スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 日本酒

「黒ビール」とは?

「黒ビール」とは?
こんにちはつよぽんです。
ビールですとこの黒ビールが好きですね。
自分でビールを2回作りましたが黒ビールは作らなかったです。
ネット情報を紹介します。

「黒ビール」とは、麦芽を焦がして醸造した濃い色のビールのこと。
日本では濃い色の麦芽を原料の一部に使用したビールを「黒ビール」と呼んでいます。
真っ黒な見た目がインパクトがある「黒ビール」ですが、その味の魅力はコクと風味の強さ。
じっくりとローストした麦芽を使っていることで、深みのある味わいが楽しめます。
通常のビールは、冷蔵庫でキンキンに冷やして喉越しとキレを楽しみますよね。
しかし、「黒ビール」で重視したいのは、コクと香り。
あえて少しぬるめの温度(13℃程度)にして飲むことで香りが際立ち、豊かな風味を感じられるのが「黒ビール」の魅力なのです。
ちなみに、通常のビールはアルコール度数が5%程度ですが、「黒ビール」は5%〜10%とやや高め。

いつも飲むビールと同じ感覚で飲んでいると、思った以上に酔いが回ってしまった! なんてこともあるでしょう。

>あえてぬるめで飲むのですね、今度やってみます。

 

「黒ビール」はなぜ黒い?
ではどうして、「黒ビール」は黒いのでしょうか? 
それは、ビールの原材料に理由があります。
ビールの主な原材料は「麦芽、ホップ、水、酵母」の4つ。
どれか一つでも欠けてしまうとビールは出来上がりません。
「黒ビール」が黒いのは、使用している「麦芽(モルト)」の色が黒いためです。
そもそも「麦芽」とは、大麦を発芽させて乾かした後、さらに80℃の熱風を送り込み焙燥させたものです。
このときの温度や乾燥時間で麦芽は2種類に分けられます。
1つ目が、80℃の低温でじっくり焙燥して作られる「ベールモルト」。文字の通りビールの基礎となる麦芽で、アルコールの素となります。
2つ目が、100℃以上の高温で焙燥する「スペシャルモルト」。
焦がして濃い色になったことから、ビールの色を変化させたり、味にコクや甘み、フレーバーをつけてくれますよ。
「黒ビール」が黒いのは、この「スペシャルモルト」の中でも濃い「ブラックモルト」や「チョコレートモルト」と呼ばれる麦芽を使っているからなのです。
ただし、たくさん使ってしまうと渋みが出てしまうので、焦げた麦芽の割合は全体の数%〜10%のみ。
ほんの少し加えるだけで、しっかりとビールを黒くしてくれるのです。

>麦芽を焦がして濃い色にしているのですね、コクが出ているような気がします。

「黒ビール」の種類
日本では、色が黒っぽいビールのことをまとめて「黒ビール」と呼ばれています。
しかし、実際には生産している国や原材料によって味わいが変わるので、「黒ビール」には大きく分けて4つの種類があるのです。
1:デュンケル
「デュンケル」は、ドイツ発祥のビアスタイル(種類)。

ミュンヘンで古くから作られているブラウン色のラガービールです。デュンケルとはドイツ語で「暗い」という意味で、「ダークビール」とも呼ばれます。
真っ黒になるギリギリまで焙煎していることから、麦芽の風味が強く、ホップの香りと苦味は控えめ。口当たりが軽く、すっきりとした味わいです。
2:シュバルツ
「シュバルツ」は、ドイツのバイエルン発祥とされる黒色のラガービール。
シュバルツはドイツ語で「黒」のことです。真っ黒に焙煎した麦芽には、ビターチョコレートやコーヒーのような香ばしさが感じられます。
色は真っ黒ですが、喉越しがよくすっきりとした味わいです。ちなみに日本の大手メーカーの「黒ビール」は、この「シュバルツ」が多いそう。
3:ポーター
「ポーター」は、イギリス発祥のエール系ビール。
「黒ビール」ならではの香ばしさとホップの苦味が味わえます。炭酸があまり強くなく、アルコール度数も比較的低いので、アルコールが苦手な方はこちらが飲みやすいかもしれません。
濃厚な味わいや、まったりとした口当たりが楽しめるビールです。
4:スタウト
「スタウト」は、アイルランド発祥のエール系ビール。
「黒ビール」らしい真っ黒な色合いと、ほろ苦さ、クリーミーな泡が楽しめます。「強い、どっしりとした」という意味の「スタウト」が由来で、アルコール度数が高く濃厚な味わいが魅力です。

>是非本場で黒ビールを飲みたいですね!

