HOME > 紀州材

紀州材

「紀州材」とは

主に和歌山県を中心とする紀伊半島南部と、熊野川流域の奈良県南部にある材のことです。
多くの苗木を植え、長きにわたって職人の手で間伐を行うことで
年輪幅が細かく、整った材面の美しい紀州材が育ちます。
そして、強度も併せ持っており、住宅建築用材としては日本一の高品質の木材だと言われています。

強さ抜群の「紀州の樹」

曲げヤング係数

昔から「粘り強い」と評価されている紀州材。

強度試験機による曲げヤング係数、

曲げ強度の測定の結果、 「ヤング係数」が、

杉はE90ヒノキはE110という高いデータが

得られました。

さらに、ヤング係数に対する圧縮、引っ張り、

曲げ、せん断といった強度値をみても、

全国の基準値を上回っており、

紀州材は素晴らしい強度を有しているといえます。

 

※「曲げヤング係数」とは、木の粘り強さを表す値です。

ヒノキ 曲げヤング係数測定結果

スギ 曲げヤング係数測定結果

湿度を調節 自然の空調機

木材は湿度調整をしてくれます。
雨などで湿気が多い時には吸収してくれるので、梅雨時でも室内がべたついたりはしません。
そして乾燥している時に湿気を放出します。
そのため、空調機を使わなくても、いつでも快適に過ごせます。

湿度調整

お問い合わせはこちら