スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 化学物質

S2Aさんの無添加住宅見学会(4)

S2Aさん無添加住宅見学の外構編です
こんにちはつよぽんです
雨が降ったり不安定な天気でしたね。
皆さんの所はいかがでしたか?

S2Aさんの無添加住宅見学会(4) その1

朝の散歩の途中に見つけたアジサイ、まだ満開ではないですね

S2Aさん無添加住宅見学の外構編です


S2Aさんの無添加住宅見学会(4) その2


ベンガラと柿渋で塗った木製の塀です。

春日八郎の「お富みさんの」歌に出てきそうな現代版黒塀です。(古すぎて分からない方はこちらのYOUTUBEで聞いてください)
お富さんの歌
http://www.youtube.com/watch?v=jeEee05zn-s

見学をした代理店さんと無添加の営業マンのやりとりから、焼酎を入れたらよいとか豆乳が良いとか化学物質を排除するための工夫凄いですね。
私も見習いたいと思う一コマでした。


S2Aさんの無添加住宅見学会(4) その3


横浜無添加平沼橋展示場の外構に掲げられた絵の元はS2Aのこの絵だそうです。
絵も良いですが書かれた内容が良く無添加の建材を理解されています。


S2Aさんの無添加住宅見学会(4) その4


中庭の埋め込み照明と展示場のスリッパもオリジナルですね
デッキの床には私も使っている「ウッド・ロングエコ」を塗っていると言っていました。


S2Aさんの無添加住宅見学会(4) その5


展示場に隣接した農園では万田酵母を使って作物を育てているそうです、体験宿泊の時はこの農園の野菜が出るのでしょうか。

勉強が足りないですね、この酵母は初耳でした。

S2AさんHP
http://www.s2anzai.co.jp/

 

≫ 続きを読む

化学物質   2010/06/09  

S2Aさんの無添加住宅見学会(3)

そのうち一部屋が(1)で紹介した「シックハウスル-ム」(私の独断と偏見で)
本当かどうか、この差を感じたい方は是非、展示場においでください .

こんにちはつよぽんです

S2Aさんの無添加住宅見学2階編です。

S2Aさんの無添加住宅見学会(3) その1


2階は部屋が3室ありました。

そのうち一部屋が(1)で紹介した「シックハウスル-ム」(私の独断と偏見で)
本当かどうか、この差を感じたい方は是非、展示場においでください .

S2AさんのHP
http://www.s2anzai.co.jp/

 

S2Aさんの無添加住宅見学会(3) その2


デザインでは有りません漆喰の燃焼実験をした跡です。
漆喰は燃えません、昔のお城や蔵の外壁を見てください、漆喰は火に強いのです。
当然有毒ガスを発生しません。

この状態のでも補修すると目立たなくなります、また落書きをされても補修用の漆喰(スサなどが入っていないもの)やサンドペパーで表面を削り取ると目立たなくなります。

詳しくは漆喰の話(1)~(6)をご覧ください。
http://www.katohome.com/blog/building_material/19.htm
http://www.katohome.com/blog/building_material/20.html
http://www.katohome.com/blog/building_material/70.html
http://www.katohome.com/blog/building_material/82.html
http://www.katohome.com/blog/building_material/86.html
http://www.katohome.com/blog/building_material/95.html


S2Aさんの無添加住宅見学会(3) その3


廊下に埋め込まれた照明です、滑走路の誘導灯みたいですね、夜の寝ぼけた体をトイレまで誘導してくれるでしょう。

S2Aさんの無添加住宅見学会(3) その4


屋根の勾配と同じ天井に設けられた間接明です、私も是非試してみたいと思いました。

S2Aさんの無添加住宅見学会(3) その5


柿渋を塗った床材、書いている字体が良いですね。

S2AさんのHP
http://www.s2anzai.co.jp/

 

 

≫ 続きを読む

化学物質   2010/06/08  

S2Aさんの無添加住宅見学会(2)

エス・ツー・アンザイさんの無添加住宅見学 1階編です。
こんにちはつよぽんです
窓を開けるだけでは涼しくならないですね、たまらず扇風機を回しました。

エス・ツー・アンザイさんの無添加住宅見学 1階編です。

プランも玄関を入ると、玄関ホールに上がる動線と、そのまま同じタイルでLDKの南側に進む動線が有ります。
一段上がった居間の南側床の一部にも同じタイルを張っていました。

