スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 日本酒

寝酒は体にいいの?

こんにちはつよぽんです。

毎日飲んでいる身にはつらい内容ですね。

ネットの記事から

お酒を飲んで眠くなるのであれば、眠りたい時にお酒を飲めばいいのでは?と考えても不思議ではありません。
寝酒の習慣は昔からありますし、寝る前に飲むお酒やカクテルを示す“ナイト・キャップ”なる言葉もあります。
ただしすんなり眠れるのであれば寝酒(ナイト・キャップ)はよさそうですが、習慣にするのは要注意です。
お酒を飲んで眠ると、眠ったあとも肝臓はアルコールを分解するために働き続ける必要があります。
自分では眠ったつもりでも、内臓は一生懸命働いているのでは可哀そう。
眠るときは内臓も休ませてあげたいものです。

>確かに理屈には合っていますね。


眠っている最中も働く内臓
「寝る前に食べてはいけない」との文句を見聞きした人もいるはずです。
寝る前に摂取した食べものが、そのまま蓄積されることで太りやすくなるのに加えて、眠った後も内臓が働き続けるため、睡眠の質が悪くなるからです。
これはそのまま寝酒にも当てはまります。
寝酒しつつおつまみも食べてしまうと、徐々に太ってしまうかもしれませんね。

肥満の危険があることを頭に入れておきましょう。

>でも寝酒をするとストーンと寝れるのですが。

眠りへの効果が弱くなる
最初のほうにも書きましたが、「これだけ飲めば眠くなる!」なんてお酒の飲み方はありません。
むしろ脳のエタノールへの耐性が進むことで、寝酒として1杯ですんでいたものが、2杯、3杯と量が増えていくことがほとんどで、アルコール依存症への道を歩むことになります。

>量を増やさないようにお酒の買い置きははせず1本しか買ってきません。


寝酒をしないと寝られない状態=アルコール依存症になると、急に寝酒をやめようとした時に不眠がちになるそうです。
不眠症になっても睡眠薬は習慣化が怖いので、お酒を飲んで眠ったほうがよいと考える人がいるかもしれませんが、習慣化を避けなければいけないのは、睡眠薬もお酒も同じです。
安易に薬に頼るのはよくないかもしれませんが、医師の診察を受けつつ適度に睡眠薬を利用する方が安全性が高いと言えるでしょう

>私はあまり不眠にならないですね、眠れない時は眠くなるまで起きてます。

ナイト・キャップ
もし寝酒をするのであれば、カクテルの“ナイト・キャップ”がおすすめです。

ランデーをベースにアニゼット、オレンジ・キュラソーとシェイクしたものです。
いろいろ異なるレシピもあり、卵黄を加えたり、シナモンやナツメグを用いたりすることもあります。
このレシピに限らず、アルコール度数が高めで刺激の少ないカクテルを、寝る前に飲むのに適しているとの意味で“ナイト・キャップ”のグループに入れることもあります。
睡眠をお酒に頼るのは厳禁

>お酒では無くホットミルクを飲むほうが良いのですね。

行政や民間の調査によると、眠りに何らかの悩みを抱えている人は、少ないものでも日本人の2割、多いものでは半数近い人になるそうです。
楽しくお酒を飲んで、そのままバタンキューとなり、翌朝スッキリ目が覚めた……なんて経験を覚えている人もいるでしょう。
その再現を期待するのも無理からぬこと。でも、それは例外中の例外。
むしろ快適な眠りを求めるのであれば、お酒に頼るべきではありませんね。

≫ 続きを読む

日本酒   2019/08/11  

いつもお酒を飲むと眠くなる…それって体にいいこと?悪いこと?