おすすめの「黒ビール」
もともとはあまり馴染みのなかった「黒ビール」ですが、近年スーパーなどで様々な種類を見かけるようになりました。
せっかくならお家でも気軽に楽しみたいですよね。

日本で定番の「黒ビール」をみていきましょう。
最後に「黒ビール」が黒い理由は、じっくりローストした麦芽に秘密があったんですね。
「黒ビール」は、通常のビールより炭酸が控えめで時間を気にせず飲めるのも魅力。
ゆっくりしたい日の夜に、「黒ビール」を飲みながら素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

>早速今晩は黒ビールですね。

≫ 続きを読む

日本酒   2022/05/12  

ビールから「数万の未知の分子」が見つかる!

こんにちはつよぽんです。
アルコール大好きの私にとっては興味があります。
ビールから未知の分子が見つかったというネットの話題です

現在化学では、まだまだ解明されていない事が多い事の裏付けとなるようです。
ビール大好きですが、よく分かっていないものを口にしているという事か。

以下引用
ビールは昔から多くの人々に愛されてきました。
特にドイツはビールの本場として知られており、その愛情の深さはかなりのものです。
そして最近、ドイツ・ミュンヘン工科大学(TUM)に所属する分析化学者フィリップ・シュミット・コップリン氏ら研究チームは、467種類のビールを高度な質量分析技術により解析。
これにより発見された数万の分子は、化学データベースに記載されていない「未知の分子」でした。研究の詳細は、7月20日付の科学誌『Frontiers in Chemistry』に掲載されています。

>私も自作ビールを十年ほど前に作りました。

市販のビールとは違いましたがなかなかの味でした。

■高度な質量分析技術により467種類のビールを分析
ビールの主な原料は、水、麦芽、ホップ、酵母の4つです。
しかし麦芽やホップ、酵母には数多くの種類が存在するため、その組み合わせによって生まれるビールの特徴は大きく異なります。
また風味や味わいを調整するための副原料(トウモロコシ、米、カラメルなど)が用いられることもあり、ビールの種類はさらに広がっていきます。
加えて発酵の仕方によっても種類が枝分かれするため、ビールの世界は本当に奥深いものだと言えるでしょう。

そしてこれらのビールを化学的に分析すると、その複雑さが一層際立ちます。
実際、シュミット・コップリン氏は、「ビールは非常に複雑な化学物質の一例です」と述べました。

今回研究チームは、「直接注入フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析計(DI-FTICR MS)」と「超高性能液体クロマトグラフィー四重極飛行時間型質量分析(UPLC-ToF-MS)」という2つの強力な質量分析技術を利用してビールを化学的に分析しています。
これによってアメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、東アジアで醸造された467種類のビールを分子レベルで解明したのです。

>上の写真のように本場でビールを飲みたいですね!

分析の結果、ビールから脂質、ペプチド、ヌクレオチド、フェノール類、有機酸、リン酸、炭水化物など、固有の質量と化学式をもつ約7700個のイオンが見つかりました。
しかもそのうち約80%は化学データベースに記載されていない未知のものだったのです。
そして1つの化合物には、最大25種もの分子構造の並び替えが含まれている場合があったそう。
つまり「数万種類の未知の分子を発見した」とも言えるのです。
研究チームも、「この研究では、数万種類のユニークな分子を含む、ビール全体の膨大な化学的多様性が明らかになりました」と述べています。
さらに、「分子の多様性は原料、加工、発酵に由来する」と付け加えており、アミノ酸と糖による「メイラード反応」によっても増幅されるとのこと。
このメイラード反応とは、肉を焼いたときの褐変やトーストやごはんのお焦げを形成するものであり、ビールの色や風味にも影響を与えます。

つまりビールの色や風味の違いは、これまで詳しく知られていなかった多種多様な分子によって生じていたのです。
今回の研究は、ビールの奥深さを明らかにするとともに、食品における「分子の複雑な反応の重要性」に焦点を当てるものとなりました。
今晩、食事とビールを楽しむのであれば、その背後にある膨大で複雑な分子を意識しながら味わってみてはいかがでしょうか。

≫ 続きを読む

日本酒   2022/04/11  

飲酒会食2週間で2回以上、リスク5倍 国立感染研「暫定的な解析」 本当でしょうか?

こんにちはつよぽんです。
こんな話題が新聞に出ていました。

また都内で緊急事態宣言が出て飲酒の禁止も含まれそうです。
飲酒を禁止させるための根拠記事ですが本当にそうなのでしょうか?

