スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 建築

「北枕は縁起が悪い」は古い常識?

こんにちはつよぽんです。
北枕は縁起が良くないと言われていますが本当でしょうか?
ネットからの情報です。

北枕とは、北の方角に枕を置くことです。
また、亡くなった人はよく北枕で寝かされます。
まずは、北枕が日本の遺体安置の風習となった由来について紹介します。

釈迦が北に頭を向けて亡くなったことが由来
日本では「迷子にならずに、あの世へ行けますように」という願いを込め、亡くなった人の枕を北側に置き、寝かせます。
仏教の始祖・釈迦が息を引き取った際、北側に頭が位置していたことが、故人を北向きに寝かせる「北枕」の由来です。
このときの釈迦の体勢を、頭北面西右脇臥(ずほくめんさいうきょうが)と言い、頭が北側、顔が西側、右側の脇を下にして寝ることを指します。
これが煩悩を克服し、悟りの境地に至った姿勢と言われています。

>お釈迦さまは楽な姿勢で休んでいたという説も、だから、縁起が悪いとかの問題じゃないそうです。


頭北面西右脇臥は、絵画・涅槃図(ねはんず)のモチーフとして使用されることが多く、お寺や美術館などで目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
釈迦と同様の体勢にする「北枕」は、日本ならではの風習と言われています。

古くからの風習から
息を引き取った人の頭を北側に安置するため、北に置かれた枕は死を想起させるものでした。
日本では、死を良からぬものと考える傾向が強く、故人と同様の方角に頭を向けて寝るのは不吉だとする考え方があります。
ただし、こうした古い習慣や考えに科学的な理由はありません。
現在は、「北枕=縁起が悪い」という話を知らない、あるいは、特に気にせず就寝位置を決める人も増えています。

昔の日本家屋事情から
住宅事情で北枕が避けられたという説もあります。昔の日本家屋には木材や障子が多く使われていたため、隙間ができやすい状態でした。
窓や戸を閉めても冷たい風を遮れず、冬は寒くて凍えるような思いをすることも。
太陽の光が当たりにくい北側の部屋は、特に気温が下がりやすく、体を冷やす要因になります。厳しい寒さが続く時期に頭を北側に向けると、寝ている間に風邪をひいたり、体調を崩したりすることが多くなるため「北は避けた方が良い」と言われるようになりました。
現在の家屋は、隙間から風が入ることはめったにありませんが、昔からの知恵が受け継がれ、北枕を避ける風習が残ったとされています。

>現在の家屋はそんなことは無いですね。

健康運アップ
健康に関する運気も、北が影響を与えると言われています。
また、東洋医学には、頭を冷やし、足を保温することで血流が良好になり、健康につながる「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」というものが昔からあります。
日本は、北になるほど気温が下がりやすく、南は気温が高くなる傾向があります。
同じ室内で大きく気温が変わることはありませんが、北側にある頭が冷え、南側の足元が温まるという想像はしやすく、これが健康運アップにつながるという考え方もできます。
前章の日本家屋の特徴で北枕だと風邪を引きやすいとは、真逆の発想で面白いですね。

>頭寒足熱は確かにそうですね、でも現在ではどうでしょうか?

縁起が良いとされる海外の考え方
仏教誕生の地・インドにおいては「楽園は北側、死者が集まる場所は南側」との教えがあるため、好んで北を選び眠りにつく人は少なくありません。
また仏教の信仰者が多いタイは故人の頭を南側にして安置するので、北よりも南の方が避けられるようです。
なお、仏教では「煩悩のない喜びに満ちた浄土は、西にある」ことを意味する西方浄土(さいほうじょうど)という考えも一般的です。西を向くことは浄土に向くことになるため、西側に頭を向けても支障はないとされています。
その他、風水の本場・中国では北側から良い運気が訪れるとの考えも。
仏教の考えが浸透していない欧米などの国では北枕の概念はありません。

>国によって解釈が違うのですね!

≫ 続きを読む

建築   2022/05/05  

ドローン講習

こんにちはつよぽんです。
ドローンに興味が有ったので埼玉土建で開催された講習会に参加しました。
午前中前半は座学、操縦にはまだ免許は要らないようです。
後半は室内での操作実習 離陸や着陸は思いのほか簡単でしたね。

午後は屋外での操作でした、免許は要らないのですが航空局に報告をしないといけないので操縦は先生だけでした。
撮った画像から屋根面積の計算も出来るようです。
欲しいですね屋根の点検を業者に頼まなくても出来そうです、ただ今回の機材は約15万円だそうです。

サムネイル
サムネイル

≫ 続きを読む

建築   2021/07/23  

「ウッドショック」木は余っているのに木材高騰

こんにちはつよぽんです。
ネットに今回のウッドショクに関する記事が有りました。

読むと納得できる内容ですね!

木は余っているのに輸入して木材不足、田んぼが余っているのに食糧輸入して農村崩壊。
こんな事をしている限り日本は衰退し続けるでしょう.

>国の政策は失敗してもだれも責任を取らないですから。

 それに怒らない国民も問題ですね!

