スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 電磁波過敏症

携帯の電磁波、基準強化へ スマホ考慮、全身への影響検査

携帯電話から出ている電磁波について、人体への影響を考えて検査の基準を厳しくする。
こんにちはつよぽんです
週末は大沢のお祭りでした。

携帯の電磁波、基準強化へ スマホ考慮、全身への影響検査  その1

二丁目の御神輿です。

携帯の電磁波、基準強化へ スマホ考慮、全身への影響検査  その2

家族と夜店に出かけました、年々店の数が少なくなって寂しいですね。

携帯電話の電磁波の話が記事に出ていました。

総務省は、携帯電話から出ている電磁波について、人体への影響を考えて検査の基準を厳しくする。

>遅いですね

パソコンやタブレット端末をスマートフォン経由でインターネットにつなぐ「テザリング機能」が広がり、携帯電話から出る電磁波の量が増えたためだ。

テザリングとは、スマートフォンなどを外部モデムとして利用して、PCなどをインターネット接続させる機能のこと。
テザリング機能のあるスマートフォンがあれば、例えばWiFiルータを持ってなくても、そのスマートフォンを利用し屋内、屋外に関係なく、パソコンやゲーム機でインターネット通信ができます。

>私もスマホでテザリングを利用しています。

携帯電話の比吸収率(SAR)についてドコモのホームページに有りました。
http://www.nttdocomo.co.jp/product/sar/

7月にも規則を改正し、来年4月に新しい基準を適用する予定。
市場に出回っているスマホのほとんどは、新しい検査でも基準を超えない見通しだ。

携帯電話は、通話中やデータ通信時に電磁波を出しており、人体にあたると体温がわずかに上がるなどの影響がある。
体温が上がり過ぎると気分が悪くなるなど健康に影響するため、許容量は「体温を1度上昇させるエネルギー量の50分の1程度」と定める。
携帯電話メーカーは、この基準に沿って検査をしている。

新たな検査は、テザリングのため、携帯電話回線を使ったデータ通信と、他の機器との間の無線LAN通信を同時に行うスマホを対象にする。
データ通信時に出る電磁波の量は通話時と同じ程度で、無線LANはそれよりかなり少ないとされるが、二つの電磁波が同時に出ても許容量を超えないようメーカーに求める。
現在は通話の時に出る電磁波だけを計測している。

>データー通信の電磁波は測っていないのですね

また、胸や腰まわりのポケットなどにスマホを入れたまま使うケースも増えたため、いまの基準で求めている頭部への影響だけでなく、全身への影響も検査する。
米国は、日本より厳しい電磁波の検査基準を課しているという。

>つい胸ポケットに入れていますね
皆さんは如何ですか?
携帯電話の基地局からの電磁波も大いに問題が有りますね。

 

 

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2013/07/15  

日本の地熱発電のポテンシャルは原発119基分に相当する?

福島第一原発の事故以降、にわかに脚光を浴びる再生可能エネルギー(再エネ)。
こんにちはつよぽんです

日本では8月15日を終戦記念日と言って居る。
終戦では、戦争に勝ったのか負けたのかは分らない。
敗戦を終戦と言い換えて、日本人は敗戦(降伏)の現実から目を逸らしていると孫崎亨著「戦後史の正体」では言っています。
つい読み切ってしまいました。
近代史は高校の授業の中でもほとんど授業が無かった気がしますので。

この本を読むと過去の政治家のことも分かりますよ、歴史は統治する人(米国)の都合がよいように歪曲されるのですね。

地熱発電に関する記事から
WOWOWのドラマ「マグマ」高温岩体発電
http://www.wowow.co.jp/dramaw/magma/energy/index.html

福島第一原発の事故以降、にわかに脚光を浴びる再生可能エネルギー(再エネ)。
連日のようにメガソーラーや風力発電など再エネを利用した発電計画が報じられ、7月1日にスタートした固定価格買取制度も、普及への弾みをつけるものとして期待されている。

再エネにはさまざまなものがあるが、弘前大学・北日本新エネルギー研究所の村岡洋文教授は、こう断言する。

「太陽光、風力、バイオマス……再生可能エネルギーの中で、いま日本が最も開発を急ぐべきなのは、間違いなく地熱発電です」

しかし、地熱発電という言葉自体、国民にはなじみが薄い代物。そもそもどのような仕組みで発電するものか、村岡教授に解説してもらう。

「地熱発電にもいくつか方式がありますが、一般的なのは、地下2~3kmにある熱水たまりに向けて地上から井戸を通し、その井戸から出てくる蒸気の力でタービンを回し発電するものです。火力発電は石油や石炭を燃やして蒸気を起こしますが、その代わりに天然の蒸気を使うと考えればわかりやすい」

