スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 建材

清潔になり過ぎた現代社会に生じた病とは、コロナ?

こんにちはつよぽんです。
コロナ禍は清潔いなりすぎた社会への警鐘なのでしょうか?

ネットの情報より。

免疫関連疾患は、物質的豊かさ及び欧米化の度合いに正比例して増加する。
つまり、生活環境がかつて人類の進化してきた環境に似ている(感染症が多く、ある科学者が「動物、糞、泥」と呼んでいるものにまみれている)ほど免疫関連疾患の発生率は低いのである。

>子供の頃は青っ鼻をたらしてい子が多くいましたね、寄生虫も学校で「虫下し」とか「回虫検査」とかしていましたね。

人も含め、あらゆる生物は、全て外圧(外部世界)に対する適応態として存在している。
常に変化し続ける外部世界に生きる生物にとって、外圧が存在ない状況はありえない。
過剰な清潔は、免疫機能にとっての異常状況(=無外圧)をつくる。
それが、免疫の機能不全を招き、結果、アレルギー疾患や自己免疫疾患の増加を招いている。
同様に、新型コロナウィルスの感染症対策による徹底した消毒社会が、かえって容易に感染しやすい環境を作り出しているのではないか。
一方、農村地域で、感染者が少ないのは、微生物が多く生息する自然の土に触れることで、免疫機能が正常に作動しているためではないだろうか。
人とウイルスや細菌との間には「共生関係」の長い歴史がある。
目先の不安に流されること無く、歴史的事実を学び、今後どうするのを考をが良いかえたい。

>コロナ対策で手を清潔に保ちましょうと言われ、石けんで手洗いを行うか、手指消毒用アルコールで消毒を行いましょう
と書いています。それと手が触れる所を消毒薬で消毒していますね。

以下、書籍『寄生虫なき病』の書評、「清潔になり過ぎた現代社会に生じた病とは」リンクより抜粋。
”これら現代の難病(アレルギー疾患および自己免疫疾患)の、真の原因は何なのか。
こうした病に苦しむ人が最近になってこれほど増加してきたのはなぜなのか。
対症療法ではない、根本的な治療や予防は可能なのか。


この疑問に、最新の科学に基づいて一つの明解な答えを提示しているのが、本書『寄生虫なき病』である。”
そう、本書に書き記されているのは、免疫という人体が共通して宿している機能についてであり、更にはそれが原因となって引き起こされる現代人を最も悩ます病についてなのだ。
筆者自身、幼少期は小児喘息を患っており、現在も花粉症のようなアレルギー疾患には酷く苦しめられている。
しかし、それが何故生じてしまっているかなどとは深く考えたこともなかった。
ある種、運命のようなものとして受け入れざるを得なかった。
だが、決してそうではないのだということを本書は教えてくれる。そして、そこには紛れもなく希望の光が射しているのだということも。
”(筆者注:先進国において)免疫関連疾患の症例は十九世紀末からわずかに見られるものの、アレルギー疾患や喘息の流行が始まったのは一九六〇年代のことである。
その後、この流れは一九八〇年代に加速し、二〇〇〇年代前半までにピークに達して以来そのままの状態が続いている。”
多くの人々が免疫関連疾患に苛まれるようになったのは、このたった五十年程のことなのだ。そして、それと反比例するように感染症の患者は激減している。
では、そこにどのような関係性があるのか。

>感染症は減っているのですね。

著者は次のように書いている。
”免疫関連疾患は、物質的豊かさ及び欧米化の度合いに正比例して増加する。
つまり、生活環境がかつて人類の進化してきた環境に似ている――感染症が多く、ある科学者が「動物、糞、泥」と呼んでいるものにまみれている――ほど免疫関連疾患の発生率は低いのである。”
「不潔な環境で生活している人たちのほうがアレルギー疾患や自己免疫疾患のリスクが低い、という現象」が見られるが、そういった環境では感染症が蔓延っている。
その為、免疫関連疾患と感染症は反比例の関係性になるというわけだ。
そもそも免疫機能はそのような不潔な環境に対応する為に何千年何万年と掛けて進化してきた。

