スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 2019年7月7日

富山に木製サッシを作っている工場を見に行ってきました!

こんにちはつよぽんです

高性能木製サッシを作っている森の窓株式会社の工場の見学に能登に行ってきました。

木材の乾燥から集成、加工、塗装、組み立てまで一貫生産で作っています。

使っている木材は能登ヒバをはじめ国産栗、桧、カラマツや外材の米ヒバ、米松など色々と種類が有ります。

能登ヒバの匂いが良いですね。

ただ木のあばれを防ぐため集成して使っていますが、無垢材でも出来るようです。

 

新幹線の窓から見える雪を抱いた北アルプスの山々。

金沢から車で能登半島を登っていきます。

高速道路のような道を、海の色が違いましたね!

工場です、逆光で良く見えませんが外壁は木を張っています。

こちらは倉庫です。
社長に乾燥庫の説明を聞いています。

木製サッシに使われる材木が並んでいます。

 

集成材を作るためのフィンガージョイントに加工された材木です。
窓の大きさに合わせてカットしています。
塗装の工程です。
壁には塗装の各種のサンプルがかけています。
塗装した木製サッシが置いてありました。
屋外には塗装の退行試験サンプルが掛けてありました。
レールなどを取り付けています、レールはアルミ製です。
各種アルミ製レールを在庫していました。
組み立てが終わった無塗装の製品
こちらは塗装をした製品です。
工場の中も面白いつくりでした。
出荷していた大型引き戸。
なかなかの木の取っ手ですね。
玄関ドアも作っています。
パンフレットより
この複合サッシが良いですね。
帰りの新幹線から
晩御飯はサバずし、身が厚く美味でした。

≫ 続きを読む

建築   2019/07/07  

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話