スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 2021年07月

清潔になり過ぎた現代社会に生じた病とは、コロナ?

こんにちはつよぽんです。
コロナ禍は清潔いなりすぎた社会への警鐘なのでしょうか?

ネットの情報より。

免疫関連疾患は、物質的豊かさ及び欧米化の度合いに正比例して増加する。
つまり、生活環境がかつて人類の進化してきた環境に似ている(感染症が多く、ある科学者が「動物、糞、泥」と呼んでいるものにまみれている)ほど免疫関連疾患の発生率は低いのである。

>子供の頃は青っ鼻をたらしてい子が多くいましたね、寄生虫も学校で「虫下し」とか「回虫検査」とかしていましたね。

人も含め、あらゆる生物は、全て外圧(外部世界)に対する適応態として存在している。
常に変化し続ける外部世界に生きる生物にとって、外圧が存在ない状況はありえない。
過剰な清潔は、免疫機能にとっての異常状況(=無外圧)をつくる。
それが、免疫の機能不全を招き、結果、アレルギー疾患や自己免疫疾患の増加を招いている。
同様に、新型コロナウィルスの感染症対策による徹底した消毒社会が、かえって容易に感染しやすい環境を作り出しているのではないか。
一方、農村地域で、感染者が少ないのは、微生物が多く生息する自然の土に触れることで、免疫機能が正常に作動しているためではないだろうか。
人とウイルスや細菌との間には「共生関係」の長い歴史がある。
目先の不安に流されること無く、歴史的事実を学び、今後どうするのを考をが良いかえたい。

>コロナ対策で手を清潔に保ちましょうと言われ、石けんで手洗いを行うか、手指消毒用アルコールで消毒を行いましょう
と書いています。それと手が触れる所を消毒薬で消毒していますね。

以下、書籍『寄生虫なき病』の書評、「清潔になり過ぎた現代社会に生じた病とは」リンクより抜粋。
”これら現代の難病(アレルギー疾患および自己免疫疾患)の、真の原因は何なのか。
こうした病に苦しむ人が最近になってこれほど増加してきたのはなぜなのか。
対症療法ではない、根本的な治療や予防は可能なのか。


この疑問に、最新の科学に基づいて一つの明解な答えを提示しているのが、本書『寄生虫なき病』である。”
そう、本書に書き記されているのは、免疫という人体が共通して宿している機能についてであり、更にはそれが原因となって引き起こされる現代人を最も悩ます病についてなのだ。
筆者自身、幼少期は小児喘息を患っており、現在も花粉症のようなアレルギー疾患には酷く苦しめられている。
しかし、それが何故生じてしまっているかなどとは深く考えたこともなかった。
ある種、運命のようなものとして受け入れざるを得なかった。
だが、決してそうではないのだということを本書は教えてくれる。そして、そこには紛れもなく希望の光が射しているのだということも。
”(筆者注:先進国において)免疫関連疾患の症例は十九世紀末からわずかに見られるものの、アレルギー疾患や喘息の流行が始まったのは一九六〇年代のことである。
その後、この流れは一九八〇年代に加速し、二〇〇〇年代前半までにピークに達して以来そのままの状態が続いている。”
多くの人々が免疫関連疾患に苛まれるようになったのは、このたった五十年程のことなのだ。そして、それと反比例するように感染症の患者は激減している。
では、そこにどのような関係性があるのか。

>感染症は減っているのですね。

著者は次のように書いている。
”免疫関連疾患は、物質的豊かさ及び欧米化の度合いに正比例して増加する。
つまり、生活環境がかつて人類の進化してきた環境に似ている――感染症が多く、ある科学者が「動物、糞、泥」と呼んでいるものにまみれている――ほど免疫関連疾患の発生率は低いのである。”
「不潔な環境で生活している人たちのほうがアレルギー疾患や自己免疫疾患のリスクが低い、という現象」が見られるが、そういった環境では感染症が蔓延っている。
その為、免疫関連疾患と感染症は反比例の関係性になるというわけだ。
そもそも免疫機能はそのような不潔な環境に対応する為に何千年何万年と掛けて進化してきた。