こんにちはつよぽんです。

晩酌を毎日してますが気になる記事が有りました。

 

「これだけ飲めば眠くなる!」なんてお酒の飲み方はありません。

どんなお酒をどのくらい飲んだかだけでなく、飲む人の体調や気分にも左右されますが、お酒を飲んで眠くなる理由は、大きく分けて3つあります。
①エタノールの作用で眠くなる
お酒に含まれるエタノールは、緊張を緩和させる作用があります。

これは飲んだ人の脳が麻痺したり、神経が抑制されたりする結果で、ほどほどの量あれば、気分が高揚して、“笑い上戸”や“泣き上戸”ともなり、身も心もリラックスした状態で眠気につながります。

>これがお酒を飲む理由でしょうか。


ただしお酒の量が多くなると、泥酔状態(急性アルコール中毒)となってしまい、最悪の場合には命に関わります。

②血糖値が低くなって眠くなる
空腹時や食後に眠くなる現象は、血糖値が低くなることによるもので、お酒を飲んでも似た状態を引き起こします。
肝臓は、飲んだお酒(アルコール)を分解する役割を持つと同時に、糖を体中に送る役目も果たしています。
お酒を飲むと、肝臓はアルコールを分解する役割が中心となるため、低血糖の状態となり眠くなるのです。

③体が冷えて眠くなる
眠る時は体温が低下しますが、体温が低下することで、眠くもなります。適量のお酒を飲むと、血行がよくなるため、汗をかいたり着ているものを脱いだりします。
その後、体を冷やすことで眠気につながります。

また適量を超えたお酒を飲むと、アルコールを分解する肝臓の機能を超えた量のアルコールが体に入ることになります。

>適量というのがミソですね。

すると血中のアルコール濃度が上昇し、血管が収縮して体温が下がり、やはり眠くなってしまいます。

肝臓の機能が衰えていることも原因ですね。
「以前は、もっと飲めたんだけどなあ」そんな風に考えている人もいそうですね。

年齢を重ねることで、体力や気力が衰えるだけでなく、内臓の機能も弱っていきます。

若いころは肝臓も活発に働いて、せっせとアルコールを分解してくれたのでしょうけど、年をとってくるとそうはいきません。

>若さと分解のスピードも関係するのですね。

お酒を飲む量やおつまみを食べる量を減らて、体への負担を軽くしましょう。
さらに自治体や職場などでおこなわれている健康診断を受けつつ、異常を感じたら医師に診察してもらいましょう。

思わぬ病気が隠れているかもしれません。

>貴方は如何ですか?

≫ 続きを読む

日本酒   2019/07/23  

そのお酒の飲み方、大丈夫? 私は危なかった

こんにちはつよぽんです

お酒との付き合い方についての記事が有りました。

あいつとの付き合いはもう、30年以上になります。
確かに、痛い思いは何度もしてきました。

>痛い思いは何度も


でも、私を楽しくしてくれるし、美味しい思いもたくさんしたし、こんなに危ない奴だったなんて、知らなかったんです!!
……何の話? 腐れ縁の友だちでも? いいぇ、相手はお酒なんです。

食をテーマに活動をするジャーナリストらで作る「食生活ジャーナリストの会」(JFJ)という組織があり、定期的に勉強会を開
いています。
私も会員で、5月21日に「その飲み方、大丈夫?~アルコール問題を考える」と題した勉強会に参加しました。
講師を務めた成増厚生病院副院長・東京アルコール医療総合センター長、垣渕洋一さんのお話が大変興味深く、今回はその一部をご紹介したいと思います。

「アルコールは嗜好品ではありません。薬物です」。

講演中、私が最も強く印象に残った垣渕さんの言葉です。
アルコールの作用は麻酔薬に近いけれども、人体に作用する量と致死量がとても近いのが特徴。
ほろ酔い気分になる(人体に作用する)量の約4倍のアルコールを飲むと、死に至る恐れがあります。
「認可されている精神科の薬は、致死量が最低でも作用量の20倍以上あります」。
それくらいアルコールは危険なので、「消毒薬としては認可されているものの、内服薬や注射薬としては認可されていません」。

>そんなに危険とは思ってもみかったです。

酒の魅力とは何か。

一つはこのアルコールの薬理作用です。
少量の飲酒で、脳機能が軽度に低下し、鎮静効果が出て気分が安定して多幸感につつまれる。
ポーッと気持ちよくなった酔いの状態。

「アルコールほど切れのよい『薬』はありません」と垣渕さんは言います。
また、酒に付随する人間関係的な要素、例えばコミュニケーションが楽しくスムーズになる、商談や根回しが上手くいく、

嫌なことが発散できる、といった側面も、もう一つの魅力に数えられます。
こうした二つの魅力に影響を受け、人間は酒を飲むのが習慣となり、「酒好き」が誕生します。

>分かりますね!