 

■木は余っているのに木材高騰
最近数か月の間に木材価格が高騰しウッドショックと呼ばれていて、住宅価格の値上げも起きようとしている。
知っての通り日本の国土の7割は森林で”木”はその辺に余っているが、なぜこうなったのでしょうか?
原因は北米の人手不足やエネルギー危機などだが、根本原因は輸入木材を自由化した日本政府の失策でした。


>使える国産材が有るのに輸入材に頼るのは食料も同じですね。


2019年に北米でストライキが起きた時も輸入量が減少したが、今回はそれ以上の危機になっている。
木材と言うと木を切って売るだけのように思えるが、アメリカは石油のように先物取引があり、取引業者を通じて売買している。
先物相場は数年先などの取引価格を売買するもので、数倍に高騰したり下落することがあります。
つまりアメリカの木材は投機商品で、値上がりすると見た投資家は一斉に木材先物を買い、さらに木材を高騰させます。
日本で使用される木材の6割は輸入で、建材としては約半分を輸入で賄っています。
日本の住宅メーカーは危機感を持っているものの、今のところ値上げするつもりはないと説明している。

一つにはコロナによる景気悪化で住宅需要が減少したので、それほど需要がない事が挙げられる。
2つ目の理由は日本では木材は余っていて、国産木材を増やせば対応できるのではと考えている。
林業では国産材を売るチャンスと考えているようで、工場はフル稼働している。

 

■農林業を保護しない国は衰退している
林野庁によると2020年の木材輸入額は前年比19%減だったが、秋ごろから輸入材が不足し始めた。
国産材の工場はフル稼働しているが生産能力に上限があり、新たな需要には応えられない状態だという。
木材は木を切ってから製材し出荷するまで人手に頼る労働が多く、半導体のように1秒間に百個も生産できない。
日本の森林のほとんどは杉だが、やや強度が弱いので、梁など負荷がかかる場所には硬い輸入材が必要とされている。

林野庁は価格高騰は国内林業の好機と語っているが、話はそう簡単でもない。
木を伐採して植林してその木が育つには30年から50年かかり、木1本を生産するのに30年以上かかる。
その間に政府が木材を輸入自由化し価格崩壊させたので、今日本で木の伐採だけで生計を立てている人は、個人では1人も居ないでしょう。
昔は木こりとか山で木を切ったり間伐したり植林すれば生活でき、江戸時代には高収入職業だったようです。


>国産材が単価が安いので植林するだけの費用が出ないのですね。
はげ山が多いのは木を伐りっぱなしにして植林しないから、熱海のような災害がおきなければよいですが。


1980年代に日米貿易摩擦が起きてアメリカは「何か輸入しろ」と迫ってきました。
日本政府は愚かなことに「農業と林業は要らない」と考えて輸入自由化し、農林業を壊滅させました。
農林業を切り捨ててもハイテクや自動車輸出で儲かるというのが政府の考えだったが、大間違いでした。
まず農村の衰退で出生率が極限まで下がってしまい、人口減少で経済成長率はゼロが定着しています。
さらに欧米諸国はハイテクやitで日本を抜いたが、it先進国は例外なく『農林業先進国』でもあります。
農林業を切り捨ててハイテクで成功した国は一つもなく、そのような国は「ハイテクでもダメ、農業でもダメ」になっています。
農林業は儲からないからなくて良い、という浅はかな考えがその後の日本の衰退を招き、全国の農村や森林から人間が消えたのです。


>目先のことしか考えなく私利私欲に忙しい官僚や国会議員は猛省して欲しいですね。(無理か)

≫ 続きを読む

建築   2021/07/06  

彩の木補助事業の案内が来ました!

こんにちはつよぽんです。
本年度の埼玉木の木補助金の案内が来ました。

令和2年10月1日以降に契約した建物。
令和4年2月28日までに木工事が完了できるもの。
埼玉県産材を規定以上使うもの。
などの要件が有ります、詳しくはお問合せください。

≫ 続きを読む

建築   2021/06/08  

守谷インテリア木工所訪問記

こんにちはつよぽんです。
現在設計中のM様のお知り合いが採用した無垢の建具で、低価格であるという守谷インテリア木工所にM様と伺いました。
所沢ですがトトロの森に隣接していらしく宮崎さんが来ているのを見たことが有ると言っていました。
敷地には建具の材料に使う杉や桧の加工前の材木を乾燥させていました。
あの価格で提供するためには無垢材を大量に乾燥させ大量に材料を揃えて機械化で短時間に作るようにしないと出来ないですね、材料の山を見てあの価格で出来ることを納得しましたね。
帰宅してみると同じパンフが有りました、その時はこんな価格で出来るのかなと疑問を持ちながら見たことを思い出しました。
工場に入るとお寺に使う建具が置いてありました。
格子の中のパネルも欅で無論無垢材向き合うように入れると言っていました。
このような建具になるようです、これはサンプルで取っている建具です。
2階には銘木が置いてありました。
杉は種類が多かったです。

国産栂の虫食いのパネルです、同じ模様を機械加工出来ないと言っていました。

自然のなせる業ですかね。

玄関ドアに使う框は2重にダボを入れて組んでいるようです。
2階材料置き場
研究も色々な分野で行っているようです。
電磁波・放射線を防ぐ塗り壁を似せていただきました。
電磁波を防ぐというのは興味を持ちました。
また機会が有りましたら伺いたいと思います。
帰りに頂いたフキは美味しく頂きました。
有難うございました。

≫ 続きを読む

建築   2021/04/26  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話