>不潔な環境で感染症に掛からないように進化してきたのですね。


しかし、一九世紀から二〇世紀の前半にかけての衛生改革、微生物病原説、ワクチン、抗生物質といった要因によって、人類を取り巻く環境は大きく変化した。
そのことを著者は「大勢の居候に対応すべく進化してきた免疫系が、気づいてみたら、わずか一世代か二世代のあいだに突然独りぼっちになっていたのである。」と書いており、また「人体からある種の微生物と寄生虫がいなくなるという、恐らくは人類進化史上初の出来事が起きたのである。
人体がそれまでと同じやり方で機能することが不可能になってしまったのだ。」とも書いている。
そうして、免疫機能に異常が発生した結果が免疫関連疾患だというわけだ。
周囲を取り巻く環境が清潔になったからこそ、人々は免疫関連疾患に苦しめられるようになってしまった。
あちらを立てればこちらが立たず、というような状態だ。
しかし、ここで一つの希望が見えるだろう。何らかの方法で免疫機能が正常に働けば、免疫関連疾患が生じることはないのだ。


まさにその為に、自身も免疫関連疾患に苦しむ著者が自らの体内に寄生虫を感染させに行くところから、本書は始まる。
それがどのような結果を生むのか、また同様に寄生虫療法を試した者の話など、免疫関連疾患の治療に関した様々なエピソードが語られている。
また、ここまで見てきたような免疫機能に関する科学的な見解についても、膨大な数の研究論文から引用した文章や実際に何人もの科学者へのインタビューによって得た情報などを用いて、
非常に明晰なロジックで書き記されている。
著者は科学ジャーナリストとのことだが、本書は研究者の書いた学術書に決して見劣りしない一冊だと思える。
現在、世界を脅かしている新型コロナウイルスも本書と無関係ではない。
免疫機能が暴走して自身の細胞を傷つける現象をサイトカインストームと呼ぶが、重篤化した新型コロナウイルスの患者はそれが発生してしまっている為だ。本書の内容に無関係な人物など誰一人おらず、今の時代だからこそ学んでおいた方が良い情報の詰まった一冊だと言えるだろう。


もともと人類の免疫系は寄生虫を含む微生物と共存するためにつくられてきたにもかかわらず、微生物に曝露される機会がへり、免疫系の不具合が起こりはじめていると主張している。

>過ぎたるは猶及ばざるが如しですね。

≫ 続きを読む

建材   2021/07/30  

木材の匂いを嗅ぐと、免疫力がアップ

こんにちはつよぽんです。
森林浴をして木の匂いを嗅ぐと落ち着きませんか?
特に桧やヒバの木の匂いを嗅ぐと気持ちが良いですね、この匂いが免疫力を高める事が分かってきました。

人体の免疫系への働きかけが徐々に明らかになりつつあります。
風邪の予防などに木材の匂いを活かせるようになるかもしれません。

作用の仕組みはまだ不明ですが、木材の匂い成分が、ストレスを軽減し、免疫細胞の働きを向上させると考えられます。
詳細に
ヒノキの匂い成分がヒトの免疫細胞の働きを上昇させたとの報告があります。
免疫細胞のひとつとしてナチュラルキラー(NK)細胞と呼ばれる細胞があります。
都内で働く30~60歳代の男性を対象とした研究で、ヒノキの匂い成分である精油が、このNK活性を上昇させた可能性があるとの報告があります。
ヒノキ材精油を揮発させた室内に3日間宿泊滞在した前後のNK活性の変化を調べたところ、滞在前に比較して滞在後に有意に上昇していました。
また、滞在の前後で、ストレス指標である尿中ノルアドレナリンは有意に低下していました。
ストレスが軽減し、そのことがNK活性の上昇につながったのではないかと考えられます。

>ストレスが良くないですね。

免疫とは、「特定の異物に対する防御反応が強くなること」を意味します。
私たちは、同じ異物(抗原)がくりかえし体内に入るとその抗原に対する防御反応が強くなる性質を持っています。
この性質をわかりやすく言うと、「一度○○という病気にかかったら、○○にはかかりにくい」ということです。
そのことを、「○○に対する免疫がある」と表現します。
免疫を利用した医療の代表が「ワクチン」です。
ワクチンは、わざと異物(抗原)を注射することによって、その異物に対する防御反応を強くしておく、免疫を利用した予防法です。
みなさんも、結核に対するワクチンであるBCG接種のほか、麻疹(はしか)、水痘(水ぼうそう)、インフルエンザなどのワクチンの接種を受けたことがあるでしょう。
ワクチンは、細菌やウイルスの病原性をほとんど無くしたうえで、私たちの体内で免疫反応が生じるように作られているのです。