そして、酒の量が増えていければ「大酒飲み」となり、飲酒問題が現れてきます。
飲酒に伴う問題は多岐にわたります。

健康(肝障害、糖尿病、けが、うつ病、認知症など)ばかりでなく、家庭(暴力、離婚)、職場(遅刻、欠勤、退職、失業)、経済(借金、貧困)などなど。

アルコール依存症は、アルコールのコントロール(制御)ができなくなった病気。
「やめようと思ってもやめられない」「いつも飲み過ぎてしまう」「お酒で問題が起こってもやめられない」といった状況に陥ります。

>まだ大丈夫です。


垣渕さんは、「『大酒飲み』と『依存症』の境界は、グレーゾーンが広い」と説明します。
「一線を越える」という表現がありますが、そのようなはっきりくっきりしたラインがあるわけではなく、気がついたら深刻な状態になっている。
話を聞いていて、そんなイメージを私は抱きました。

自分では大丈夫、と思っているのに、いつの間にか危険域に入ってしまっている……。ソレッテコワイヨ。
依存症と依存症以外がくっきりと分けられないのですから、依存症の人だけを治療の対象とするより、広く酒の飲み方をチェックして、リスクの高い飲み方をしている人に酒の量を減らすよう働きかけるなど、早期に予防的に対応することが、現在では重要視されているそうです。

>酒量を少なくする努力をしています。

そのための判定テストも開発されています。
WHO(世界保健機構)が開発したAUDITというテストで、私もやってみました。


結果は「有害飲酒」レベル。「現在の飲み方を続けると、健康や社会生活に影響が出る恐れがあります」と判定されてしまいました。
酒の量を減らすべし、と。
では、楽しさと健康維持を両立する酒量は、どれくらいなのか。男性の場合は1日のアルコール量20g以下が望ましく、せめて40g以下であれば病気になりにくい。
女性の場合、1日アルコール量10~15gが上手な飲み方で、せめて20g以下だと病気になりにくい、と垣渕さんは言います。

アルコール20gは、日本酒で1合、ビールだと500ミリリットルにあたります。

「酒は飲んだ分だけリスクが上がる。

リスクのない飲み方、というのはありません」と垣渕さん。飲んだとしても、この程度に収めなければならない目安と理解するべきでしょう。
なお、これはアウト、というハイリスクの酒量は、1日アルコール量60g以上。

日本酒で3合、ビールで1.5リットル、焼酎300㏄にあたります。
体に悪いだけでなく、社会的な問題も無視できなくなる量。
でも、酒飲みの感覚としては、ちょっと杯を重ねれば、簡単に手の届く量です。


飲む頻度はどうなのか。質問してみました。「休肝日を週に2日、できれば連続して設けてほしい」とのこと。
では、飲まない日を多くすれば、飲む日は少し多めに飲めるんでしょうか?と重ねて質問すると、少し苦笑されてしまいました。
よっぽどの酒好きと思われてしまったかも。

>休肝日を設けないと、現在は無しですから。

「それであれば、1週間に飲む量を10ドリンク(1ドリンクはアルコール量10g)として、1週間でやりくりする、という考え方もできます」。
大事なのは、結果として今より飲酒量を減らすこと。

自分なりにできることを考える必要がありそうです。

最近は、「減酒外来」を設ける医療機関もあり、全国で少しずつ増えているそう。また埼玉県の朝霞保健所では、2014年から毎年、減酒講座を開設しており、垣渕さんが講師を務めています。

飲み過ぎは健康をはじめ様々な問題を引き起こすことは知っていたつもりでしたが、講演を聞き、改めて、その危険度、酒との付
き合いは思っていた以上に注意深くしなくてはならないと認識しました。
私自身は、飲む日の量はこれ以上増やさないようにしつつ、飲まない日を増やしてみようと思っています。