>地熱発電の高温岩体発電と違うのは水を注入して、暖めその熱を利用するので効率が良くて資源の枯渇がないということでしょうか。

初めて営業を開始した岩手県の松川地熱発電所(1966年~)をはじめ、日本では現在、13ヵ所の事業用地熱発電所が稼働中だ。

固定価格買取制度で1kWh当たり27.3~42円(1kWh当たり42円の太陽光とほぼ同額)で電力会社が買い取ることが定められたのを受け、新規事業も立ち上がっている。出光興産など9社は、2020年代初めの開業を目指し福島県の磐梯朝日国立公園内に国内最大の地熱発電所を建設すると発表した。福島県の土湯温泉では、地元住民主導の地熱発電が早ければ来年秋に稼働予定だ。

順調に普及に向けて動き出したかに見える地熱発電だが、村岡教授によると、「現在の地熱発電の総量は54万kW。
これは日本の地熱エネルギーのポテンシャルからすれば、約1%しか生かせていない」という。

「実は日本は、アメリカ、インドネシアに次ぐ世界第3位の地熱大国なんです。地熱資源は国によって大きな違いがありますが、100を超える活火山を抱える日本は、発電に利用する蒸気のもととなる熱水が地下に多く存在する。
そのポテンシャルを電力に換算すると4240万kW。

これは原発42基分に相当するんです」(村岡教授)

>早く有効利用して原発を止めたいですね。
中の動画を見ると地熱発電が良く分かります。
http://geothermal.jp/power/modules/pico/index.php?content_id=5

さらに、この発電量は飛躍的に伸びる可能性があるという。

「現在、再生可能エネルギーとしての地熱の可能性に気づいた世界各国はEGSという新技術の開発にしのぎを削っているのですが、この技術が実用化されれば、日本の地熱発電ポテンシャルは1億1940万kW。これは原発119基分にも上るのです」

それが本当なら、現在、日本にある原発54基の2倍以上の発電量が、この地熱発電で稼げるわけだ。

「EGSというのは、従来の地熱開発より深い地下5kmくらいまで掘り進み、岩盤の間に隙間を空けて水を注入する。そして人工的に熱水たまりを作り、そこから立ち上る蒸気で発電しようというものです。
深く掘れば掘るほど地中の温度は上昇する。この方法なら、日本ほど地下に豊富な熱水がない国でも地熱発電が可能になります。この技術は今後5~10年で実用化されるとみられています」(村岡教授)

EGSが実用化されれば、ポスト原発を担う再エネを模索する日本において、地熱発電の存在感はますます高まるに違いない。

>動画を見ると地中の中の事なのでなかなか難しそうですが早く実用化して欲しいです。

 

 

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2012/08/17  

S邸オールアース完了検査

先日S邸の基準法の完了検査、オールアース住宅の完了検査、そしてS様の施主検査と引き渡しに伴う諸手続きが行われました。
こんにちはつよぽんです

先日S邸の基準法の完了検査、オールアース住宅の完了検査、そしてS様の施主検査と引き渡しに伴う諸手続きが行われました。

S邸オールアース完了検査 その1

台所はコンセントも多いのでスパンボンドシートが入っています。
電子レンジを置く予定のカウンターです。

S邸オールアース完了検査 その2

2階床は寝室・個室の床、壁はH=1800までシートが入っています。

S邸オールアース完了検査 その3

ここは廊下なのでシートが入っていないので少し高めです。

S邸オールアース完了検査 その4

ロフトに上がると近くに電線が見えたのでガウスメーターで測ってみましたが、問題が有りませんでした。

来年早々に足立でオールアースを施工した現場の中間検査をする予定です。

 

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2011/12/27  

直流と交流(6)

昨日は吉川で設計した建物の上棟でした。
こんにちはつよぽんです

昨日は吉川で設計した建物の上棟でした。

直流と交流(6) その1

今回は手刻みでした、梁は杉材です。

直流と交流(6) その2

真っ暗になりましたが、お施主様のご厚意で上棟式の後現場で歓談しました。

テスラ2です
以前世間を騒がせた「白装束集団」のパナウェーブ研究所、その異様な姿をニュースでご覧になったと思います。 彼らが攻撃を受けていると主張する「スカラー波」は、テスラが主張した「スカラー電磁波重力理論」の概念だそうです。