>不潔な環境で感染症に掛からないように進化してきたのですね。


しかし、一九世紀から二〇世紀の前半にかけての衛生改革、微生物病原説、ワクチン、抗生物質といった要因によって、人類を取り巻く環境は大きく変化した。
そのことを著者は「大勢の居候に対応すべく進化してきた免疫系が、気づいてみたら、わずか一世代か二世代のあいだに突然独りぼっちになっていたのである。」と書いており、また「人体からある種の微生物と寄生虫がいなくなるという、恐らくは人類進化史上初の出来事が起きたのである。
人体がそれまでと同じやり方で機能することが不可能になってしまったのだ。」とも書いている。
そうして、免疫機能に異常が発生した結果が免疫関連疾患だというわけだ。
周囲を取り巻く環境が清潔になったからこそ、人々は免疫関連疾患に苦しめられるようになってしまった。
あちらを立てればこちらが立たず、というような状態だ。
しかし、ここで一つの希望が見えるだろう。何らかの方法で免疫機能が正常に働けば、免疫関連疾患が生じることはないのだ。


まさにその為に、自身も免疫関連疾患に苦しむ著者が自らの体内に寄生虫を感染させに行くところから、本書は始まる。
それがどのような結果を生むのか、また同様に寄生虫療法を試した者の話など、免疫関連疾患の治療に関した様々なエピソードが語られている。
また、ここまで見てきたような免疫機能に関する科学的な見解についても、膨大な数の研究論文から引用した文章や実際に何人もの科学者へのインタビューによって得た情報などを用いて、
非常に明晰なロジックで書き記されている。
著者は科学ジャーナリストとのことだが、本書は研究者の書いた学術書に決して見劣りしない一冊だと思える。
現在、世界を脅かしている新型コロナウイルスも本書と無関係ではない。
免疫機能が暴走して自身の細胞を傷つける現象をサイトカインストームと呼ぶが、重篤化した新型コロナウイルスの患者はそれが発生してしまっている為だ。本書の内容に無関係な人物など誰一人おらず、今の時代だからこそ学んでおいた方が良い情報の詰まった一冊だと言えるだろう。


もともと人類の免疫系は寄生虫を含む微生物と共存するためにつくられてきたにもかかわらず、微生物に曝露される機会がへり、免疫系の不具合が起こりはじめていると主張している。

>過ぎたるは猶及ばざるが如しですね。

≫ 続きを読む

建材   2021/07/30  

ペットと暮らす住いの工夫コンテスト

こんにちはつよぽんです。
私の参加しているペット愛好家住宅よりあなたと愛犬・愛猫の写真を大募集しています。
愛犬・愛猫とお暮しの方・ペットを飼いたいと思っているに参考になる「AMILIE」をご希望の方に差し上げます。
連絡はinfo@katohome.comまでお願いいたします。
AMILIE HP https://pet-lifestyle.com/

≫ 続きを読む

愛犬家住宅   2021/07/28  

ドローン講習

こんにちはつよぽんです。
ドローンに興味が有ったので埼玉土建で開催された講習会に参加しました。
午前中前半は座学、操縦にはまだ免許は要らないようです。
後半は室内での操作実習 離陸や着陸は思いのほか簡単でしたね。

午後は屋外での操作でした、免許は要らないのですが航空局に報告をしないといけないので操縦は先生だけでした。
撮った画像から屋根面積の計算も出来るようです。
欲しいですね屋根の点検を業者に頼まなくても出来そうです、ただ今回の機材は約15万円だそうです。

サムネイル
サムネイル

≫ 続きを読む

建築   2021/07/23  

飲酒会食2週間で2回以上、リスク5倍 国立感染研「暫定的な解析」 本当でしょうか?

こんにちはつよぽんです。
こんな話題が新聞に出ていました。

また都内で緊急事態宣言が出て飲酒の禁止も含まれそうです。
飲酒を禁止させるための根拠記事ですが本当にそうなのでしょうか?

上記のポスターは堀江氏が外部講師を務めるオンラインサロン堀江政経塾が作成たものです。
趣旨に賛同した飲食店に店頭に掲示するように促しているそうです。

記事より

国立感染症研究所は、飲酒をする会食を2週間以内に2回以上した場合、会食を0~1回する場合よりも、5倍近く新型コロナウイルスに感染しやす
くなるという調査結果をまとめた。
飲酒を伴う会食は、感染のリスクが高いということを改めて確認した。

>飲食店より家庭での感染が多いとネットでは言われています。

都内2医療機関の発熱外来を訪れ、検査をした284人にアンケートをして調べた。
解析結果では、過去2週間以内に「飲酒のある3人以上の会食2回以上」は「3人以上の会食0回~1回」よりも4.94倍感染しやすかった。
逆に、1人での外食やテイクアウトでは、2回以上でも感染しやすさは増えなかった。
「換気の悪い場所にいた」「大人数や長時間の飲食をした」人は感染しやすい傾向があることもわかった。
今回の調査はサンプル数が少なく、「暫定的な解析結果」としている。

>急いで出しているという感じですね。

感染研の鈴木基・感染症疫学センター長は会見で「以前からリスク因子とされた会食について、中でも飲酒を伴う方が感染リスクが高いと確認された」と話している。

 

≫ 続きを読む

日本酒   2021/07/13  

「ウッドショック」木は余っているのに木材高騰

こんにちはつよぽんです。
ネットに今回のウッドショクに関する記事が有りました。

読むと納得できる内容ですね!

