スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 電磁波過敏症

電磁波は日本のメディアで“タブー扱い”されている?

こんにちはつよぽんです
電磁波に関してきになる記事が「るいネット」に出てました。
転載します。

左の画像は朝日新聞で「電磁波過敏症」で検索したものです。

余りありませんね。


「電磁波」の人体への有害性については、メディアでもほとんど取り扱われなくなっている。
一方、海外では携帯電話やスマートフォンの爆発的普及に伴い、メディア等による警鐘はむしろ増えている。
日本のメディアの“忖度”は、国民に何をもたらすのであろうか。

◇電磁波問題とマスコミ (2)「電磁波」 は日本のマスコミのタブーか?リンク
<ザウルスでござる>より
////////↓↓転載開始↓↓////////
わたしはどこの国の新聞も丸ごと信用することはなく、朝日新聞も一種の宗教新聞だと思っているが、2000年代初頭にはまだ朝日新聞にはスゴい奴がいたものだと敬服せざるを得ない。
何をつまらないことを感心しているのだと思う輩(やから)がいるかもしれない。
今から15年以上年前の当時の状況を想像して頂きたい。当時は携帯電話の契約数が固定電話の契約数を超えた頃である。
上掲の2つの記事が問題にしている電磁波はまだもっぱら送電線の低周波の電磁波だけである。
であるので、まずはマスコミ界の大手スポンサーである東電をはじめとした電力会社がこの朝日の記事を問題にしたに違いない。
「朝日は何を考えているんだ、まったく!」 と。
誤解のないようにお願いしたいが、送電線の低周波も、ケータイ、スマホ、WiFi の高周波(マイクロ波) も、どちらも人体に非常に有害な電磁波である。

当時、ケータイ電話利用者は増える一方であり、ケータイ電話会社や通信事業者にとっても上掲の 「電磁波問題」 の記事は非常に目ざわりであったに違いない。
けっきょく、2002年、2003年の上掲の2つの記事以降、「電磁波問題」 の記事はマスコミからパッタリ出なくなってしまう。
朝日に限らず、マスコミ界全体に “おふれ” が出た可能性がある。
これには広告代理店が暗躍したはずだ。

>での付くとこですか?

そうしてジャーナリストたちやテレビ業界人たちは皆 “忖度” を覚えたのである。
全世界的な携帯電話の急激な普及、携帯基地局の増加、スマホの爆発的人気に伴って、海外のマスコミでは 「電磁波問題」 は益々大きく取り上げられている。
一方、日本のマスコミではこの15年間そういった記事がほぼ皆無なのは、まったく異常としか言いようがない。
実際、携帯基地局建設反対運動が全国津々浦々で起きているのにテレビや大手マスコミは報道しようとしない。
電磁波過敏症に苦しむ人たちが増えているのに、テレビや大手マスコミは報道しようとしない。
電磁波と自閉症、脳腫瘍、うつ病、自殺、との関連が疑われているのに、テレビや大手マスコミは報道しようとしない。
電磁波が目に見えないのと同じように、日本のジャーナリストたちは 「電磁波問題」 というものもまるで存在しないかのように目をそらしてきたようだ。
そして、それは今でも続いている。

中国共産党の一党独裁の中国や金王朝支配の北朝鮮が、自国の国民向けのニュースや言論を検閲し、言論統制しているのは当然だとふつうの日本人は思っている。
しかし、自分の国でも同じように大規模で組織的な言論統制、検閲、隠蔽が行われているとは思ってもみないのだ。
たしかに、日本では政府が直接言論統制をするのではなく、代わりに大手広告代理店がマスコミをすべて統括して万事周到に遺漏の無いように言論統制しているはずだ。駆け出しの記者が 「電磁波問題」 の記事を書けば、そばから芽を摘まれているのである。


そもそも、なぜ隠蔽してしまうのだろうか?「電磁波問題」 じたいを覆い隠すのではなく、新聞、テレビ、週刊誌といったメディアにおいて大いに論議すればよいではないか。電磁波有害説があってもいいだろうし、無害説があってもいいではないか。
実際、アメリカのメディアでは同じ 「電磁波問題」 でも、もっぱら無害説を唱える記事だってあるのだ。

