スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 電磁波過敏症

精子減る? 女児の出産率が高まる? 本当はヤバイ電磁波の影響

こんにちはつよぽんです
電磁波の話題です


ネットより
精子の減少の理由は環境ホルモン(人工物質)の影響が過半であることは疑いようもないが、さらに電磁波の影響も人体、ひいては生物の存続に関わる重要な危険性があることを捉えなければならない。
※精子減少の理由も、今や検索するとタバコ説だったり、ブリーフ、飲酒、長風呂、自転車バイク、膝上でのPCなど、確かにその理由もあるが、目先的な分かりやすいものを隠れ蓑にしている。
※デンマークの小児内分泌学の権威スカケベックは、決定的な原因として「産業革命に始まり、20世紀における石油化学産業の勃興がもたらしたもの」と明確に指摘している。
石油化学産業がプラスチックの微粒子をまき散らし、それを体内に取り込んだ私たちのホルモン(とりわけ女性ホルモンと男性ホルモン)のバランスに深刻な影響を与えてるということだ。
ここを直視しプラスチックストロー廃止程度の課題にすることなく、石油産業からの脱却、電磁波からの脱却をはかる必要がある。

>石油化学産業が元凶なのですね。

 

■精子減る? 女児の出産率が高まる? 本当はヤバイ電磁波の影響を探る
(ダ・ヴィンチニュースリンクより引用)

いまや日本は、いたるところで電波天国である。
街中でスマホやPCを開けば、たちまち無数の無線LAN回線を拾える時代だ。
ただ一方で、電磁波の人体への影響もかねてより騒がれてきた。
一部のウワサでは、テレビに囲まれた映像制作スタッフの精子が減っているとか、電波塔近くの家庭では女の子しか生まれないとか、あながち無視できそうにないエピソードもちらほら耳にする。
おそらく歴史上、ここまで電磁波に囲まれた時代もないと思うが、そんな現代へ警鐘を鳴らすのが『ショック!! やっぱりあぶない電磁波―スマホにイヤホンを』(船瀬俊介/花伝社)である。

>この本は私も読みました。


スマホや家電、ひいては東京タワーやスカイツリーなどから発せられる電磁波の影響をまとめた1冊だが、過去の研究データから導かれた人体への影響をたどっていくと、今、私たちの置かれる身の回りの環境がいかに“ヤバイ”かが分かってくる。

■スマホをポケットに入れておくと精子が30%減る!
1983年、アメリカでマイクロ波の照射実験が行われた。
1日ごとに30分間、2週間にわたりマイクロ波を浴び続けたオスのマウスは、精子の減少や染色体異常がみられたほか、生まれてくる子どもの数も激減したという。

>今までの携帯でこの影響です、5Gになったらもっと影響が出るのでは。

過去ブログ 5G電波を浴びた人々が「不眠症、鼻血、流産、小鳥も昆虫も死去」など異変を訴える!


また、マイクロ波を浴びたオスと正常なメスで交尾させたところ、かなりの確率で死産したという結果も報告されている。
 女性だけではなく、男性の不妊治療への対策も広まっており、専門の病院や助成金を設ける自治体も増加している。
ただ、身体的な治療も去ることながら、スマホのスピーカーホンやBluetoothヘッドセットを使ってみるなど、できる限りスマホを身体から“遠ざける”ために工夫するのも必要かもしれない。

>私はBluetoothヘッドセットを使っていますがBluetoothは大丈夫なのでしょうか?

■人類の危機回避!? 電磁波の影響で女児出産が6.8倍に!
電力施設勤務の家庭では、女児の割合が多いようだ。
1996年に中東のイエメンで発表された論文では、電力施設に務める男親の家庭で男児8人に対して、女児出産が54人とじつに“6.8倍”にもなったという結果が出た。
またラトビアでも、ラジオ送信用電波塔付近の家庭で男児254人に対して、女児が355人も生まれたという報告もある。 
本書によれば、原因は“電磁波被ばく”による性染色体の異常だとされている。
また、女児が増えたのは“種の保存”を目的とした人類の危機回避であり、生命力がより強い女性を少しでも多く残そうという本能が働いているからだと指摘している。