日本ではテスラの名前を知る人はあまりいませんが、カルト宗教などのオカルト信者には熱狂的に支持されているそうです。
現代の科学水準をはるかに上回るテスラの発明品の設計図は、現在FBIに押収され極秘に研究されているのだそうです

>『Xファイル』ですね

テスラは徐々に狂気に取り憑かれていきました。彼はESP(超感覚知覚。いわゆるテレパシーなどの超能力)を信じ、脳を刺 激するために有害なX線を頭に照射するなどの奇行に及びました。

>オウム真理教でかぶっていた電線の付いたヘッドギアと同じかと思ったら全く違うようです。
オウムのヘッドギアは村井秀夫の発明品で麻原彰晃の脳波を再現した数ボルトの電流を流すことで、麻 原の脳波と自分の脳波を同調させるも らしいです、実際は全く効能は無かったようです。

そしてテスラは、小型の発振機によって建物を破壊する実験を繰り返しました。彼は新聞記者や友人に、「私はエンパイア・ステートビル を数分でがれきの山に変えられる。この地球だって数ヶ月から1,2年かければまっぷたつに割ることができる」と語りました。
彼はラジオ受信機を使って火星からのメッセージを受信したと発表し、アインシュタインの一般相対性理論は間違いだと主張し、惑星間通信を計画し、思考をイメージ化する装置を研究しました。

1930年ごろには電波スカラー兵器や超音波銃の発明に熱中するようになりました。

そしてテスラは大衆から、頭のおかしい奇人・マッドサイエンティストと噂されるようになったのです。

直流と交流(6) その3

現在、トンデモ科学者として知られるニコラ・テスラは、間違いなく天才であったといわれています。

<神経質そうな顔をしているような気がします。

 

 

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2011/11/30  

直流と交流(5)

今日から越谷総合体育館で「こしがや産業フェスタ」が始まります。
こんにちはつよぽんです
日が暮れるのがどんどん早くなりましたね、5時すぎると暗いですね。

今日から越谷総合体育館で「こしがや産業フェスタ」が始まります。
ぜひ当事務所のブースにも足をお運びください。

テスラ(2)


直流と交流(5)その1

エジソンは、自分の作った電灯のための会社「エジソン電灯会社」で直流方式を採用し、全米に直流送電網を張り巡らせる計画を 立てました。
一方テスラは、エジソンに並ぶ発明家であるジョージ・ウェスティングハウスと手を結び、交流送電を使う電力事業を開始したそうです。 エ

ジソンはテスラとウェスティングハウスを潰す為に様々なネガティブキャンペーンを展開したそうです。
しかし、エジソンが「交流電流は健康を害する」という論陣を張れば、テスラは常に交流電流を放電している部屋で読書をして見 せるパフォーマンスを公開するといった具合にエジソン側に不利な形で論破されていったのです。
とどめはナイアガラの滝の発電所が交流を採用したからのようです。

エジソンは完全無欠な実験科学者だったが数学者ではなかった。
交流送電は、テスラが持っていたような相当高度な数学的物理学に対する適応力なしでは理解し開発することができない技術だったようです。

>この実験で死刑の電気椅子ができたとは皮肉ですね その後、テスラは送電線を用いない送電システム「世界システム」や、地球を真っ二つにすることが可能な装置や地震発生装置な どを考ていたようですね。

>このあたりからトンデモ科学者と言われだしたのですね。

テスラは自分を正当に評価しなかったことを恨んで、これらの発明を考案したわけではなく、科学の発展のために、尽くせる 限りの力を尽くしたようです。

またエジソンの名言「天才は1%のひらめきと99%の努力」を皮肉って、「天才とは、99%の努力を無にする、1%のひらめきのことであ る」(「天才とは、1%の直観と99%の徒労である」とも訳せる)と述べたといわれてます。

晩年のテスラは、ホテル住まいで孤独に過ごしましそうで、唯一の友人はハトだったそうです。
生涯結婚もせず、公園でたくさんのハトたちに覆われて餌をまくのが楽しみだったようです。
彼はひっそりと86歳でこの世を去りました。

彼は偉大な科学者・発明家でしたが、不遇の天才でもあったようですね

>そのテスラの研究内容は次回に

 

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2011/11/26  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話