スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 建材

新しい建材(光熱フィルター)

フミンの「光熱フィルター」は赤外線や紫外線をカットするゆがみのない
透明な金属膜をスプレーで形成する特許を取得した技術だそうです。

こんにちはつよぽんです
以前TBSのニュースで見た建材を(株)サンエムの伊東社長が施工出来る様になりました。

このフミンの「光熱フィルター」は赤外線や紫外線をカットするゆがみのない透明な金属膜をスプレーで
形成する特許を取得した技術だそうです。
結露対策にも良いようです。

日本だけでなくシンガポールの高層のガラス張りのビルに施工され評判も良いようです。
透明に仕上げる技術がむずかしかったようですね。


フミン HPの結露の所
http://www.fumin.jp/

この写真は4月の12日に越谷で試験的に施工した時の写真です。


興味の有る方は(株)サンエム

http://7mmm.jp/

≫ 続きを読む

建材   2009/04/16  

漆喰の話(6)

日本の様な高温多湿の気候の国の部屋をビニールで覆うとその境界面で結露する。
こんにちはつよぽんです
今日は暖かかったので桜が散って粉雪のようでした。

結露被害:特に壁体内結露
日本の様な高温多湿の気候の国の部屋をビニールで覆うとその境界面で結露する。
結露の原理とは、 空気中に含まれている水分(水蒸気の状態で存在)が冷えることにより(エネルギーを奪うと)水になることが原因で起こる。
真夏に冷たいビール瓶の表面にびっしり水滴が付くのは、空気が冷やされ空気中の水蒸気がビール瓶の表面で水になるからです。
冬場は外が寒いのでクロスも室内側に結露する、夏は室内はクラーで冷やされいるのでクロスの室外側に結露する、壁の中に水がたまるとグラスウールの断熱材が水を吸い機能をなさなくなり、カビやシロアリにやられ
木材が湿り腐る。
これは「夏型結露・壁内結露」と呼ばれています。

セルロースファイバーを断熱材に採用したり、通気工法と透湿・防水シートを正しく用いることで有効な壁内結露対策が取れます。

≫ 続きを読む

建材   2009/04/10  

漆喰の話(5)

問題のある建材を業者の言われるまま使うのではなく、自分で調べてより問題の少ない建材を納得して使って貰うのが方が良いと思います。
こんにちはつよぽんです
埼玉は雨の朝で新年度が始まりました。
早く満開の桜が見たいと思っているのですがなかなか咲いてくれませんね。

(1)科学汚染:塩化ビニール樹脂の主原料は塩ビモノマー
下記の記述はウィキペディアより
塩化ビニル・モノマーはWHOの下部機関IARCより発癌性があると(Type1)勧告されている。
これは、1974年に塩化ビニル樹脂製造に関わる労働者から肝血管肉腫(肝がんの一種)による死亡例が報告されたこと、以後の疫学調査で塩化ビニルモノマーへの曝露と肝血管肉腫との関連性が認められたこと、ラット等を用いた動物試験においても用量の増加と共に肝血管肉腫の増加が認められたことから提案された。


市民のための環境学ガイドというHPですかなり詳細に検討しています。
「塩ビモノマーの発がんリスク有りの根拠」という内容
http://www.yasuienv.net/VCRisk.htm

科学物質情報
「塩ビと可塑剤」
http://www.gakkoujimu.jp/chemical-5.htm

塩ビ工業・環境協会のHP 塩ビモノマーの安全性についての記述は無いようです。
http://www.vec.gr.jp/

問題のある建材を業者の言われるまま使うのではなく、自分で調べてより問題の少ない建材を納得して
使って貰うのが方が良いと思います。

≫ 続きを読む

建材   2009/04/01  

漆喰の話(4)

現在ビニールクロスが普通に建物の内壁に貼っていますね。
こんにちはつよぽんです
天気は良いのですが風が冷たいですね早く満開に成って欲しいですね。

 

現在ビニールクロスが普通に建物の内壁に貼っていますね。
本来は「クロス」とは織物・布地のことですが、いつの間にかビニール製のクロスのことを指す言葉になり、
ほとんどの建物の内壁に使われています。
船瀬さんは三つの大罪と言っています。
(1)科学汚染:塩化ビニール樹脂の主原料は塩ビモノマー
(2)結露被害:特に壁体内結露の
(3)生物被害:カビ、ダニ、シロアリ
上記の問題があると書かれています、私も同感です詳しく書きたいと思います。
問題のある建材を業者の言われるまま使うのではなく、自分で調べてより問題の少ない建材を納得して
使って貰うのが方が良いと思います。

≫ 続きを読む

建材   2009/03/27  

漆喰の話(3)

珪藻土は藻類の一種の珪藻が石化したもので、多孔質のため調湿性が有ると言われます。
こんにちは、つよぽんです。

自然素材の室内壁材の一つに「珪藻土」があります。
珪藻土は藻類の一種の珪藻が石化したもので、多孔質のため調湿性が有ると言われます。
珪藻土は昔から火に強い土として、七輪、コンロ、耐火断熱レンガなどの原料に使用されてきました。
また浄水場やビール工場でのろ過材としても使用されています。
ただ珪藻土には固まる性質が無いため固化剤が必要になります。
一般的には化学物質の接着剤が含まれているのではないかと思います。

珪藻土の成分であるシリカ(二酸化珪素)はじん肺の原因と言われ、また建材にするときに焼成するのが一般的ですが、このとき結晶シリカが出来るといわれます。
この結晶シリカが発ガン性があるのではと言われています。

ただ「珪藻土はすべて悪いとは思っていませんが、漆喰の方がより良いのではないかと思って使っています。
皆さんはどう思いますか。
ここの珪藻土は良いと思います 株式会社サメジマコーポレーション
http://www.samejima.co.jp/

≫ 続きを読む

建材   2009/03/13  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話