>多くの研究で女児の割合が増えているようです。

大気汚染物質や環境ホルモンの影響など、時代の進化とともに私たちはさまざまな環境問題と向き合い続けてきた。
そして今、いたるところで飛び交う電磁波も、新たな環境問題として取り上げるべきなのかもしれない。
自殺や不眠にも繋がりかねないと指摘される電磁波だが、社会や経済が発展するにつれて、失うものがあったのは公害訴訟の歴史などを振り返っても明らかである。
近い将来、電磁波によりいかなる影響が生まれてくるのか、すべてはまだ明らかになっていない。

>現代は今までにない汚染が単独でなく複合して襲ってきています。

 分からない事が多いので不安ですね。

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2019/10/04  

5Gアンテナ周囲でミツバチが大量死

こんにちはつよぽんです
5Gは我々の体に影響は無いのでしょうか?

市場拡大を優先し、自然破壊を捨象する典型
英紙「Daily Star」(8月2日付)によると、5Gのポールアンテナの近くで、ハチが大量死している様子がアメリカで撮影され、米国民に衝撃が走っているという。

同動画は先月15日にYouTube上にアップロードされ、5Gの危険性が再認識される形となった。
撮影場所はカリフォルニア州ロザンゼルス郡シエラ・マドレ。
撮影者のフィリップ・サイトさんによると、40フィートほど離れた2本のポールの間でハチが何十匹も路上で息絶えていたという。

>ハチが少なくなったのは農薬だけの影響ではないのですね。


「5Gが人体に危険かどうかは分かっていませんが、これだけのハチを殺しているのですから、環境に悪影響があることは明らかです」
(フィリップさん)
フィリップさんによると、5Gのポールから離れたところではハチの死体は見当たらなかったというから、状況証拠からこのポールがハチを殺した可能性はあるだろう。
「映像を撮る前は、2つの5Gポールの間でハチが死んでいるとは思い至りませんでした。
この場所には毎週行くのですが、その度に死んだハチが大量に地面に落ちていたのです。
ただ、世界で多くの科学者や医者が5Gの危険性を訴えていること、人体や環境への影響が未知であることを知り、ハチが2つの5Gポールの間で死んでいることに気が付いたのです」

>YouTubeで見てみたいです。

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2019/08/26  

5G電波を浴びた人々が「不眠症、鼻血、流産、小鳥も昆虫も死去」など異変を訴える!

こんにちはつよぽんです。

5G電磁波の危険性~私たち人間の目と汗管が、5Gのより高い周波数を吸収~

という記事を見つけました、携帯のスピードが速く便利になるのはよいですが
自然界にない電磁波を利用するので我々に影響が出ないか検証を十分にしてから導入してほしいですね。

第5世代移動通信システムウィキペディア

東京オリンピック開催に合わせて日本でも本格的な商用展開が予定されている第五世代移動通信システム(5G)。
超高速で低遅延、大容量という、より使い勝手の良いネットワーク環境を実現する次世代の通信インフラの要であるが、一方では健康への影響が懸念されている。


つい最近もイギリスの町で健康被害を訴える人々が続出し、議会がコメントを出すまでの事態になった。
英「BBC」もこのニュースを報じており、大きな話題になっている。
今月10日付の「Daily Mail」の記事によれば、5Gによる健康被害を訴えているのはイギリス北部の街ゲーツヘッドの住人たちだ。
地元の科学者マーク・スティールさんによると、2016年9月に5Gの基地局でもあるLED街灯が導入されて以来、地域住民の一部に不眠症や鼻血といった症状が現れ始め、さらには流産や死産も立て続けに発生しているという。
「ベッドルームの窓の外に装置が設置されてからというもの、赤ちゃんたちが子宮内で死ぬのを見てきました。これは人道的な危機です」(スティールさん)
スティールさんによれば、少なくとも3人の女性が赤ちゃんを失ったという。
赤ちゃんは正常に発育せずに子宮内で死んでしまうか、生まれても3時間しか生きられなかったそうだ。
影響を受けるのはもちろん人間だけではない。

