スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 2019年

そとかべバリアーで外壁が綺麗になりました!

こんにちはつよぽんです。
漆喰の外壁の一つの難点は白いので汚れやカビが目立つことでしょうか。
昨年無添加住宅では外壁の漆喰を綺麗にという方針より出来た「そとかべバリア」を初めて塗布しました。


さいたま市に建つ築13年の無添加住宅です、建てた代理店は現在活動を辞めたため当事務所がメンテナンスを引き受けています。

北側のカビがすごく目立つので以前より相談を受けていました。
塀もカビで汚れていたので試しに塀の裏側に「そとかべバリア」を塗り3ヶ月ほど様子を見ていました。

落ちは今一つでしたが外壁に塗布したいとのことで塗布しました。
結果的には綺麗に成りお客様に喜ばれました。
前後の写真を見てください。

1月19日に試しに塀の裏側に塗る前の状態です。

5月24日に撮った写真です。

落ちは今一つでした。

5月24日

建物の1階の角の状況です。

この建物は軒の出が無く外壁が汚れるのではと思います。

6月3日

2回塗布して足場を外す前に見にきました。

かなり落ちています。

5月24日

北側です、妻側で軒の出が無いので一面カビだらけです。

6月3日

かなり落ちましたね。

疎水性の膜が出来るのでカビが水を吸えなくなり枯れるそうです。

5月24日

黒だけでなく黄色いカビでしょうか?

6月3日

思っていたより綺麗になりホッとしています。

外壁に塗って何日かで綺麗になるとは驚きました。

既存のお宅だったので「そとかべバリア」が予定より多く掛かりましたが綺麗になりました。

今後もどの様になるか見ててみたいです。

≫ 続きを読む

建築   2019/09/18  

無添加ニュースレター9月号

こんにちはつよぽんです。

無添加ニュースレター8月号発行しました。

秋田会長の「間違いだらけの日本の住宅!」をぜひお読みください。

≫ 続きを読む

  2019/09/14  

フラット35、不正・疑い162件 新たに49件把握 機構発表

こんにちはつよぽんです。
また新聞にフラット35の不正が報道されていました。
国の補助金がらみの不正も多いですがこれで書類が大変になりそうというのが感想です。
本当は書類を簡易にしてもし不正をした場合は不動産・建築の許可を取り消すなり重たい罰則をを掛けたほうが良いのではと思います。
いくら書類を揃えても結託して書類を出すと審査機関では見抜けないでしょうから。
新聞の記事より。

長期固定金利の住宅ローン「フラット35」がマンション投資に不正利用された問題で、ローンを提供する住宅金融支援機構は30日、不正が疑われる例が新たに49件判明したと発表した。
すでに不正の疑いがあった113件の融資額が23億円だったこともわかった。
不正があったローンは国の補助で金利が低く抑えられ、不正に使われた補助金は計2100万円に上る。
機構は補助金を国に返し、不正を主導した業者らの責任も追及する方針だ。
フラット35は持ち家取得促進のため、機構が民間金融機関と提携して提供する住宅ローン。


>久喜市のM邸は長期優良住宅の認定申請を取りフラット35のS金利AプランでARUHIで借りました。
ARUHIは実際に受け付けるのは代理店とは知りませんでした。
代理店によっても可否が違ったようですね。

投資目的での利用は契約違反だが、居住用と偽って融資を引き出す不正が横行している。
機構によると、昨秋に疑惑が浮上した113件中105件では、利用者に面談するなどして投資目的や物件価格水増しなどの不正を確認した。
8件は面談できていない。

さらに、別に疑わしい案件が49件浮上し、あわせて調査を続ける。
これらの計162件のほとんどは、フラット35の中でも「優良住宅促進」などの名目で優遇金利が適用されるローンが使われた。
金利の引き下げ分は国が補助し、不正利用(疑いを含む)されたローンへの補助金支出は、7月末時点で計2100万円。
補助金が用途外に使われた形だ。
機構は不正が確認された利用者に借入金の一括返済を求める。
自己破産の手続きを進める利用者も複数いるという。
不正を促した業者には、刑事責任の追及も検討する。

>すでにもぬけの柄なんでしょうね。

養子縁組をして名前を変えてやっている業者もいるそうですね。

不動産業界を監督する国土交通省や東京都などとも情報を共有する。
機構の調査では、不正利用者の8割超が20代~30代前半の若者。
年収300万~400万円台の会社員が過半を占めた。

>大家さんに憧れてちゃんと調べなかったのですか。

約9割はフラット35の融資実行後、他の金融機関のリフォームローンなどで多額を借りていたこともわかった。
機構はフラット35全件を対象に利用実態の確認を継続的に行う。