>昔ほど無茶な飲み方はしなくなりました。

≫ 続きを読む

日本酒   2019/07/19  

角打ち 酒屋で升からぐいっと

こんにちはつよぽんです

酒飲みとしては気になる言葉です。

朝日新聞よりの転載です。

飲み屋街やグルメサイトで見かけることが増えた「角打ち」。
日本国語大辞典には九州の方言として「升にはいったままの酒を飲むこと」「酒屋で立ち飲みすること」とあります。
最近は立ち飲み居酒屋などにも使われていますが、「酒屋で」飲むことが本来の意味です。
読み方は「かくうち」。
酒屋の一角で飲むから、と筆者は思っていました。

>将棋が関係するのかと思いました。


語源に詳しい京都先端科学大学の丸田博之教授によると「角は『四角』。
隠語として升を指す。『かどうち』でないのは、升の『かど』ではなく升そのものから飲むからではないか」。
そして「『打ち』はなみなみと注がれた酒が波打つ様に似ているから。
更に将棋の角打ちをもじったのでは」と推察します。
なお東北では「もっきり」と言い、「盛り切り=升の中にグラスを入れ、そこにあふれるほど酒を注いで出すこと」から来ているそ
うです。

>写真は良い雰囲気の立ち飲みですね。

「酒屋の一角で飲む」については「そういう説もあるが、角打ちが『酒屋の片隅で』なされるようになって以降の『後付け』だろう」
(丸田教授)とのことでした。
昨年10年ぶりに改訂して第7版となった広辞苑。
初登場の言葉が約1万語あり、「角打ち」もその一つ。
岩波書店によると「モバイル版でこの言葉の検索数が第6版以前より約3倍になった」そうで、それも採用の後押しをしたようです。

愛好者グループ「北九州角打ち文化研究会」会長の吉田茂人さんは「気軽さ・親密さ・値頃感といった角打ちのイメージが共感を得
ている」と受け止め、広辞苑に収録されたことは「発信を続けてきた会として感慨深い」。


一方で「酒店は後継者難などで激減している。

角打ちの価値を新たな時代にも伝えていければ」とも語っています。

>酒屋さんも少なくなっていますね、寂しいですね。

≫ 続きを読む

日本酒   2019/07/09  

ワイン好む高齢者、認知機能高い? 研究者「量程々に」

こんにちはつよぽんです

朝日新聞に気になる記事を見つけました。

ワインを飲むお年寄りは飲まない人に比べて認知機能が高い可能性があるという研究結果を大阪大学の樺山舞助教(地域看護学)らがまとめた。
6日に仙台市で始まった日本老年医学会の学術集会で発表する。
2016~17年、東京と兵庫に住む76歳前後と86歳前後のお年寄り計1217人を対象に、飲酒習慣と認知機能などを調べた。
67人がワインを飲み、1150人は飲んでいなかった。

>飲むなら赤ワインを飲んだほうが良さそうですね。


記憶力や注意力をみる検査で認知機能を評価すると、ワインを飲む人の認知機能は有意に高かった。
一方、ビールや日本酒などワイン以外の6種の酒では、認知機能に有意差はみられなかった。
これまでの別の研究で、ワインを飲むと認知機能の低下を防ぐ効果が報告されている。
赤ワインに含まれるポリフェノールなどによる抗酸化作用が理由に考えられるという。

>ポリフェノールが良いのですね。


同大学院の共同研究者、赤木優也さんは「ワインを好む人は健康志向が強いという影響も考えられる。
ワインに認知症の予防効果があるとわかったわけではなく、さらなる研究が必要。
過度な飲酒は認知機能に悪影響なので量はほどほどに」と話す。
飲酒と認知機能の関係は世界中で調べられているが、酒の種類との関係や高齢者を対象にした研究は珍しいという。
また、種類に無関係にアルコールを飲む頻度と認知機能の関係を調べると、「週1日未満」または「週1~6日飲む」人は、「全く飲まない」人と比べて、認知機能が有意に高かった。

>大変良い情報でした!


全く飲まない人の認知機能は、飲酒による社会的交流がないことなどが影響している可能性があるという。

≫ 続きを読む

日本酒   2019/06/07  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話