スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > その他 > 「朝4時はマジックタイム」~4時起き生活、6つのメリットとは?

「朝4時はマジックタイム」~4時起き生活、6つのメリットとは?

こんにちはつよぽんです。
私は朝4時には起きる生活を東京に来てからおくっています。
高校を卒業をして東京に朝日新聞の奨学生で勉強しに来たので、その時から早起きして新聞を配っていました。
その後はお酒が好きだったので夜は酔っていることが多かったので早朝の方が勉強も仕事もはかどりました。
朝の4時には絶対電話来ないですから、思考が途切れないのが良いですね。

早起きの効用の記事を見つけました。

『ウォール・ストリート・ジャーナル』に、朝4時は1日の中で最も生産的な時間帯という記事があった。
実際に数々の著名人が早起きで集中できる環境を作っており、このマジックタイムを活かしているという。

 

4時起き生活を1週間続けてみた! 「6つのメリット」とは
朝4時はマジックタイムと言われてるみたい。

1.早起きは気持ちよく感じる
4時に起きるとすがすがしい気分になれる。「朝から自分のためになることをした」というポジティブな気持ちが1日中続くだろう。
実験中は自分にやさしくなれたし、反射的な反応が少なくなくなり、いつもより機嫌が良くなったみたい。
老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。

>目覚まし時計は掛けないですが、だいたい同じ時間に起きます。

2.朝4時がマジックタイムというのは本当
早朝は本当にすてきな時間。
ベッドでダラダラした日もあれば、ベランダやパソコンの前でコーヒーを飲むこともできる。
日の出より早く起きると、得をした気分になるのでは? 誰も知らない秘密の場所を見つけたときや、思わぬところから宝物を発掘したときみたいに。
空は暗くて幻想的だろう。驚くほど静かで、空気さえシンとしている。
大急ぎでやるべきことも、行くべきところも、切迫感もない。そこにあるのは、未来を明るく照らしてくれるボーナスタイムだけという。

3.1人の時間が十分とれる
早朝の1人の時間は誰にも絶対に邪魔されない。
集中したい仕事がはかどりそう。静かな朝を過ごすことで、日中の忙しさもうまく対処できるようになるかも。

>来客や電話に邪魔されないですね。

4.仕事がはかどる
SNSの通知音や電話の着信音が1日中鳴っていると、仕事が全然はかどらないだろう。
早起きすることの最大のメリットは、障害が減る一方で意志の力が強くなるみたい。

米スターバックス前社長のミッシェル・ガースは4時半に、アップルCEOのティム・クックは3時45分に、俳優のマーク・ウォールバーグは4時10分に目覚ましをかけるという。

5.クリエイティブになった
アイルランド出身の小説家で劇作家のエドナ・オブライエンが早朝に仕事をしたのは、「無意識、つまりインスピレーションの源に近い時間帯だから」。
フランスの作家、アナイス・ニンは早朝に傑作を生み出し、アメリカの小説家、カート・ヴォネガットとトニ・モリスンも夜明け前に筆を走らせたという。やるべきことを早朝に終わらせれば、残りの時間をクリエイティブな作業に使える。

>間取りを考える時間ですね。

6.早めに寝ることができる
夜中にテレビドラマを一気に観たり、食べすぎたりしなくなるという。
早起きを始めてからは、自然と眠くなるようだ。早寝早起きで、心も体も健康的になるだろう。

>ですので夜は9時を過ぎると眠くなります。

 皆さんも早寝早起き挑戦してみてはいかがですか、気分が良いですよ!

 

その他   2020/11/02  
≪ 手軽にぬか漬け おいしく楽しく疲労回復  | 

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話