでいるようですが。
小泉 そうなんですよ。さまざまな研究機関によって、医学的にも栄養学的にも、みその持つ効用が解明されてきています。
たとえば、みそ汁の摂取頻度と胃がん死亡率の関係を疫学的に調べた研究があるのですが、人口10万人あたり、みそ汁を毎日飲んでいる人とほとんど飲まない人とを対象に調査したら、みそ汁の摂取頻度が高くなるほど、胃がんでの死亡率は低くなることがわかった。
みそ汁を毎日飲む人は、胃がん以外のがんでも、動脈硬化、高血圧、肝硬変などの死亡率もそれぞれ低くなることが観察されているんです。
また、福島の原発事故もあってよく知られるようになったのが、長崎の原爆で被爆された医師、秋月辰一郎さんの研究です。
秋月先生は診療中に原爆が落とされ、夫婦ともに被爆した。ところが、秋月先生のお家ではみそを大量に作っていたので、みそ汁を被爆後にもずっと飲んでいたんですね。
結局秋月先生も奥さんも白血病もがんも患うことがなかったのだけど、ご自身が発症しなかったのは「みそ汁のおかげ」ではないかと先生が述べているんです。
その後、チェルノブイリの原発事故の際にも、ヨーロッパの放射能汚染地域に日本からみそがずいぶん輸出されたんですよ。
みそについては塩分を気にする人が多いようですが、最近では知見が変わってきています。みそ汁をお椀に1杯飲んだら、塩分は約1.2~1.5g。
これはほかの食品と比べても決して多い量ではないし、最近の研究では、みその摂取で血圧は上昇しないということも報告されています。

>味噌の塩分は血圧をたかめることは無いのですね!

≫ 続きを読む

粗食   2021/09/27  

コロナも生活習慣病も 『敵は我にあり』

こんにちはつよぽんです。
日本食とコロナの関係は有るのでしょうか?
ワクチンではなく自身の免疫力を高めることが最善ではないでしょうか!

ネットの情報より

これまでの国のコロナ対策は、マスク・手洗い・三密回避に代表されますが、これはウイルスを体内に侵入させない対策で、いわば"敵は外にあり"の思想です。
ところが、敵は目に見えない上に、飲食・空気を取り入れないとヒトは生きて行けない宿命を持っている以上、ウイルスを体内に侵入させないことには限界があります。
そこで次の関門。侵入は許しても感染させない対策、ここで活躍するのが免疫力です。
ヒトには飲食・空気の取り入れ口である食道・胃腸や気道・肺等に総免疫細胞の約7割が配備されているのです。
その代表が免疫グロブリンIgAです。
このIgAは民族によって欠損者に大きな違いがあることが知られています。
米を常食とする民族(日本・中国・韓国等)は欠損者が少なく、逆に米を常食としない民族には欠損者が多いという。
これが見事にコロナ感染者の多さに比例しています。つまり、免疫グロブリンIgAが体内に侵入してきたウイルスを撃退したことが推察されます。
また、近年日本の若い人に米離れが進んでおりますが、これもまた若い人達にコロナ感染が相対的に多く見られることと相関していると思われます。
このように日本人にとって米食は、太古の昔から続いている食文化であるだけでなく、免疫食と言うこともできるかと思います。

>古来から食べているものには理由が有るのですね。

 

対して小麦(パン)はどうかと言いますと、世界の小麦生産の99%が遺伝子組み換え小麦という。
遺伝子組み換えによる小麦タンパクの激変に腸がアレルギー反応を示し、腸の粘膜上皮のバリアー機能が損傷され、コロナ感染リスクを高めるのです。
パン食民族にコロナ感染者が多いことからも小麦のリスクが理解される所です。
では、そもそも免疫力とは何か?その本質と来源をしっかり理解することが何より重要です。
免疫力とは、ヒトの免疫システムを担う白血球の力のことであり、そしてその白血球は赤血球より醸成され、赤血球は食物から腸粘膜で造られるという事実です。
つまり食物→赤血球→白血球(免疫力)、この一連の流れが健康的に進むことが免疫力が高いという意味なのです。
こう見てくると免疫力のスタートもまた食物であることがわかります。
この時、日本人の免疫力向上に米がいいか小麦(パン)がいいか、味噌汁がいいか牛乳がいいかは賢明な皆様ならすぐご理解いただけるでしょう。
米や味噌汁は日本人が古くからなじんできた食事ですが、パンや牛乳は一般に普及するようになってまだ100年も経っておりません。
免疫とアレルギーの専門医、榎木義祐博士は、この免疫とアレルギーの違いを「慣れがあるのが免疫、慣れがないのがアレルギー」と指摘します。
慣れの有無を決めるのは、個人の感覚ではなく、腸内フローラであると考えます。
腸内フローラが喜ぶ食物が「慣れ=免疫」なのです。そうなると伝統食(和食)が免疫力を高めることは文句のつけようがありません。
なぜなら、伝統食(和食)には脂肪の質の良さに加えてビタミン・ミネラル、食物繊維、それに発酵食品に含まれる微生物や酵素等が腸内フローラのバランスを整え、短鎖脂肪酸等とコラボしながらより一層免疫力を高めるのです。
  戦後、私達は素晴らしい日本の伝統食を軽視し、国を挙げて欧米食に突き進んできました。
その結果、生活習慣病と医療費の激増、そして今日、コロナの脅威に苦しんでいます。