上記のポスターは堀江氏が外部講師を務めるオンラインサロン堀江政経塾が作成たものです。
趣旨に賛同した飲食店に店頭に掲示するように促しているそうです。

記事より

国立感染症研究所は、飲酒をする会食を2週間以内に2回以上した場合、会食を0~1回する場合よりも、5倍近く新型コロナウイルスに感染しやす
くなるという調査結果をまとめた。
飲酒を伴う会食は、感染のリスクが高いということを改めて確認した。

>飲食店より家庭での感染が多いとネットでは言われています。

都内2医療機関の発熱外来を訪れ、検査をした284人にアンケートをして調べた。
解析結果では、過去2週間以内に「飲酒のある3人以上の会食2回以上」は「3人以上の会食0回~1回」よりも4.94倍感染しやすかった。
逆に、1人での外食やテイクアウトでは、2回以上でも感染しやすさは増えなかった。
「換気の悪い場所にいた」「大人数や長時間の飲食をした」人は感染しやすい傾向があることもわかった。
今回の調査はサンプル数が少なく、「暫定的な解析結果」としている。

>急いで出しているという感じですね。

感染研の鈴木基・感染症疫学センター長は会見で「以前からリスク因子とされた会食について、中でも飲酒を伴う方が感染リスクが高いと確認された」と話している。

 

≫ 続きを読む

日本酒   2021/07/13  

日本酒と清酒の違いをあなたは知っていますか?

こんにちはつよぽんです。

こんな記事をネットで見つけました。

.飲むなら清酒を飲みたいですね、三増酒ではなく。
三増酒とは、第二次世界大戦後の米不足の際に導入された清酒に類似した酒の一種、増醸酒の通称のことである。

■清酒とは日本酒のジャンルのひとつ、清酒がよりおいしく飲めるかも!
日本酒と清酒とはどうちがうのか、まずは辞書を引いてみましょう。
日本酒の項目を見ると「日本古来の酒。清酒、合成酒、みりんなど」と説明されています。
一方、清酒は「水と米を原料にした、濁っていない酒」とのこと。
つまり日本酒は、清酒やみりんなどを含めたお酒の総称であり、清酒はその一種ということになります。

>ドイツにおけるビールの定義のように日本酒も米と麹で作られることで使って欲しいですね。
 日本酒(にほんしゅ)、または和酒(わしゅ)は、通常は米(主に酒米)と麹と水を主な原料とする清酒(せいしゅ)を指す。
 和酒というのも良いですね!

一方、日本の酒税法における定義では、清酒とは「必ず米を使い、“こす”工程がある酒」とされています。
また、国税庁では、日本酒の海外展開とブランド価値の向上を念頭に、2015年に「地理的表示における日本酒」の定義を指定しています。
それによると、日本酒とは「原材米に国内産米のみを使い、かつ、日本国内で製造された清酒」となっています。
つまり、外国産米を使ったものや、海外で造られたものは、「日本酒」ではないということです。
法律や基準によって少し定義が異なるので、注意が必要です。

日本酒における清酒の種類をおさらい
日本酒と清酒、それぞれの定義がわかったところで、次は清酒の種類について詳しくみていきましょう。
1989年に制定された「清酒の製法品質表示基準」では、造り方によって次の9種類に分類されています。
このうち、「一般酒(または普通酒)」以外の8種類を、まとめて「特定名称酒」と呼んでいます。

・精米歩合70%以上:一般酒(または普通酒)
・精米歩合70%以下、醸造アルコールを添加:本醸造酒
・精米歩合60%以下、醸造アルコールを添加:特別本醸造酒
・精米歩合の規定なし、醸造アルコール添加なし:純米酒
・精米歩合60%以下、醸造アルコール添加なし:特別純米酒
・精米歩合60%以下、若干の醸造アルコールを添加:吟醸酒
・精米歩合60%以下、醸造アルコール添加なし:純米吟醸酒
・精米歩合50%以下、若干の醸造アルコールを添加:大吟醸酒
・精米歩合50%以下、醸造アルコール添加なし:純米大吟醸酒

精米歩合とは、原料の米をどれだけ削り、使用する部分が何%残っているかを示す値です。
米の中心まで削っていくほど、香りがよい、雑味の少ない清酒になりますが、その分使う米は小さくなります。

また、醸造アルコールとは、でんぷんや糖類を原料とするアルコールのことです。
かつては防腐剤として用いられていましたが、現在は、香味の劣化を抑え、あと味をすっきり整える目的で少量添加されます。
米を削る割合は、一般酒、本醸造酒/純米酒、吟醸酒、大吟醸酒の順で高くなります(精米歩合の数字は小さくなります)。