>BCGの接種の後膿んで大変だった思い出が有ります。


しかし、この世のすべての異物に対して体の免疫反応は強い方がよいかと言うと、そうではありません。
すべての病気について「免疫を高める」ことが「病気にならない」ことにつながると勘違いしている人が少なくないと思いますが、異常に強い免疫反応によって生じる病気が数えきれないほどあるのです。
確かに、感染症として悪さをする細菌やウイルスに対しては免疫が強い方がよいでしょう。
その一方で、体にとっての異物の中には「たいして悪さをしない」ものや、「放っておいてもよい」ものがいくらでもあるのです。
例えば、花粉やほこりなどです。
これらの異物に対しては、たとえ体内に入っても免疫の仕組みが働かない方がよいのです。
ところが、こうした異物に対して異常に強い免疫反応を起こしてしまう人がいます。
この「異常に強い免疫反応」が「アレルギー」です。花粉症は、花粉に対する異常な(過剰な)免疫反応が原因なのです。
ですから、何でもかんでも免疫が強い方がいいというのは間違いです。
当たり前のことですが、「それぞれの異物(抗原)に対して、それぞれにちょうどいい免疫反応」が備わっていることが健康な状態と言えます。

>丁度良い強さの免疫力とは難しいですね。


一部の健康食品や、あやしげな医療本に「免疫力アップ!」という表現がよく使われていますが、「どんな抗原に対する免疫がアップ」するのか、明確でないことが少なくありません。
もし、すべての抗原に対して免疫力がむやみにアップしたら、それは大変なことです。
さまざまなアレルギーや免疫疾患になってしまいます。

>笑いでNK細胞が増えるとうは聞いたことが有ります。

免疫系活動を担う--NK細胞の機能
免疫担当細胞のひとつとしてナチュラルキラー(NK)細胞と呼ばれる細胞があります。
比較的最近になって発見されたリンパ球の一種であり、その働きの多くはまだ明らかではありません。
ただ、腫瘍細胞(癌)の監視機構や、ウイルス感染の防御機構に関する機能を持つと考えられています。
最近の研究では、森林浴をすることによりNK活性が上昇することが明らかになり、注目を浴びました。

ストレスと免疫系の働きの関係
様々な研究により、ストレスと免疫系の働きには密接な関係があることが示されています。
たとえば、ストレス時に分泌されるホルモンが、NK細胞の働きを抑制すると報告されています。
ストレス研究の始祖であるハンス・セリエは、ストレスヘの抵抗期が長引くと、やがて体が疲れ切ってしまい、正常な抵抗力を発揮できなくなると唱えました。
ストレスを上手にコントロールすることが重要です。

>ストレスのない生活が免疫力を上げるのですね!

≫ 続きを読む

建材   2021/03/02  

加湿器の使い方を注意しないと「加湿器肺」になり後遺症にも

こんにちはつよぽんです。
加湿器の使い方でリスクが有るのですね!
コロナ禍の対策の一つの方法なのですがどのような内容でしょうか。
加湿器に繁殖したカビや細菌を吸い込むことで起きる「加湿器肺」という疾患があるのですね。
初めて聞きました。

この方は昨年1月に自宅で使用していた蒸気式の加湿器を気化式に買い替えると、同5月から微熱やせきの症状が出たため、近くの病院で検査を受けたところ、肺が真っ白で「間質性肺炎」と診断され、大病院を紹介された。
退院してから自宅の加湿器を廃棄した後は、せきなどの症状が現れなくなり、医師が「加湿器肺」と診断したという。
後遺症により、日常生活でもかなり気をつかっている。
退院後は加湿器がある飲食店などに15~30分ほど滞在すると、症状が出るアレルギー体質になり、「一生、治らない」と医師に言われたようです。
美容室、飲食店、どこに加湿器があるか、分からない。
「加湿器が何十台とある電気店で、気づいて急いで逃げたこともあった」と明かした。

>後遺症が残るのですね。
 肺の疾患なのでコロナ禍でのリスクは高いようです。

「担当医からはコロナに感染したら重症化するリスクはかなり高いと言われている」と明かし、「自分なりのコロナ対策はしている」とした。
マスク、手洗いはもちろんだが、「コロナに感染する人が悪いのではないが、(コロナがある)可能性がある場所に行ったり、持っている可能性がある人とは長時間いないことを徹底している」。
「加湿器肺」とは加湿器によって空気中に放出されたカビや菌を吸い込むことで起きる肺炎で、せきや発熱などの症状が出る。
肺の機能が低下し、血液中の酸素が不足して呼吸不全に陥る恐れがある。
新型コロナウイルス対策として注目されている「加湿器」だが、使い方によってリスクがあることを知ってほしいですね。