>影響を受けるのは人間だけではない、これは問題ですね

 

5Gの電波が野生動物や昆虫をも死に追いやっているとスティールさんは訴えている。
ゲーツヘッドには37,000台以上の街灯が設置されているが、スティールさんたちの調査の結果、スズメなどの小鳥はおろか昆虫まで姿を消していたのだという。


5Gでは6GHz以上という高周波数帯を通信に利用するが、その電磁波の特性もあり、既存の基地局だけでは広い地域をカバーできない。
そのため、スモールセルと呼ばれる小型の基地局をあちこちに設置する必要があり、

ゲーツヘッドでは多数の5G対応LED電灯が設置された。
ゲーツヘッドの街では、イギリス全土への5G展開に先駆けた秘密の人体実験なのではないかという噂までささやかれている。
この事態を受けて、ゲーツヘッドの議会は公式Facebookに5Gの電波による健康被害を否定するコメントを発表した。
不眠症、鼻血、流産、さらにはガンのリスクも上昇しないし、秘密の実験など行われていないと、スティールさんたちの主張を一蹴する内容である。
5Gによる健康被害の懸念については以前トカナでも報じているが、実際のところ、その影響は未知数だ。
つい最近もソフトバンクが渋谷での実証実験を行うと発表し、日本でも導入に向けた動きが加速している5Gだが、利便性だけでなく安全性にもしっかりと配慮してほしいものだ。


>携帯を掛けるときはイヤホンをしていますか?
私はBLUETOOTH(本当は電波を出しているのですが良くないのですが)で繋いだイヤホンを使っています。
何度も携帯を掛けて警察に捕まった反省からイヤホンにしています。

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2019/07/22  

スマホなどの電磁波が人体に及ぼしうる悪影響とその対策

スマホなどの電磁波がヒトの健康に及ぼす生物学的な影響について、新しい研究成果を踏まえながら世界的に議論が行われています。
例えば学術雑誌「Environmental Pollution」に2018年7月に発表されたBelpomme氏らの論文では、電磁波が人体に及ぼす健康上の悪
影響についての警告が発せられています。

電磁波の種類

電磁波とは、電磁場の振動が真空中または物質中を伝播する現象です。周波数または波長によって様々な種類に分類されています。
上図では波長の短い方から、ガンマ線・エックス線・紫外線・可視光線・赤外線・電波としています。一般に波長が短いほど光子の
エネルギーは強くなります。

こんにちはつよぽんです

スマホの電磁波の人えの影響と対策の話です。

るいネットよりの転載です。

電磁波の人体への影響

エネルギーの強いガンマ線・エックス線・紫外線の一部は電離作用を持っており電離放射線に分類され、DNAの損傷や、がんなどを引
き起こすことが知られています。
一方、電離作用を持つほど強くはない電磁波は非電離放射線と呼ばれています。
そのうち周波数が3T(テラ)Hz以下の電磁波は「電波」と呼ばれ、無線通信など様々な用途で利用されています。

十分な強度を持つ電波が人体に当たると、その一部が吸収されて組織が加熱され体温が上昇します。

>携帯をそのまま使うと頭の中心が加熱されるようです。


これが電磁波の熱作用です。電子レンジが物を温めるのと基本的には同じ原理です。
熱作用が人体に悪影響を及ぼしうることについてはすでに科学的なコンセンサスが得られています。
そのためWHO(世界保健機関)や各国政府は熱作用の悪影響ができるだけ人体に及ばないような強度に電磁波を規制するガイドライン
を設定しています。

一方、コンセンサスが得られておらず近年議論が沸騰しているように見えるのは、電磁波の非熱作用です。
電磁波の非熱作用とは、熱作用を持つほど強くはない強度の電磁波が人体に及ぼす作用のことです。
以下で示すように、熱作用を持たない弱い電磁波が人体に悪影響をもたらすことを示す論文・データも少なくありません。

