スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 建築

木材とウイルスが触れるとウイルスは不活性化(感染力のあるウイルスが減少する)する

こんにちはつよぽんです!

なかなか更新が進みませんでしたが頑張って情報の更新をしたいと思います。
木材が我々の生活に良い影響を与えているという情報です。
漆喰がインフルエンザウイルスを不活性するのは知られていますが木材も同じような効果があるそうです。


木材とウイルスの関係の研究は多くはありませんが、木材とウイルスが触れることがウイルスの不活性化(感染力のあるウイルス数が減る)に有効であ
ることを示す研究がありましたので、紹介します。
※新型コロナウイルス対象ではありません.


(以下引用)
平成28年度「奈良の木で健康になる」実証事業(奈良県農林部奈良の木ブランド課)

試験結果.4 ウイルスの不活化
【緒言】
日本では少子高齢化が進み、子供の健やかな成長と、高齢者の健康寿命の延伸が今まで以上に求められています。
木材は健康に良いと言われますが、実証データは充分とは言えず、奈良県産材を用いた試験結果も見当たりません。
そこで、奈良県農林部奈良の木ブランド課では、平成28年度に「奈良の木で健康になる」実証事業を実施し、奈良県産スギ材とヒノキ材が疾病予防に
つながる性質を有するかどうかを検証しました。

 

【実験方法】
(1)材料
奈良県吉野郡川上村の人工林で生育した約100年生と約70年生のスギとヒノキを使用しました。
いずれも2016年に伐採されたもので、長さ3mの丸太のうち末の1.5m分を厚み20mmの板に製材し天然乾燥させました。
試験には心材部分を使用しました。参考とするために、天然乾燥させた他県産のスギ材およびヒノキ材も使用しました。

(2)試験
ISO 18184(繊維製品の抗ウイルス性試験)を参考に実施しました。
すなわち、スギ材およびヒノキ材の木粉(1mmメッシュパス)0.4gをバイアル瓶に入れ、インフルエンザウイルスA型(H3N2)液0.2mlを接種し、25℃で2時間接触させました。
SCDLP培地20mlを加え、木粉からウイルスを洗い出し、洗い出した液のウイルス感染価(感染力のあるウイルスの量)をプラーク法により測定しました。
繰り返し数は3としました。比較のために、鉄粉またはポリプロピレン粉に接触させた場合および材料無添加の場合も試験をしました。
なお、本試験は、奈良県外の専門試験機関に依頼して実施しました。

 

【結果および考察】
図に示すように、奈良県産のスギ材やヒノキ材に接触すると、感染力のあるインフルエンザウイルスの数が減少することが明らかになりました。
抗ウイルス活性値数値が高いほど、インフルエンザウイルスの不活化に効果があることを示します。
不活化とは、感染力のあるウイルスの数を減らすことです。
4.3および4.4はこの試験方法でもっとも高い値です。

「インフルエンザウイルスの感染を抑制する力」
奈良ヒノキ= 他県ヒノキ=奈良70年生スギ> 他県スギ> 奈良100年生スギ> プラスチック(ポリプロピレン)

壁や手すりなど、人の手が触れる場所にスギ材やヒノキ材を使用すると、インフルエンザの感染拡大を抑制できる可能性があります。

>皆さんどうお考えますか。

.

 

 

≫ 続きを読む

建築   2020/05/01  

関東北部で地震頻発。専門家が観測していた「地下天気図」の異変

こんにちはつよぽんです。
天気図にも地下天気図というのが有るのですね。
HP
関東地方の地下天気図に異変が見られるという情報です。

地下天気図の見方

11月28日から12月6日までの1週間、関東地方で地震の発生が相次いでいます。
震度1以上の地震は17回を数え、折しもNHKスペシャルで『シリーズ 体感 首都直下地震』という、首都直下地震を想定した4夜連続ドラマ「パラレル東京」を含む検証番組が8日間連続で放送しているタイミングでの地震発生に不安を抱えている方も多いのではないかと思います。

>見たいですが有料ですね。

果たして、現在の関東周辺の「地下」はどうなっているのでしょうか? 
メルマガ『DuMAの「地下天気図」』を発行する「DuMA」でCSOを務められている、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」に出演し話題となった地震予知の第一人者、東海大学の長尾年恭(ながお・としやす)教授に、2018年の大阪府北部地震発生直前の地下の様子と、最新の関東「地下」事情についてお尋ねしました。

長尾教授の示す「地下天気図」とは何か?
地下天気図とは、通常の天気図のように、地震発生状況を低気圧/高気圧という馴染みのある言葉で地震活動を可視化したものです。
地下天気図における高気圧は、地震発生が「普段と変わらない」あるいは「少し活発な状況」です。
それに対して、低気圧とは「通常より地震が少ない」状況を表しています。
天気の場合、低気圧が近づくと雨の降る可能性が高まりますが、実は地震活動において広く認められている「大地震前の異常」は「通常より地震が少ない」状態です。これを地下天気図では「低気圧」と表現しています。(長尾教授・談)

2018年発生の大阪府北部地震、そのとき地下はどうなっていたのか?