>悪い業者は徹底して調べて二度と出来ないようにしてほしいです。

 正しくしている業者に加重の書類を要求しないでほしいです。

≫ 続きを読む

建築   2019/09/01  

フラット35、不正拡大 機構調査外30件超判

こんにちはつよぽんです。
昨日よりフラット35の不正が報道されています。
私たちも使っているので興味が有ります。
新聞の記事によると

住宅金融支援機構が提供する長期固定の住宅ローン「フラット35」がマンション投資に不正に使われ、その件数はすでに判明した113件に加え、別に30件超あることが朝日新聞の取材でわかった。
不動産業者が「自己資金なしで投資できる」と勧誘して中古マンションを割高な価格で販売し、多額の融資を引き出していた。

>審査が甘いとゆうより書類に不備が無ければ通すのでしょうね。

■業者がマンション投資話「オイシイ」 住むと偽り多額ローン、途絶えた賃料

朝日新聞は、フラット35をマンション投資に不正に使った複数の業者の顧客名簿や賃貸管理表などを入手。
2014年以降に不正にフラット35で投資された50件超の実態を調べたところ、30件超が機構の調査対象外だった。
機構がすでに把握した113件以外にも不正があったことになる。
埼玉県内でこの春、約1800万円で中古マンションが売り出された。
築20年超で広さ約60平方メートル、駅まで徒歩十数分。
不動産業者が競売で取得した。
3年前、この物件は倍近い約3300万円で取引された。
東海地方の20代の会社員男性がフラット35で借り、投資目的で買った。
フラット35は持ち家購入促進のため、住宅金融支援機構が民間金融機関と提携し提供する。
投資目的なのに居住用と偽って借りる手口は「なんちゃって」とも呼ばれ、融資契約違反だ。
発覚すれば一括返済を迫られる。

>本人は不正であることと、発覚したら一括返済しないとならないことを分かっているののですかね。

男性は不動産業者A社を通じてマンションを買った。
自己資金ゼロの投資で家賃収入も保証されると聞き「オイシイと思った」。
物件は自宅から新幹線などで3時間以上。
融資審査ではA社の担当者が同席し「(男性は)自分で住む」「転勤する」と答え、男性はうなずくだけだった。
男性は埼玉の別の中古マンションも3千万円台で購入。
別の民間銀行の住宅ローンで居住用と偽って借りた。
審査を欺くため、住民票は自宅と埼玉を行ったり来たりさせた。
年収は400万円台だが、別のリフォームローンと合わせ借入額は計7千万円超に達した。

>借入額7千万円と聞いて不安にならないのでしようか?

返済額は月30万円超。それを上回る賃料収入で利益が出るはずだったが、A社からの賃料は1年ほどで払われなくなった。
A社は本来の価値の倍近い価格で男性にマンションを売り、多額のローンを組ませて代金を受け取り、利益を得ていた。
賃貸収入が約束されたはずのマンションは、実際は貸し出されてもいなかった。
男性はローンを払えなくなり、マンションは競売手続きなどが進む。
A社は登記住所にはもう存在しない。

>だまし得にならないように首謀者、実行犯は捕まえてほしいですね。

日本銀行の大規模な金融緩和で住宅ローンは歴史的な低金利だ。
金融機関が低金利をPRして融資するなか、それを逆手に取って不正なマンション投資に手を出すケースが後を絶たない。

>サブリースには問題が有るという事を知らなかったのでしょうか。

≫ 続きを読む

  2019/08/31  

猛暑の中、塩をお取りくださ塩を控えすぎていませんか?してミネラルを補給ください

こんにちはつよぽんです。

昨日は暑かったですね!

このところ涼しくなって来たと思っていたのですが。

私も血圧が高いので塩分を控えるように言われますが違うのですね、という記事です。

 

塩を控えすぎていませんか?~予防医学からみる、減塩の弊害~

高血圧の方は医師より減塩を必ず言われ、テレビをつければ「減塩醤油、出ました!」などのCMを聞かされ、誰しも減塩減塩と言い続けられれば、減塩した方が健康に良いと思い込まされてしまいます。

現在、1日の食塩摂取量は10g以下が目標と言われており、味のしない食事を「美味しくない」と文句を言いながら、もそもそ食べておられることでしょう。

味噌汁を一杯飲んだだけで約1〜2gの食塩摂取となれば、もはや汁物は不可能。漬け物はタクアン1枚でも0.5gですから、ご飯のお供は御法度となり、醤油などの調味料を使えばあっという間に10gは突破します。

定食を外で食べれば、一人前で7〜8gは軽くいきます。 

しかし、減塩について調べてみますと、この10gという数値に科学的な根拠はないのです。

何となく決まったと言っても過言ではありません。

>化学的な知見が無く決められたのでしょうか?