~中略~

さて、以上アメリカの例を見てきたが、他の先進諸国も似たようなものである。
日本だけが特別なのである。

例外なのである。はっきり言って、異常 なのである。
国民の大多数がケータイやスマホを使っていれば、その電磁波の危険性についてどこの国の国民も関心を持っているものだ。
そして、ふつうの先進諸国ではテレビや新聞や週刊誌でも、とうぜん話題になっているのだ。
日本はどうか?日本では闇の言論統制によってマスコミでは話題にすることすら禁じられている。


「食べてはいけない国産食品」 の見出しは目にしても、「電磁波」 の3文字を電車の中吊り広告で目にすることはない。
しかし、一般大衆は自分の生命や健康に関わる重要な話題を奪われていることにも気づかないのだ。それほどまでに染脳され、管理された、家畜化されているのだ。


広告代理店がもう15年以上裏で暗躍して 「寝た子を起こさない」 ようにしているのだ。
多くの日本人は毎日スマホを使い倒しながら、そのスマホの危険性について考えることを禁じられている。そして禁じられていることも気づかない。
「原発事故の可能性、危険性」 も日本では長らく封印され、“思考禁止” になっていたが、3.11でやっと目覚めたひともいたもの。しかし、当時一旦は目覚めた人々のほとんどは、懲りずにまたスヤスヤ眠りこんでいる。


電磁波源としては特に大きい “スマートメーター” も、その話題はおろか、その文字列すらもテレビ、新聞、週刊誌に出ないように周到に言論統制されている。

「スマートメーターって何だ?」 と調べた時にはもう手遅れだったということが現に頻繁に起きている。あなたの家は大丈夫か?
意図的にある情報を隠蔽することは、騙していることと同じである。ウソをつくのと同じである。
日本人には何度でも騙されるという悲しい習性があるようだ。
日本では 「電磁波問題」 に関しては15年以上言論統制が続いている。「電磁波」 というたった3文字のマスコミ表出すら禁じられる。
////////↑↑転載終了↑↑////////

>「化学物質過敏症」も認められるのに時間が掛かりました「電磁波過敏症」もいずれ認められるのでしょうがそのころはもう遅いのですね。

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2018/12/31  

電子キー異変、横須賀や那覇でも 専門家「米軍施設が影響の可能性」 佐世保では200件超のトラブル

こんにちはつよぽんです
どれだけ電波が飛び交っているのでしょうか?
人間の体は微弱な電気信号で動いています、影響がないと良いのですが。
新聞の記事から


長崎県佐世保市で5月下旬に相次いだ自動車の電子キーの不具合問題を巡り、米軍施設のある神奈川県横須賀市や那覇市でも過去に同様のトラブルがあったことが「あなたの特命取材班」の取材で分かった。
米軍は基地施設と佐世保での不具合との関連を否定しているが、専門家は「米軍の設備が影響している可能性が高い」と指摘する。

佐世保市では5月24日ごろから28日までの間、市中心部で車のドア開閉やエンジン始動が可能な電子キーが反応しないトラブルが相次いで発生。
市内の車販売会社に少なくとも200件以上の相談があった。
その後の取材で横須賀市でも複数メーカーの販売店に同様の相談があったことが判明。


トヨタ系の販売店では4月中旬、基地周辺のショッピングモールで電子キーが反応しないというトラブルが10件以上寄せられた。
店員は「空母や潜水艦の影響があるのではないか。出港後は相談が来なくなる」。

>軍艦のレーダー等が影響しているのでしょうか?


別の販売店は「最近は電子キーの品質が向上してあまり聞かなくなったが、十数年前は空母が入港すると、よくトラブルが起きていた」と証言する。
米軍基地が集中する沖縄ではどうか。無線従事者の免許を持ち、那覇市の通信会社に勤める60代男性は「過去にも米軍艦が来港すると、電子キーが反応しなくなることがあった。

無線受信機でも電波を確認しており、米軍の影響ではないか」とみる

東京都市大の岡野好伸教授(情報工学)は「無線は傍受されないよう周波数をランダムに変えながら交信するのが普通」とした上で「電子キーの周波数帯と、米軍が交信に用いる周波数帯は近いとされ、重なった場合はキーが動作しない可能性が高い」と説明する。

交信用の電波は電子キーのものより非常に強いため、紛れてしまうという。

電波法で無線の利用は厳しく規制されているが、日米地位協定により、米軍の無線局は法規定から除外されている。
一方、電子キーは無線利用の世界ではいわば“新参者”。
「米軍の利用は長年続いており、影響が出ているからといって単純に悪者扱いすることはできない」。