S2Aさんの無添加住宅見学会(2) その1

土間はタイルで居間の床はフロアーという固定概念を打ち破っています。

和室の吊り押入の地窓には押入上部に照明が埋め込まれていて、通常は吊り押入の位置でタタミと縁を切るのですが、タタミが吊り押入の半分ぐらいまで入り込んでいました。

S2Aさんの無添加住宅見学会(2) その2

障子側はサンゴを敷いて置かれていた小物が凄く良いです。

玄関脇の漆喰に書かれている説明文です、この文体も絵手紙の先生の字体だそうです。

S2Aさんの無添加住宅見学会(2) その3

浴室のコーラルストーンの壁にも間接照明がついていました。
居間の天井の間接照明です、ここ以外にも廊下やキッチン収納などたくさんありました。

季節で中身が変わる居間のペンダントライトです。


S2Aさんの無添加住宅見学会(2) その4

こちらの展示場ご覧なりたい方はこちらへ問い合わせください。

S2AさんのHP
http://www.s2anzai.co.jp/

無添加住宅バージョンだけでなくご覧になれますよ!

 

 

≫ 続きを読む

化学物質   2010/06/07  

化学物質子供への影響調査

日常生活で接触する微量な化学物質が子供の心身に与える影響を調べるため、環境省は今年度から10万人の子供を対象に全国調査を始めるようです。
こんにちはつよぽんです

朝日新聞によると、日常生活で接触する微量な化学物質が子供の心身に与える影響を調べるため、環境省は今年度から10万人の子供を対象に全国調査を始めるようです。

胎児期から13歳まで追跡し、アトピーやぜんそくなどの子供が増えている背景や、化学物質との関連を探るそうです。

調査は大学や医療機関が18都道府県の約100市町村で実施されるようです。
来年1月以降の3年間に、産科などで妊婦10万人に協力を呼びかけ、その後に生まれた約10万人0人の子供の健康状態を半年ごとに調査する

へその緒の一部や母乳、血液などを調べ、子供がさらされている化学物質の種類や量を調べるそうです。
環境省によると、ぜんそくの小学生はこの20年間で3倍に増えているそうです。

このほか、女児が生まれる割合が増えたり、出生時の平均体重が低下したりしているようです。
同じような傾向は米国やノルウェー、韓国などでも報告されている。

調査では「胎児・幼少期に化学物質にさらされることが、アレルギー疾患の原因になる」などの仮説を立てて、化学物質の影響について検討をするそうです。

少し国の動きが遅いような気がしますね、胎児の汚染に関しては森先生が書かれた「胎児の複合汚染」に詳しく書かれています。

≫ 続きを読む

化学物質   2010/05/09  

映画「ハプニング」

物語は冒頭にミツバチが死骸も残さず減少している・・・・
こんにちはつよぽんです

先日「ハプニング」という映画をWOWOWで見ました。
物語は冒頭にミツバチが死骸も残さず減少している・・・・

今、我々にも実際に起こっています、農薬のネオニコチノイドが原因だという説もありますね。

主人公は植物の出す物質が人間を自殺させるのではないかという想像、原因は最後まで不明でした。
「シックスセンス」のM・ナイト・シャラマンという人が監督でした。

地球から見ると人類は緑を無くし、開発をして環境を破壊する害虫なのかもしてないですね。
なんて思ってしまいました。

植物が物質をだすなんて、船瀬さんが言っていた「キトサン」と同じでは無いかと思います。
「キトサン」はカニやエビの殻、昆虫の外殻などに含まれる動物性の食物繊維のキチンという物質から抽出
される生物資源(バイオマス)です。

以下は船瀬さんの講演より

キトサンを散布すると植物は“虫が来た”と勘違いして、虫の足(キチン質)を溶かす分解酵素キチナーゼを分泌。その忌避物質のため害虫は近寄らなくなる。
病原菌も同様。またキトサンを土壌散布すると、“善玉”放線菌がそれをエサに繁殖。土壌は肥沃となる。
つまり農薬も化学肥料も不要となる。

緑が人間の忌避物質を放出したのでしょうか?

映画は3ヶ月後また人が同じように死ぬところで終わっていました。

≫ 続きを読む

化学物質   2009/10/13  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話