誤って欧米食を選んできたのは私達自身です。ゆえに「敵は我にあり」なのです。

>戦後日本人は洋食の方が良いと思わされたんですね、日本以外では日本食は見直されてきているのに。

≫ 続きを読む

粗食   2021/08/26  

清潔になり過ぎた現代社会に生じた病とは、コロナ?

こんにちはつよぽんです。
コロナ禍は清潔いなりすぎた社会への警鐘なのでしょうか?

ネットの情報より。

免疫関連疾患は、物質的豊かさ及び欧米化の度合いに正比例して増加する。
つまり、生活環境がかつて人類の進化してきた環境に似ている(感染症が多く、ある科学者が「動物、糞、泥」と呼んでいるものにまみれている)ほど免疫関連疾患の発生率は低いのである。

>子供の頃は青っ鼻をたらしてい子が多くいましたね、寄生虫も学校で「虫下し」とか「回虫検査」とかしていましたね。

人も含め、あらゆる生物は、全て外圧(外部世界)に対する適応態として存在している。
常に変化し続ける外部世界に生きる生物にとって、外圧が存在ない状況はありえない。
過剰な清潔は、免疫機能にとっての異常状況(=無外圧)をつくる。
それが、免疫の機能不全を招き、結果、アレルギー疾患や自己免疫疾患の増加を招いている。
同様に、新型コロナウィルスの感染症対策による徹底した消毒社会が、かえって容易に感染しやすい環境を作り出しているのではないか。
一方、農村地域で、感染者が少ないのは、微生物が多く生息する自然の土に触れることで、免疫機能が正常に作動しているためではないだろうか。
人とウイルスや細菌との間には「共生関係」の長い歴史がある。
目先の不安に流されること無く、歴史的事実を学び、今後どうするのを考をが良いかえたい。

>コロナ対策で手を清潔に保ちましょうと言われ、石けんで手洗いを行うか、手指消毒用アルコールで消毒を行いましょう
と書いています。それと手が触れる所を消毒薬で消毒していますね。

以下、書籍『寄生虫なき病』の書評、「清潔になり過ぎた現代社会に生じた病とは」リンクより抜粋。
”これら現代の難病(アレルギー疾患および自己免疫疾患)の、真の原因は何なのか。
こうした病に苦しむ人が最近になってこれほど増加してきたのはなぜなのか。
対症療法ではない、根本的な治療や予防は可能なのか。


この疑問に、最新の科学に基づいて一つの明解な答えを提示しているのが、本書『寄生虫なき病』である。”
そう、本書に書き記されているのは、免疫という人体が共通して宿している機能についてであり、更にはそれが原因となって引き起こされる現代人を最も悩ます病についてなのだ。
筆者自身、幼少期は小児喘息を患っており、現在も花粉症のようなアレルギー疾患には酷く苦しめられている。
しかし、それが何故生じてしまっているかなどとは深く考えたこともなかった。
ある種、運命のようなものとして受け入れざるを得なかった。
だが、決してそうではないのだということを本書は教えてくれる。そして、そこには紛れもなく希望の光が射しているのだということも。
”(筆者注:先進国において)免疫関連疾患の症例は十九世紀末からわずかに見られるものの、アレルギー疾患や喘息の流行が始まったのは一九六〇年代のことである。
その後、この流れは一九八〇年代に加速し、二〇〇〇年代前半までにピークに達して以来そのままの状態が続いている。”
多くの人々が免疫関連疾患に苛まれるようになったのは、このたった五十年程のことなのだ。そして、それと反比例するように感染症の患者は激減している。
では、そこにどのような関係性があるのか。