 

加湿の必要性はダニやカビは湿度が50%以上で繁殖をはじめ、60%を超すとその数が増えます。
しかし、反対に湿度が下がりすぎて40%以下になると、今度はウイルスやバクテリアが増加するのです。
風邪をひきやすくなるのは鼻や喉の粘膜は、空気中に含まれるホコリや雑菌などの異物が体内に侵入しないように絡め取る「バリア」機能を持っています。
ところが湿度が低いと粘膜が乾燥し、バリアのはたらきが低下するため、風邪をひきやすくなってしまうのです。
毎年、空気が乾燥する冬場にインフルエンザが流行する理由のひとつでもあります。
ですので、冬を健康的に過ごすならカビやダニ、ウイルスのそれぞれの活動が少ない50%弱が理想的な湿度、と言うことになります。

各方式の簡単な説明
加湿器方式
超音波式加湿器のデメリットとして、ヒーターを使用しないため、内部に雑菌やカビが繁殖しやすく、それらを霧と一緒に拡散してしまう恐れもあります。 
こうした雑菌等は人体に悪影響を及ぼす危険性がありますし、臭いも気になるので、こまめな手入れが必要です。 気になる方は除菌機能のついているものを選ぶようにしてください。

スチーム式の加湿器はタンクのお湯を沸かし、その蒸気を放出するシステムです。
お湯を沸かすため煮沸消毒されるので、放出される蒸気に雑菌が混じる心配がぐっと少なくなります。
ただし、お湯を使うので吹き出し口が熱くなりやすいのがデメリット。
小さなお子さんやペットがいる家では、置く場所を注意しなくてはいけません。
電気代がかかるようです。

気化式の加湿器は、水をフィルターに吸わせてファンの風を送ることにより湿った空気を放出します。
電気代が安いのが特徴ですが、フィルターが常に水を含む状態となるため、こまめに水を変えてフィルターのお手入れをしないと雑菌が繁殖しやすくなります。
抗菌仕様のフィルターを使用している場合もありますが、こまめな手入れが必要です。

ハイブリッド型気化式にヒーターをプラスし、フィルターに温かい空気を当てて空気を放出するのがハイブリッド式の加湿器です。
また、超音波式にヒーターをプラスしたタイプもあります。
値段が高いことが多いのですが、その分抗菌作用が施されているモデルが多いので、安心して使える加湿器だといえるでしょう。

≫ 続きを読む

建材   2021/02/26  

「コロナ予防効果」45業者に改善要請

こんにちはつよぽんです。
コロナ対策になるものをブログで紹介しましたが、効果の無いものもあるようです。

健康食品や除菌スプレー、消費者庁「合理性欠く」
新型コロナウイルスの感染予防効果を裏付ける根拠がないのに予防効果をうたった商品をネット上で販売しているとして、消費者庁は19日、販売する45事業者に表示を改善するよう要請したと明らかにした。
2度目の緊急事態宣言が出た1月以降、同庁がネット広告を調べたところ、45事業者が販売する42の商品・サービスに新型コロナウイルスに対する予防効果を標榜(ひょうぼう)する表現が見つかった。
健康食品が最も多く32商品を占め、マイナスイオン発生器(3商品)、除菌スプレー(同)、建材(1商品)などと続いた。

消費者庁は、インターネット広告で新型コロナウイルスに対する予防効果を標ぼうするウイルス予防商品の表示について、景品表示法(優良誤認表示)及び健康増進法(食品の虚偽・誇大表示)の観点から、緊急監視の追加措置を、4月1日から5月22日まで実施した。
対象は健康食品や、除菌・抗菌スプレーなど。
インターネット広告でウイルス予防商品を販売する35事業者38商品について、著しく予防効果などが優良であるものと誤認させ、消費者が新型コロナウイルスに対する誤った対応をしてしまう可能性があることから、事業者に対して改善要請を行なった
商品は、カプセルや錠剤粉末など健康食品を扱う27事業者31商品と、アミノ酸や光触媒等を使用した除菌・抗菌スプレーを扱う8事業者7商品。
表示されていた効果の一例は下記の通り。