昭和63年にアメリカ・シカゴにあるノースウエスタン医科大学のスタムラー医師が食塩摂取量と血圧の関係について厳密な調査を行った結果、「食塩摂取量と高血圧発症率との関係はないか、あっても弱い」という結論に達したのですが、この結果は表舞台に出てきませんでした。

>この記事が出ると薬品業界がまずいのですかね。

確かに高血圧で減塩すると血圧が下がる人もいるのですが、かなりの少数派です。

逆に、健康に悪いのでは?!

さらに減塩についていろいろと調べた結果、驚くべき事に塩分を控えることは健康とはまったく逆方向であることが解りました。まず、血液中のナトリウムが減ると、腎臓から血圧を上げるホルモンが分泌されるのです。

これは、「標準生理学」(医学書院)という医学生の教科書に書いてありました。

それ以外にも、さまざまな生活習慣病の悪化に結びつくような弊害ばかりがあるのです。

頑張って減塩しても高血圧などの生活習慣病が改善しない方もおられると思いますが、是非とも塩加減を見直すことをお勧めします。

塩を控えすぎると ミネラル不足になる

減塩で問題となるのは、ミネラル不足になるということです。みなさんはミネラルという言葉はご存じでしょうが、具体的には塩の主成分のナトリウム、酸素を運搬する赤血球には鉄、骨や筋肉の収縮にカルシウム、その他にセレン、銅、亜鉛、マグネシウム、クロム、ヨウ素など、あるのかさえ解らないほど微量の元素を指します。


>ミネラルが大事なのですね。


そんなものが無くても良いと思う方もおられますが、「ミネラル不足の中でも、とりわけ亜鉛不足は若い世代での味覚障害の増加と関係している」というのは有名なお話しです。

このミネラル群はさまざまな代謝に深く関わっているのです。

これは「基礎代謝」や「新陳代謝」といった言葉でみなさんにもおなじみの体内の化学反応すべてを指し、すべての反応に対してミネラルはビタミンと力を合わせ「補酵素」というアシスト役として働きます。

ミネラルが不足すれば代謝が滞り、特急列車が各駅停車になるようなものです。

日本の鉄道網すべてがノロノロ運転になった状態を想像してみてください。

大変、非効率的です。この大切なミネラル補給源の一つである塩をやみくもに減らしてはいけないのです。

>昔ながらの塩田で作った塩は良いのですね。

精製塩は、ミネラルバランスが崩れた塩

ただし、ミネラルの補給源としておすすめするのは天然塩に限ります。

食卓塩と呼ばれる精製塩は、「塩化ナトリウム(NaCl)が99%以上」と表示されています。

この高純度の精製物(塩以外も共通)が身体に取り入れられると、万病の元と言われる活性酸素が発生すると言われています。

また、塩化ナトリウムしか無いため、体内でのミネラルバランスが大きく崩れてしまいます(ナトリウムと対をなすカリウムの存在が重要)。

このバランスが崩れれば、体内ではナトリウムを捨てたり、細胞からカリウムを引っ張り出したりと、てんてこ舞いになります。特に、「お値打ち価格」をうたっている外食産業はコスト削減のため、この安い精製塩を使う傾向にあるので注意が必要です。

>化学的に純度を上げたものは身体に良くないのですね。

 白砂糖とかも問題ですね。

ミネラルを補えるのは 体の組成に近い天然塩

それに対し、天然塩は塩化ナトリウムの他、カリウムを含むさまざまなミネラルからできています。

この微量ミネラルがとても重要なのです。天然塩は精製塩と異なり、ミネラルバランスが既に整っているため、身体への負担はほとんどありません。

これでも納得できない方のためにダメ押しをしますが、我々医師が日常的に使うリンゲル液という点滴。

これは血液の成分に合わせて作られています。この点滴を見る機会があれば、ぜひご覧ください。「塩化ナトリウム」という表示を見つけるのは容易なはずです。

ちなみに、当医院の某点滴500㎖には、塩化ナトリウムが3g入っています。入院すれば2〜4本、すなわち6〜12gの塩化ナトリウムが血液に直接入るのです。

>点滴に塩分がそんなに入っているとは知りませんでした。

点滴の注意書きには、高血圧の「こ」の字も記載されておりません。医療現場ではなぜ、食事の塩を減らしているのに、点滴で塩を入れるのでしょうか?

 なぜ何ともないかは、点滴のミネラルバランスが整っているからなのです。

海水、羊水、血液、点滴(リンゲル液)の組成は極めて似ているのです。そして、体内ではミネラルバランスを調節する優れた機能を持っています(心不全と腎不全を除く)。

結論としましては、「日常の食卓では天然塩をおいしく取り入れた方が健康的」だということです。

>化学塩をやめて天然塩で塩分を取りましょう。

≫ 続きを読む

粗食   2019/08/30  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話