木は余っているのに輸入して木材不足、田んぼが余っているのに食糧輸入して農村崩壊。
こんな事をしている限り日本は衰退し続けるでしょう.

>国の政策は失敗してもだれも責任を取らないですから。

 それに怒らない国民も問題ですね!

 

■木は余っているのに木材高騰
最近数か月の間に木材価格が高騰しウッドショックと呼ばれていて、住宅価格の値上げも起きようとしている。
知っての通り日本の国土の7割は森林で”木”はその辺に余っているが、なぜこうなったのでしょうか?
原因は北米の人手不足やエネルギー危機などだが、根本原因は輸入木材を自由化した日本政府の失策でした。


>使える国産材が有るのに輸入材に頼るのは食料も同じですね。


2019年に北米でストライキが起きた時も輸入量が減少したが、今回はそれ以上の危機になっている。
木材と言うと木を切って売るだけのように思えるが、アメリカは石油のように先物取引があり、取引業者を通じて売買している。
先物相場は数年先などの取引価格を売買するもので、数倍に高騰したり下落することがあります。
つまりアメリカの木材は投機商品で、値上がりすると見た投資家は一斉に木材先物を買い、さらに木材を高騰させます。
日本で使用される木材の6割は輸入で、建材としては約半分を輸入で賄っています。
日本の住宅メーカーは危機感を持っているものの、今のところ値上げするつもりはないと説明している。

一つにはコロナによる景気悪化で住宅需要が減少したので、それほど需要がない事が挙げられる。
2つ目の理由は日本では木材は余っていて、国産木材を増やせば対応できるのではと考えている。
林業では国産材を売るチャンスと考えているようで、工場はフル稼働している。

 

■農林業を保護しない国は衰退している
林野庁によると2020年の木材輸入額は前年比19%減だったが、秋ごろから輸入材が不足し始めた。
国産材の工場はフル稼働しているが生産能力に上限があり、新たな需要には応えられない状態だという。
木材は木を切ってから製材し出荷するまで人手に頼る労働が多く、半導体のように1秒間に百個も生産できない。
日本の森林のほとんどは杉だが、やや強度が弱いので、梁など負荷がかかる場所には硬い輸入材が必要とされている。

林野庁は価格高騰は国内林業の好機と語っているが、話はそう簡単でもない。
木を伐採して植林してその木が育つには30年から50年かかり、木1本を生産するのに30年以上かかる。
その間に政府が木材を輸入自由化し価格崩壊させたので、今日本で木の伐採だけで生計を立てている人は、個人では1人も居ないでしょう。
昔は木こりとか山で木を切ったり間伐したり植林すれば生活でき、江戸時代には高収入職業だったようです。


>国産材が単価が安いので植林するだけの費用が出ないのですね。
はげ山が多いのは木を伐りっぱなしにして植林しないから、熱海のような災害がおきなければよいですが。


1980年代に日米貿易摩擦が起きてアメリカは「何か輸入しろ」と迫ってきました。
日本政府は愚かなことに「農業と林業は要らない」と考えて輸入自由化し、農林業を壊滅させました。
農林業を切り捨ててもハイテクや自動車輸出で儲かるというのが政府の考えだったが、大間違いでした。
まず農村の衰退で出生率が極限まで下がってしまい、人口減少で経済成長率はゼロが定着しています。
さらに欧米諸国はハイテクやitで日本を抜いたが、it先進国は例外なく『農林業先進国』でもあります。
農林業を切り捨ててハイテクで成功した国は一つもなく、そのような国は「ハイテクでもダメ、農業でもダメ」になっています。
農林業は儲からないからなくて良い、という浅はかな考えがその後の日本の衰退を招き、全国の農村や森林から人間が消えたのです。


>目先のことしか考えなく私利私欲に忙しい官僚や国会議員は猛省して欲しいですね。(無理か)

≫ 続きを読む

建築   2021/07/06  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話