地下天気図はこちらからご覧ください。

 

ではここで、最新の関東の「地下」はどうなっているのか、長尾教授に聞いてみました。
関東周辺で頻発する地震。いま地下で何が起きているのか?
2011年の東日本大震災はまだ記憶に新しいところですが、関東地方北部に東日本大震災以後、初めてと言って良い「異常」が2019年8月ごろより観測されていました。
そのような状況のもと、12月3日に茨城県南部で震度4を観測する地震が、「地下天気図」で異常が出ていた地域の端で発生しました。(過去の経験則から地震は異常の中心部より、その周辺部で発生するケースが多くみられます)
そして12月4日には栃木県南部、茨城県北部でも震度4を観測する地震が続けて発生したのです。
DuMAではこれら4日以降の活動は3日の地震に誘発された地震の可能性があると考えています。
明らかに関東の地下で「異変」が起きていることがわかります。
はたして、近く首都圏直下地震は発生するのか、この地下天気図は何を意味するのか、防災意識を高め、普段から準備をしておくことが必要なのかもしれません。

>昨年は台風で大きな被害を受けたので地震は勘弁してほしいですね。

≫ 続きを読む

建築   2020/01/12  

明けましておめでとうございます!

こんにちはつよぽんです。
あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。

建築の話題と共に化学物質、電磁波などの話題も載せていきたいと思います。
まずは年頭のあいさつをいたします。

≫ 続きを読む

建築   2020/01/01  

住宅トラブルが増加傾向

こんにちはつよぽんです。
建築はクレーム産業と言われますがクレームを無くしたいですね。
住宅に関するトラブルが増えているというネットの記事です。

住宅に関して消費者と事業者との間で生じるトラブルなどの解決を支援する住宅リフォーム・紛争処理支援センターは、2019年8月5日、18年度における相談・紛争処理の件数などを集計した「住宅相談統計年報2019」を公表した。
住宅の新築・取得やリフォームなどに関する「電話相談」の件数は合計3万2253件で、前年度から14.6%増加。全体として右肩上がりの傾向が続いている〔図1〕。内容では、「住宅のトラブルに関する相談」が最も多く64.0%だった。

新築に関する電話相談で「評価住宅」「保険付き住宅」「評価・保険付き以外の住宅」の別では、評価・保険付き以外の住宅が最も多く8062件〔図2〕。

保険付き住宅は6519件、評価住宅は874件だった。

評価住宅は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「建設住宅性能評価書」の交付が確認できた住宅、保険付き住宅は住宅瑕疵担保責任保険(1号保険)付きの住宅をそれぞれ指す。
10年度以降、「保険付き住宅」の割合が年々増えており、18年度は初めて新築に関する電話相談件数全体の40%を超えた

新築は築浅物件の相談が目立つ
新築に関する電話相談で、不具合発生時の築年数が判明していたのは5448件〔図3〕。このうち「築年数1年未満」が全体の35.5%と、突出して多い。

築3年未満の築浅物件に関する相談は、件数ベースで全体の半数強(51.2%)を占めている。

戸建て住宅の具体的な不具合事象で、件数ベースで1~5位は、新築が「ひび割れ」「雨漏り」「性能不足」「剥がれ」「変形」。

リフォームは「剥がれ」「雨漏り」「性能不足」「ひび割れ」「汚れ」だった。
「電話相談」で解決に至らず「専門家相談」へ進んだのは、18年度の合計が1964件と前年度から10.3%増加。
相談者の年齢構成では、新築住宅は30~40歳代が多く、年齢が高くなるほど相談者数が減少する傾向がある。
他方、リフォームの相談者は50~60歳代の割合が多い。
専門家相談の内容では、「不具合が生じている」が最も多く合計1364件(複数回答)。以下、「その他」を除き「契約と工事の内容が異なる」「不具合と契約に関するトラブル」「工期遅延」「追加費用を請求された」「業者が倒産」の順だ。
専門家相談に寄せられた不具合を部位別に件数で見ると、新築・リフォームとも最も多かったのは外壁で合計348件〔図4〕。

そのほか床、屋根(屋根裏を含む)、開口部・建具、内壁、設備機器が上位だった。

評価住宅」と「保険付き住宅」については、不具合の発生や工事内容の食い違いといった問題に対して、全国52の弁護士会が設置した「住宅紛争審査会」による紛争処理手続き(調停など)が用意されている。
18年度に各地の審査会が新規に受け付けた紛争処理の申請件数は172件だった。

≫ 続きを読む

建築   2019/12/24  

産業フェスタ  作品展(日曜日編)

こんにちはつよぽんです。
「越谷市産業フェスタ2019」の二日目です。
両日とも天候に恵まれ大勢の方に工作をしてもらいました。
スタッフは休む間もなく大忙しの二日間でした。

工作を作ってもらった方の了解を得て作品を紹介します。
えーと思うタイルの使い方などが有って見ている方も楽しかったです。

日曜日編です、余裕がなく作品の写真は数点です。

上の写真は赤ちゃんの足型を押しているところです。

≫ 続きを読む

建築   2019/12/03  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話