スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > その他 > 温泉入浴で腸内細菌に変化~様々な病気のリスクを下げる効果

温泉入浴で腸内細菌に変化~様々な病気のリスクを下げる効果

こんにちはつよぽんです。

上の写真のように入っているのでしょうか。
私が高校生まで住んでいたところは北海道の最北端の温泉(育った時は)でした。
帝国石油が石油を掘ったのですが天然ガスと温泉が出たそうです。
その為か石油の油の塊が浮かぶやけどに効くという湯治場でした。
以下はネットで見つけた情報です。


私たちの体の中には約30~40兆の細菌が住んでいます。
人は腸内細菌と共生することで食物から必要な栄養素を合成していると考えられていますが、腸内細菌は様々な病気の予防にも関係しており、温泉に入ることで菌が増え、病気のリスクを減らすとの研究です。

温泉の免疫効果を大分県別府市などと実証研究している九州大は15日、治験者40人のデータを基に「温泉には特定の病気のリスクを下げる効果がある」とする中間報告を発表した。
来春までに計100例を集め、国際的な学術誌へ論文を発表するという。


概略は
九州大都市研究センターや九大別府病院の医師らの研究グループは人の腸内に住む膨大な種類の細菌に着目。
日本人1万8000人の腸内の細菌環境のデータベースを活用した検査キットで、かかりやすい病気のリスクの数値化ができるという。
実証研究では、入浴の前後で、どの細菌がどう増減するかを調べるため、治験者40人には初日に採便、採血、採尿した後、指定の温泉に毎日入浴してもらい、1週間後に再び数値を計った。
その結果、別府温泉のうち単純温泉に入った男性グループは痛風と過敏性腸症候群のリスクが、硫黄泉だと肝臓病のリスクがそれぞれ1割以上減った。

単純温泉に入った女性らはぜんそく、肥満のリスクが1割以上減った。
塩化物泉、炭酸水素塩泉に入ったグループも別の複数の病気のリスクが減ったが、1割には届かなかった。
同センター長の馬奈木俊介教授(都市工学)は「泉質別、男女別、入浴時間の長短の違いで、特定の腸内細菌の増減の傾向の違いがはっきりと数値に出た。
100例を超えてデータが増えていけば世界的に注目されるはず。
別府市内の各温泉別に健康への効果の違いが医学的に証明できれば、長期滞在者も増える」と話した。

>体を温めて免疫を上げて病気のリスクも少なくなるのですね。

>温泉にはまだ未知のことが多いですね。
 温泉微生物とは私も初めて聞きました。


90℃にも達する源泉に生息する極限環境微生物のこと。
藻の一種です。その特徴は過酷な環境にも適応できる驚くべき生命力です。
サラビオ(もの一種だそうです)はその生命力の秘密に着目。
温泉の持つさまざまな効果効能の正体は、実はこの微生物の力に拠るものでは、という仮説にもとづき研究をスタートしました。

調査は泉種に恵まれた別府で実施されました。

>温泉のメッカは別府なのですね。


研究チームが気の遠くなるような時間と忍耐を費やし、
ついに優れた「抗炎症作用」「抗糖化作用」「抗酸化作用」を持つ新藻類を発見することができたのです。
これをRG92(Regeneration Gateway92)、つまり “92番目に発見した再生への道” と名付けました。

その後、広島大学との共同臨床研究でもRG92が皮膚や体内の炎症を抑制することが証明されました。
この微生物(新藻類)こそ、昔から温泉がリウマチや腰痛、
慢性皮膚炎などを癒してきた正体のひとつだったのです。

>温泉は大好きなの入浴が健康に良いという情報は有りがたいですね!

温泉とは
広義の温泉とは物理的、化学的に普通の水とは性質を異にする天然の特殊な水が地中から地表に出てくる現象のことであり、その水を温泉水と定義する。
また、狭義の温泉とは、日本や南アフリカでは25 ℃以上、イギリス・ドイツ・フランス・イタリアでは20 ℃以上、アメリカでは21.1 ℃(70°F)以上の温度規程があり、また溶存物質が規定量以上の量を含むものを指している。
温度に関しては日本鉱泉分析法では

冷鉱泉<25℃
25℃<微温泉
34℃<温泉
42℃<高温泉
と規定されています。

その他   2022/04/09  
≪ 事務所前の桜満開!  |  ビールから「数万の未知の分子」が見つかる! ≫

 ブログの訪問有難うございました。

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)

資料請求・お問合せ

お電話