HOME施工事例集新築 >柏市I邸 セルローズファイバーを充填し太陽熱を利用した「そよ風」を採用した家

柏市I邸 セルローズファイバーを充填し太陽熱を利用した「そよ風」を採用した家

柏市I邸
場所 柏市
竣工 29年10月

木造 平屋建て
土地面積   184.89㎡(55.9坪)
建物面積   86.14㎡ (26坪)
外部仕様
屋根     ガルバリュウム鋼板
外壁     無添加漆喰
内部の主な仕様
天井・壁   無添加漆喰
床      ロシアンパイン
断熱材    セルローズファイバー

長期優良住宅  グリーン化補助金
そよ風採用・・・こだわり商品の中に説明があります。

設計・施工  当社
御夫婦とお母様が住む平屋の住まいです。
そよ風というパッシブな考え方を採用し太陽熱を有効に取り入れました。
断熱材にセルローズファイバーを充填して高断熱で熱が逃げにくいので太陽の熱が効果的に取り入れられ暖かい家になっています。
真冬でもこの建物の屋根の棟では空気が50度以上になり建物全体が暖かいとお客様の話です。

南道路に面した居間の窓からは光が入ってきます。
漆喰の白さが一段と明るく感じます。

天井を屋根なりに取り付け空間の有効利用を図っています。

いつもはハイサイド窓の高い位置から採光を取るのですが「そよ風」を採用したので北側のハイサイド窓からは安定した光が入ってきます。

ロフトを利用しているので可動式のはしごからキャットウオークを通って行きます。

居間に続く食堂です。
南に面した窓により明るいです。
作り付けのベンチの前にテーブルを置きその前に椅子を置いています。

キッチンは既製品ではなく引き出しの大きさや位置を考えた造作キッチンです。
対面式ではないので作った料理を横の動線でテーブルに置くことが出来ます。

左に見える引き戸を開けて居間に入ります。
床は無添加の石(600角)です。
床に上がるのに式台を設け15センチ、15センチの緩やかな段で上がることが出来ます。

玄関開口は引き戸で開け閉めも楽ですしドアと違い体を引くことが無いです。
お母様ように靴を履くときに座れるベンチを設置しました。
また手摺が取り付けられるようになっています。

北側に配置された趣味室
右側の引き戸の隣に屋根から入る空気のダクトが設置されています。

主寝室は勾配天井で空間を有効に使っています。
窓の前には床下の暖かい空気を入れるための吹き出し口を設置しています。

洗面台はシンプルな物にしています。
収納棚の下は海(ネコ)チャンのトイレの予定。

将来の車椅子の使用も可能なトイレです。
入り口は二枚引戸で広い有効寸法を取っています。

可動ハシゴを上りキャットウオークからロフトの入り口を見てます。
右側にはハイサイド窓が設置されています。

ロフトより居間を見ています。
可動梯子は使わないときには右側に掛けられるようにしています。

ロフトの内部
そよ風の機械室を兼ねています。