>何といっても携帯の電磁波はごく最近のことなので分からい方が多いですね。

人々が電磁波にさらされる機会は劇的に増加しつつある

かつては一般人がさらされるのはテレビやラジオの電波だけでした。
しかし今では、携帯電話の数は世界の人口と同じくらいになっており、世界中の人が高周波電磁波にさらされています。
いたるところに携帯基地局が存在しています。


先進国では、より高い周波数を用いる5G(第5世代移動通信システム)運用のために狭い間隔に多数の小型基地局を設置しようとする
動きが加速しています。

>5Gは安全なのでしょうか。


また、WiFiやスマートメーター、自動運転車なども電磁波の発信源です。

WHOの一機関であるIARC(国際がん研究機関)は、2011年に無線周波電磁界(周波数:30KHz~300GHz)を発がん性評価で2B “発がん
性があるかもしれない” に分類しました。
より根拠の強い2Aや1に分類されなかった主な理由の一つは、電磁波ばく露によってがんが生じるという明白な動物実験のデータが不足していたことでした。
しかし次に示すように、権威ある研究機関により近年行われた大規模な動物実験では、電磁波ばく露と発がんの間に明白な関係が認められています。

・アメリカのNPT(国家毒性プログラム、米国保健福祉省を中心として発がん性評価などを行うプログラム)の実験(ファクトシートはこちら)

⇒携帯電話からの電磁波に過度にさらされることは、オスのラットにおいて心臓の腫瘍と明白に関連していることが示される

⇒オスのラットにおいて脳の腫瘍との関連も示される

※本実験では動物への電磁波の曝露レベルは強く、また曝露期間は長く、全身が曝されるなど、人間がスマートフォンの使用で電磁波
に曝される環境とは違う点もあります。

・イタリアのラマツィーニ研究所による実験(Falcioni et al., 2018**)

⇒上記NTPの実験と同様、携帯電話基地局から発せられる電磁波により、オスのラットで脳や心臓の腫瘍が増加することが示される

今すぐ簡単にできる、スマホからの電磁波ばく露を減らす方法(対策)

以下は、米国カリフォルニア州公衆衛生局が2017年12月に公表した電磁波対策の概要を大まかに翻訳したものです。

・携帯電話(スマホなど)をできるだけ身体から離しておく。(少し距離を離すだけで、電磁波ばく露量は大きく減らせる)

・通話時に電話を頭部近くで保持しないようにする。通話時にはスピーカーまたはヘッドセットを使うようにする。(有線/無線のヘッドセットが発する電磁波は携帯電話と比べてずっと少ない)

・通話の代わりにできるだけメッセージ送信機能を使う。

・音楽や動画のストリーミング中や大きなファイルのダウンロード・送信中には携帯電話を身体や頭から遠ざけておく。

・スマホはカバンやハンドバッグなどに入れて携帯する。ベルト、ブラジャーやポケットなどに入れて持ち運ばないようにする。
(携帯電話は使用していない時でも電磁波を発している。電源を切るか機内モードにすれば電磁波は出ない。)

・携帯電話が強い電磁波を出しているときにはできるだけ使わないようにする。

例1:アンテナが1,2本しか表示されていない時(シグナルが弱いときは携帯基地局に接続しようとして強い電波を発する)

例2:高速で移動している車・バス・電車などの中にいる時(次々に切り替わる基地局との接続を維持しようとして強い電波を発す
る)

例3:音楽や動画のストリーミング中や大きなファイルのダウンロード・送信時(動画や音楽については、先にダウンロードを済ま
せた後で機内モードに切り替えてから視聴するようにする)

>出来る処から対策をしましょう。

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2019/07/10  

電磁波を「浴びた植物」と「浴びてない植物」の比較画像

こんにちはつよぽんです

電磁波の影響を女子中学生が行った実験で明らかになりました。

ネット以外では出ない情報ですね。

 

携帯やパソコンをはじめとする電化製品から発せられる電磁波が健康に影響を及ぼす可能性について、一度は耳にしたことがあろう。

しかし現状、(特にここ日本においては)それはあくまで“陰謀論”や“都市伝説”の範疇を超えない与太話のように見なされている。

そのため、日常生活において上着のポケットに携帯を入れたり、寝る時に携帯を枕の隣に置くなど、まったく電磁波など気にすることなく生きている読者もいるのではないだろうか?