>日本は属国ですから何をされても文句が言えないですね。

取材班には、コインパーキングでも不具合のトラブルが発生したという情報が寄せられた。
岡野教授によると、入出庫を管理するセンサーなどからの電波が影響した可能性があるといい、「電子キーと同じ周波数帯を使えば、影響が出ることはあり得る」と語った。

1990年代から本格的に導入が進んだ電子キー。
近年は車の鍵としてスマートフォンを活用する技術開発も進んでいる。

WHOファクトシート№296「電磁過敏症」(日本語訳)PDFファイルダウンロード


岡野教授は「スマホの周波数帯は大きく異なり、同様のトラブルは考えにくい。

いずれこうした障害も過去の“伝説”になるだろう」との見方を示した。

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2018/07/27  

オールアース住宅紹介動画

こんにちはつよぽんです
何年か前に㈱レジナが当社用に作成してくれた動画です。

動画を見ていただくと内容が分かります。

オールアース住宅 嘉藤建築設計事務所版動画 音量に注意してください。

 詳しい資料ありますのでお問い合わせください。

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2018/05/29  

スマートメーターで花粉症患者が増大する!

スマートメーターで花粉症患者が増大する!!電磁波で松果体を制御して免疫低下
こんにちはつよぽんです
ネットを見ていたら気になる記事が有りました。

恵方巻
昨日は節分でしたが、恵方巻きは食べましたか?

我が家もセブンイレブンの策略にはまってしまいました。

ウィキペディア 恵方巻より

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E6%96%B9%E5%B7%BB

 

電磁波が花粉症を悪化させるのではという記事です。

スマートグリッドで大手製薬会社もボロ儲けか?

また「電磁波が花粉症の結膜炎症状を悪化させる可能性がある」との北里大学医学部教室のモルモットを使った実験結果があります。

あらかじめスギ花粉にたいする抗体モルモットに注射して、スギ花粉症にしておき、このモルモットの巣箱を19型のテレビを40cm離して向かい合わせた間におきます。

一定時間スイッチを入れて、モルモットに電磁波を当てたあとスギ花粉を点眼。

すぐあらわれるアレルギー性結膜炎の反応を調べると、テレビを長い間つけたほど結膜炎も重くなることがわかりました。

 

>電磁波もアレルギー発症のかくれた引き金でしょうか。

 

電磁波過敏症は化学物質過敏症と並んで患者の数が増大しており、両方に罹患するケースも多くなっています。

 

>まだ電磁波過敏症は一般的ではないですが、これだけ携帯電話が多くなると影響が出るでしょう。

 

これは電磁波によるカルシウム イオン流出や脳中心部の松果体(別名 磁気器官)からの分泌ホルモンの抑制による免疫機能の低下でアレルギー状態になりやすいことが原因ではないかと考えられています。

また最近の研究報告では、携帯電話から発生する微弱なマイクロ波が血液-脳関門を損傷する可能性があり、血液-脳関門を通して漏れる化学物質が大脳皮質内、海馬、大脳基底神経節などの神経細胞(ニューロン)に損傷を与えることを示しています。

 

更に超低周波電磁波と特定の有害化学物質との組み合わせが脳腫瘍(神経膠腫)のリスクを相乗的に増加させるという新しい研究も報告されています。

 

超低周波電磁波と溶剤で複合的リスクは50%以上、除草剤と殺虫剤でおよそ2倍、鉛で4倍近い増加をみせています。

 

>まさに複合汚染でしょうか。

 

このように高周波も低周波も共に脳機能に損傷を与えることが報告されています。

 

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2014/02/14  

新しいオールアースのカタログが出来ました!

新しいオールアースのカタログが来ました。
こんにちはつよぽんです
新しいオールアースのカタログが来ました。

読んで見たい方にはお送りします。

新しいオールアースのカタログが出来ました!   その1

体に集まる電磁波とは?
アースとは何ですか?
具体的な施工事例
お客様のインタビューまで

説明しています。

新しいオールアースのカタログが出来ました!   その2


一部です。

新しいオールアースのカタログが出来ました!  その3

漫画家の小林貴恵さんがオールアース生活を始めたいきさつを漫画にしています。

新しいオールアースのカタログが出来ました!  その4

読んで見たい方は是非資料請求をしてください。

 

 

≫ 続きを読む

電磁波過敏症   2013/07/17  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話