スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 2022年02月

2月22日は猫の日 「さくらねこ」を知っていますか。

こんにちはつよぽんです。
猫ちゃんの話題をネットから。
ニャンニャンニャンのニャンニャンニャン! 2022年2月22日は「2」が六つもそろう特別な「猫の日」
猫の殺処分回避しようとするNPOの話題です。

さくらねこサポーターとは 
どうぶつ基金は『さくらねこTNR』を行うボランティア様へ『無料不妊手術チケット』を発行しています。
チケットは、皆さまからのご寄付で発行することができます。
『さくらねこサポーター』は毎月2,222円から継続的に『さくらねこTNR無料不妊手術』の取り組みを応援いただく仕組みです。

ネットから
04年から全国で野良猫の不妊・去勢手術を進める公益財団法人どうぶつ基金(兵庫県芦屋市)は、この日から1カ月間を「さくらねこ(手術済みの猫)キャンペーン」とし、期間中に累計22万2222匹の手術達成をめざす。
NPOの手で動物病院に次々と宮崎市内の動物病院には17日朝、地元のNPO法人「まち・ねこ環境向上委員会」(旧・宮崎ねこの会)が捕獲した野良猫が続々と集められた。
どうぶつ基金から派遣されたベテラン獣医師の山口武雄さん(74)らが手術台に立ち、麻酔で眠らせた猫を次々に施術する。
オスなら2分、メスなら10分程度。夕刻までかかって77匹の手術を終えた。
猫の繁殖力は強い。野良猫を放置すれば瞬く間に増殖し、保健所で殺処分される場合もある。
どうぶつ基金は、繁殖を抑えるため、捕獲(Trap)し、不妊・去勢手術(Neuter)をし、もとの場所に戻す(Return)「TNR活動」を進めている。
手術をした猫には、片方の耳先にサクラの花びらのような切り込みを入れ、手術をしていない猫との見分けをつける。
宮崎市で「さくらねこ」になった猫たちも手術の翌日、同委員会のメンバーによって、もといた場所に放たれた。
術後は繁殖しなくなるだけでなく、大きな声で鳴くなどの発情行動や猫同士のけんかも減るという。

3月22日はさくらねこの日
基金は、個人・団体からの寄付を原資に、各地のボランティアと連携して活動を続ける。
行政や市民団体に対し、無料の出張手術をしたり協力病院で使える無料の手術チケットを発行したりし、昨年末時点で全国で20万8966匹の手術を終えた。
今年度は「地域集中プロジェクト」として大阪府、福岡県、宮崎県でのTNRに注力。全体で月約6千匹のペースで進んでいるという。
基金は3月22日を「さくらねこの日」としている。同日までのキャンペーン期間中、ウェブサイト(https://www.doubutukikin.or.jp/別ウインドウで開きます)を充実させ、①一般の人にさくらねこのことを知ってもらう
②協働ボランティアを増やし、功績をあげた人に感謝状を出す③基金への寄付者を増やす――などに取り組む。
基金の佐上邦久理事長(62)は「TNRを続けた結果、猫の殺処分数は2006年の23万匹から2万~3万匹にまで減った。
ゼロに向け、ボランティアや行政と協力態勢を強めたい」と話している。

>猫の殺処分が少なくなると良いですね。

≫ 続きを読む

愛犬家住宅   2022/02/21  

「腸内環境の改善」毎日ゴボウ生活で「花粉症は改善するか

こんにちはつよぽんです。
花粉症の季節を迎えますね。
薬ではなく
鼻がムズムズ、目もかゆい……。憂鬱な春の訪れが近づいている。

「昨夏の日照時間の増加で、今年の花粉量は昨年の1.5倍と予測されています。
スギ花粉は2月上旬から本格的に飛散する見通しです」

今や、国民の約4割が悩まされている花粉症。だが、症状が劇的に改善する驚きの裏ワザがあるという。
「毎日、ゴボウを食べることです!」
思わず“本当か!?”と言いたくなる対策法を提唱するのは、東京大学名誉教授で、『東大の微生物博士が教える花粉症は1日で治る!』の著書も持つ小柳津広志氏。
アレルギーの専門家でもある。
「花粉症は、目や鼻に花粉が侵入した際に、免疫細胞が炎症を起こし、かゆみなどの症状が出ます。この炎症を抑えるには、腸内環境の改善、いわゆる“腸内フローラ”を良好な状態に
保つことが最も効果的です」
では、どうすればいいか。
「私が提唱しているのが、腸内の善玉菌の一つ“酪ら く酸さ ん菌”を増やす食生活です。
酪酸菌は、フラクトオリゴ糖をエサに増えます。理論上では、十分なフラクトオリゴ糖を摂取すると、5~6時間後には、腸内の酪酸菌が2倍になります。
大腸で酪酸菌が増えれば、花粉症の症状は、ほぼ抑えることが可能です」(前同)
そのフラクトオリゴ糖を豊富に含むのが、ゴボウというわけだ。
「ゴボウ1本に約10グラム含まれています。“1日1本”を目標にしてください。実際に私の周りの人が実践した際も、1日で花粉症の症状が治ったと報告してくれたことがあります。
もちろん、効果には個人差がありますが、理論上では、毎日30グラム、すなわちゴボウ3本を摂取すれば、確実に症状が抑えられると考えています」(同)
「ゴボウ1本を毎日」は難しい気もするが、オススメの食べ方があるという。

「下処理をしてから電子レンジで温め、サラダなどに添えることです。また、温めたゴボウをミキサーでペースト状にして、“ゴボウ・ジャム”といった形で保存しておきます。
そのまま食べるのも良いですし、バナナや小松菜などと合わせて、スムージーにして飲むのも手軽だと思います。
フラクトオリゴ糖は水溶性。酢ゴボウのように漬ける、煮るといった調理法だと、あまり摂取できないので要注意です」(同)

ゴボウ1本を食べると、おなかが膨れるため、主食を減らして調整するといいそうだ。
「フラクトオリゴ糖はタマネギやニンニクにも含まれているので、“ゴボウ半本と、タマネギ半玉”のような分散摂取も可能。もっと手軽にしたければ、フラクトオリゴ糖のサプリメント
もあります。ただし、甘味料無添加の粉末状のものを選ぶようにしましょう」(同)
これで春も怖くない!?

≫ 続きを読む

粗食   2022/02/11  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話