スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 建築 > 「北枕は縁起が悪い」は古い常識?

「北枕は縁起が悪い」は古い常識?

こんにちはつよぽんです。
北枕は縁起が良くないと言われていますが本当でしょうか?
ネットからの情報です。

北枕とは、北の方角に枕を置くことです。
また、亡くなった人はよく北枕で寝かされます。
まずは、北枕が日本の遺体安置の風習となった由来について紹介します。

釈迦が北に頭を向けて亡くなったことが由来
日本では「迷子にならずに、あの世へ行けますように」という願いを込め、亡くなった人の枕を北側に置き、寝かせます。
仏教の始祖・釈迦が息を引き取った際、北側に頭が位置していたことが、故人を北向きに寝かせる「北枕」の由来です。
このときの釈迦の体勢を、頭北面西右脇臥(ずほくめんさいうきょうが)と言い、頭が北側、顔が西側、右側の脇を下にして寝ることを指します。
これが煩悩を克服し、悟りの境地に至った姿勢と言われています。

>お釈迦さまは楽な姿勢で休んでいたという説も、だから、縁起が悪いとかの問題じゃないそうです。


頭北面西右脇臥は、絵画・涅槃図(ねはんず)のモチーフとして使用されることが多く、お寺や美術館などで目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
釈迦と同様の体勢にする「北枕」は、日本ならではの風習と言われています。

古くからの風習から
息を引き取った人の頭を北側に安置するため、北に置かれた枕は死を想起させるものでした。
日本では、死を良からぬものと考える傾向が強く、故人と同様の方角に頭を向けて寝るのは不吉だとする考え方があります。
ただし、こうした古い習慣や考えに科学的な理由はありません。
現在は、「北枕=縁起が悪い」という話を知らない、あるいは、特に気にせず就寝位置を決める人も増えています。

昔の日本家屋事情から
住宅事情で北枕が避けられたという説もあります。昔の日本家屋には木材や障子が多く使われていたため、隙間ができやすい状態でした。
窓や戸を閉めても冷たい風を遮れず、冬は寒くて凍えるような思いをすることも。
太陽の光が当たりにくい北側の部屋は、特に気温が下がりやすく、体を冷やす要因になります。厳しい寒さが続く時期に頭を北側に向けると、寝ている間に風邪をひいたり、体調を崩したりすることが多くなるため「北は避けた方が良い」と言われるようになりました。
現在の家屋は、隙間から風が入ることはめったにありませんが、昔からの知恵が受け継がれ、北枕を避ける風習が残ったとされています。

>現在の家屋はそんなことは無いですね。

健康運アップ
健康に関する運気も、北が影響を与えると言われています。
また、東洋医学には、頭を冷やし、足を保温することで血流が良好になり、健康につながる「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」というものが昔からあります。
日本は、北になるほど気温が下がりやすく、南は気温が高くなる傾向があります。
同じ室内で大きく気温が変わることはありませんが、北側にある頭が冷え、南側の足元が温まるという想像はしやすく、これが健康運アップにつながるという考え方もできます。
前章の日本家屋の特徴で北枕だと風邪を引きやすいとは、真逆の発想で面白いですね。

>頭寒足熱は確かにそうですね、でも現在ではどうでしょうか?

縁起が良いとされる海外の考え方
仏教誕生の地・インドにおいては「楽園は北側、死者が集まる場所は南側」との教えがあるため、好んで北を選び眠りにつく人は少なくありません。
また仏教の信仰者が多いタイは故人の頭を南側にして安置するので、北よりも南の方が避けられるようです。
なお、仏教では「煩悩のない喜びに満ちた浄土は、西にある」ことを意味する西方浄土(さいほうじょうど)という考えも一般的です。西を向くことは浄土に向くことになるため、西側に頭を向けても支障はないとされています。
その他、風水の本場・中国では北側から良い運気が訪れるとの考えも。
仏教の考えが浸透していない欧米などの国では北枕の概念はありません。

>国によって解釈が違うのですね!

建築   2022/05/05  
≪ 災害時の救世主!電気やガスが止まってもすぐに火をおこせる「薪缶2.0」  |  無添加ニュースレター5月号 ≫

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話