また、種類名の最初に「純米」がつくものは、醸造アルコールを含んでいません。
清酒の種類別の特徴をすべて覚えるのはたいへんですが、この2つのポイントを押さえておけば、おおまかなちがいを理解できます。

>以前は「日本酒級別制度」による特級・1級・2級と分かれていました、税金の種類で美味しさではなかったようです。

日本酒の代表格、清酒のおいしい飲み方

日本酒と清酒の定義や種類を把握したら、最後は清酒のおいしい飲み方を紹介しましょう。
清酒が、ワインやビールなど、ほかのアルコール飲料と大きく異なるのは、さまざまな温度でたのしめること。
ここでは、温度別におすすめの清酒タイプを紹介していきます。
【冷酒(10度以下)】
吟醸酒などの特定名称酒や、スパークリングタイプの清酒、生酒やにごり酒などは、10度以下の冷酒で飲むのがおすすめ。キリッとした冷たさと、華やかな香りをたのしめます。
お酒は飲むまで冷蔵庫でしっかり冷やし、酒器やグラスも冷たくしておくとベストです。

【冷や(15度~20度くらい)】
日本酒を常温で飲むことを「冷や」と呼びますが、冷酒と混同しやすいので注意しましょう。
冷やでおすすめなのは、本醸造酒や純米酒。口に含むと適度にひんやりとした口当たりで、酒本来の香りと味わいを堪能できます。

【燗酒(日向燗:30度前後〜飛びきり燗:55度前後)】
燗に適しているのは熟成された清酒。普通酒や本醸造酒、香りの少ない純米酒や「ひやおろし」などが適していて、温めることで特有の旨味を味わえます。とくに「生酛」や「山廃」と書かれているものはお燗に向くとされています。

日本酒と清酒のちがいと、清酒の種類や温度別の飲み方について説明しました。

銘柄によっては、異なる温度で味の変化をたのしむものも。飲み慣れた種類の清酒でも、温度や酒器を変えて飲んでみれば、また新しい出会いや発見があることでしょう。

>今の季節は熱燗ですね!

 銘柄を見て清酒を飲まないと悪酔いしますね。

 

≫ 続きを読む

日本酒   2021/02/08  

10月1日は「日本酒の日」─ その由来は?

こんにちはつよぽんです。
10月1日は日本酒の日なのですね。

由来は

昭和39年度まで、日本酒業界の年明けは10月と定められていました。 
これは「酒造年度」と呼ばれ、現在では7月が年明けとなっていますが、昔ながらの酒造年度の年明けである10月1日が由来であるとされています。
 10月といえば「実りの秋」。 
秋には新米の収穫も開始され、酒蔵もその年の日本酒造りにとりかかる時期でもあります。


もうひとつの理由には、十二支が関連しています。
それぞれの干支は各月にも当てはめられており、10月は「酉」。
この「酉」という漢字は、もともと酒壺や酒そのものを意味しているのだとか。
以上の理由から、10月1日が「日本酒の日」として制定されたようです。

>干支も関係していたのですね。

日本酒造組合中央会のホームページには、以下のような文章があります。
日本の國酒である日本酒を後世に伝えるという思いを新たにするとともに、一層の愛情とご理解をという願いを込めて、1978年に日本酒造組合中央会が「10月1日は日本酒の日」と定めました。 


「乾杯」には、神様の前で人々が心をひとつにする願いが込められています。
伝統を重んじる日本人だからこそ、乾杯は日本酒で!!

>乾杯にこんな意味が有るとは初めて知りました。

「日本酒の日」がある秋にこそ、ぜひ味わいたい日本酒は、「ひやおろし」です。
「ひやおろし」とは、冬から春に搾った新酒に火入れ(加熱殺菌)を行い、夏の間に貯蔵・熟成させ、外の気温が貯蔵庫の中と同じくらいに下がってきた秋に、生詰めで出荷するというもの。
通常の日本酒は、貯蔵する前と出荷の前にそれぞれ火入れを行いますが、「ひやおろし」は貯蔵前の1度しか行いません。
出荷前には火入れを行わず、「冷や」のまま「卸す」ことから、「ひやおろし」と呼ばれています。
秋のお酒としては「秋あがり」という言葉もよく聞きますが、「秋あがり」は「ひやおろし」を含め、夏に熟成され、おいしく仕上がった日本酒全般のことを指します。

>ひやおろしで乾杯が良いようですね。

≫ 続きを読む

日本酒   2020/10/01  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話