>感染症は減っているのですね。

著者は次のように書いている。
”免疫関連疾患は、物質的豊かさ及び欧米化の度合いに正比例して増加する。
つまり、生活環境がかつて人類の進化してきた環境に似ている――感染症が多く、ある科学者が「動物、糞、泥」と呼んでいるものにまみれている――ほど免疫関連疾患の発生率は低いのである。”
「不潔な環境で生活している人たちのほうがアレルギー疾患や自己免疫疾患のリスクが低い、という現象」が見られるが、そういった環境では感染症が蔓延っている。
その為、免疫関連疾患と感染症は反比例の関係性になるというわけだ。
そもそも免疫機能はそのような不潔な環境に対応する為に何千年何万年と掛けて進化してきた。

>不潔な環境で感染症に掛からないように進化してきたのですね。


しかし、一九世紀から二〇世紀の前半にかけての衛生改革、微生物病原説、ワクチン、抗生物質といった要因によって、人類を取り巻く環境は大きく変化した。
そのことを著者は「大勢の居候に対応すべく進化してきた免疫系が、気づいてみたら、わずか一世代か二世代のあいだに突然独りぼっちになっていたのである。」と書いており、また「人体からある種の微生物と寄生虫がいなくなるという、恐らくは人類進化史上初の出来事が起きたのである。
人体がそれまでと同じやり方で機能することが不可能になってしまったのだ。」とも書いている。
そうして、免疫機能に異常が発生した結果が免疫関連疾患だというわけだ。
周囲を取り巻く環境が清潔になったからこそ、人々は免疫関連疾患に苦しめられるようになってしまった。
あちらを立てればこちらが立たず、というような状態だ。
しかし、ここで一つの希望が見えるだろう。何らかの方法で免疫機能が正常に働けば、免疫関連疾患が生じることはないのだ。


まさにその為に、自身も免疫関連疾患に苦しむ著者が自らの体内に寄生虫を感染させに行くところから、本書は始まる。
それがどのような結果を生むのか、また同様に寄生虫療法を試した者の話など、免疫関連疾患の治療に関した様々なエピソードが語られている。
また、ここまで見てきたような免疫機能に関する科学的な見解についても、膨大な数の研究論文から引用した文章や実際に何人もの科学者へのインタビューによって得た情報などを用いて、
非常に明晰なロジックで書き記されている。
著者は科学ジャーナリストとのことだが、本書は研究者の書いた学術書に決して見劣りしない一冊だと思える。
現在、世界を脅かしている新型コロナウイルスも本書と無関係ではない。
免疫機能が暴走して自身の細胞を傷つける現象をサイトカインストームと呼ぶが、重篤化した新型コロナウイルスの患者はそれが発生してしまっている為だ。本書の内容に無関係な人物など誰一人おらず、今の時代だからこそ学んでおいた方が良い情報の詰まった一冊だと言えるだろう。


もともと人類の免疫系は寄生虫を含む微生物と共存するためにつくられてきたにもかかわらず、微生物に曝露される機会がへり、免疫系の不具合が起こりはじめていると主張している。

>過ぎたるは猶及ばざるが如しですね。

≫ 続きを読む

建材   2021/07/30  

ペットと暮らす住いの工夫コンテスト

こんにちはつよぽんです。
私の参加しているペット愛好家住宅よりあなたと愛犬・愛猫の写真を大募集しています。
愛犬・愛猫とお暮しの方・ペットを飼いたいと思っているに参考になる「AMILIE」をご希望の方に差し上げます。
連絡はinfo@katohome.comまでお願いいたします。
AMILIE HP https://pet-lifestyle.com/

≫ 続きを読む

愛犬家住宅   2021/07/28  

ドローン講習

こんにちはつよぽんです。
ドローンに興味が有ったので埼玉土建で開催された講習会に参加しました。
午前中前半は座学、操縦にはまだ免許は要らないようです。
後半は室内での操作実習 離陸や着陸は思いのほか簡単でしたね。

午後は屋外での操作でした、免許は要らないのですが航空局に報告をしないといけないので操縦は先生だけでした。
撮った画像から屋根面積の計算も出来るようです。
欲しいですね屋根の点検を業者に頼まなくても出来そうです、ただ今回の機材は約15万円だそうです。

サムネイル
サムネイル

≫ 続きを読む

建築   2021/07/23  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話