詳しくは消費者庁の資料で

一例です

【健康食品】

新型コロナウイルス感染防止対策として、高濃度でビタミンCを摂取する事が非常に効果的新型肺炎・免疫パワーに必須のビタミンD新型コロナ対策に、乳酸菌、ビフィズス菌


【除菌・抗菌スプレー】

【緊急対策】新型コロナウイルスや菌を徹底除菌!!
全てのコロナウイルス近縁のウイルスに対して、不活性化が期待できることが類推できます。
新型コロナウイルス・花粉症対策!マスクに吹きかけて抗菌&除菌消費者庁では、新型コロナウイルスについては、その特性が明らかではなく、民間施設における試験等も不可能な現状では、予防効果を標ぼうする商品について、客観性及び合理的を欠くものであり、そのため、景品表示法(優良誤認表示)及び健康増進法(食品の虚偽・誇大表示)の規定に違反する恐れが高いとしている。
改善要請を行なった事業者がオンライン・ショッピングモールに出店している場合は、ショッピングモールの運営事業者に対しても表示の適正化について協力を要請した。
なお、3月10日及び3月27日に公表した、健康食品、マイナスイオン発生器、空間除菌剤、アロマオイル等を販売している64事業者87商品の商品表示については、全ての表示が改善されているとしている。

>確かなエビデンスで商品を作ってほしいですね。

≫ 続きを読む

建材   2021/02/20  

インドがプラスチックの利用を2022年に全面禁止へ

こんにちはつよぽんです。
ネットを見ていたらこんな情報が有りました。
マイクロプラスチックはじめ環境に影響を与えているのにどの国も何もしないと思っていたら
インドが全面禁止にするとは、日本では無理ですね。

記事より
人類にとって今や一番の脅威は人工物質といっても過言ではない。
ただ、多くの人が気づいていながら目先の利益優先で禁止できないのが現状。
そんな中、インドがプラスチックの利用を2022年に全面禁止へと舵を切ったという。

世界で人口第2位の13.2億人が暮らし、経済成長が著しいインドで、2022年までにすべての使い捨てプラスチック製品を禁止する取り組みが進んでいる。


>すごいですね

これに向けて、2019年のガンディー生誕記念日である10月2日から、カップ、皿、小型ボトル、ストロー、ビニール袋、特定の種類の小袋の最大6種類の使い捨てプラスチック製品が禁止される予定だ。
今回の禁止は、製品の製造・使用・輸入が対象となる。
世界でもプラスチック汚染に対する問題意識が高まっており、EUは使い捨てプラスチックのカトラリー製品を2021年までに禁止する計画を発表した。
経済が成熟した欧州ならではの取り組みかと思いきや、インドは「全面禁止」という徹底ぶりだ。
2019年8月15日の独立記念日に行われたスピーチで、インドのナレンドラ・モディ首相は、「使い捨てプラスチックをなくすための最初の大きな一歩を踏み出す」とインド国民や政府機関に力説。


>首相の大英断ですね!


政府は、最初の6品目の禁止措置により、国内のプラスチック年間消費量約1400万トンのうち5~10%の削減を見込んでいる。
禁止に違反した場合も、最初の6ヶ月の期間は猶予されるという。
プラスチックに代わる素材の採用までの時間も、考慮する必要があるからだ。
これまで州単位では、使い捨てプラスチック製品を用いた者に罰金が科されるところもあった。

>とりあえず使い捨てから初めてプラスチックの全廃に向けてほしいですね。

政府はさらに、同国の年間プラスチック消費量の40%近くを占めるEコマース企業に、プラスチック包装を削減するように働きかける。

インドでは、インターネットのユーザー数の急増により、オンライン・ショッピングの消費も増えた。

政府関係者は、プラスチック製品のより厳しい環境基準の導入を計画しており、再生可能なプラスチックのみの使用を許可する内容になるだろうとしている。

>再生可能なプラスチックは良いのですね。

しかしながら、今回の取り組みにも課題はある。

インドのプラスチック業界団体All India Plastics Manufacturers’ Associationのメーラ・ジャヤデヴ会長は、今回の政府の方針により、約1万の中小企業の事業が閉じ、10万人の雇用が失われるのではないかと懸念を示している。

>雇用の問題はありますね。

使い捨てプラスチックの全面禁止は痛みを伴うものだ。

しかしこれは、インドの決意の大きさの裏付けでもある。

また、インドは実は中国と並んで地球の緑化にも貢献しているというデータもある。

プラスチック禁止後の同国の未来はどうなるのか、引き続き注目していきたい。

>日本も参考にしてもらいたいですね。

 この記事は新聞には出ていないです。 

≫ 続きを読む

建材   2019/09/29  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話