しかし、そのような考えはそろそろ改めるべきかもしれない。

2013年、「The Daily Dot」をはじめとする複数の海外メディアは、デンマークのとある学校に通う9年生(日本における中学3年生)の女子生徒5人が、Wi-Fiの電磁波が生物に与える悪影響について驚くべき実験結果を導き出したと報じている。

女子生徒の1人であるリア・ニールセンさんは、就寝中に携帯をベッドの近くに置いていると、実感として不眠症になりやすくなることに気づいた。

そこで、「原因はWi-Fiの電磁波ではないか?」と疑い、クレス(アブラナ科の野菜)の種子を用いる以下のような実験を思いついたという。

・ 400粒のクレスの種子を、12のトレイに分けて蒔く。
・ Wi-Fiルーターがある部屋と無い部屋に、それぞれトレイを6つずつ設置。
・ 2つの部屋はWi-Fiルーターの有無以外は、水・日光・室温も同じに保つ。

そして12日後、2つの部屋に置かれたクレスの種子の成長過程に大きな違いが現れたのである。ルーターのない部屋に置かれたクレスの種子は、緑豊かで健康的に成長していた。
しかし、ルーターのある部屋に置かれたクレスの種子は干からびて、ほぼ成長していなかったばかりか、一部の種子には変異が見られたのである!

他の条件が完全に同じであれば、クレスの種子にWi-Fiの電磁波が悪影響を与えていることになる。

それが真実ならば、我々人間にも悪影響が及ぶのか?

リア・ニールセンさんは、この実験結果を受けて「もう寝ている時に携帯をベッドの側に置きません」と決心したそうだ。

この話の特筆すべき点は、女子生徒たちの研究が学内のみならず、専門家たちの関心まで引き寄せた点にある。

スウェーデンのストックホルムにあるカロリンスカ研究所の神経科学者は、ベルギーのブリュッセル自由大学の研究者らと共に、追加実験の予定を立てた。

さらに、英国の著名な生物学者アンディー・ゴールズワージー氏も注目しているという

■電磁波の危険性を訴える研究結果は他にも!

なんとも不気味な話であるが、Wi-Fiの電磁波が不眠症のみならず精神の不安定やめまい、吐き気、さらに不妊症をも引き起こす可能性があることは以前から指摘されてきた。

英・エクセター大学の研究によると、携帯電話の電磁波が男性の精子に悪影響を与えることが判明した。精子が電磁波に晒されることで運動性能が平均8%低下、さらに生存能力も劣化するという。

同様の事象はイタリアのカターニア大学でも報告されている。

また、電磁波は女性の甲状腺ホルモンに影響し、更年期を早めるとともに卵巣にダメージを与えることが指摘されている。2011年、カロリンスカ研究所は、Wi-Fi使用について以下のような警告を発している。

・ 妊娠中の女性はWi-Fiの使用を控えるとともに、他人が使っている場合でも近づかない方が良い。
・ 技術革新が進んでいるWi-Fiの電磁波について、米国の基準は極めて不適当である。
・ 胎児の発達に与える影響についての安全基準も十分考慮されているとはいえない。

 

また、2017年には米・カリフォルニア州公衆衛生局が「携帯電話が人体に及ぼす影響を考慮して、可能な限り使用を控えること」を提言。

電磁波と脳腫瘍、不妊、頭痛、学習障害、自律神経の不調などとの関連も指摘された。

携帯電話は、周波数800~2,200MHz(メガヘルツ)の「非電離放射線」という放射線も発している。

周波数が3000兆Hzを超えるエックス線やガンマ線とは異なる性質のものだが、単にDNAなどの生体高分子の電離を引き起こさないというだけの話で、人体への安全が保障されているわけではないという指摘もある。

最近、体調が優れなかったり、不眠症やイライラしやすくなったと感じている読者は、もしかすると電磁波に晒されすぎていることに原因があるのかもしれない。

>世界的には「電磁波過敏症」が認められているのに日本ではまだまだですね。

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2019/01/03  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話