HOME > 家の血統書

家の血統書

今まで、監理報告書に写真を撮っていましたが決められたフォームが無く、

以前よりフォームを作りたいと思っていたいました。

 

ある日、たまたま観たTVの「ガイアの夜明け」 の耐震偽装を防ぐ為の試みの特集の一つに

この「家の血統書」が紹介されていました。

 

それを観た後、早速連絡を取り「家の血統書」を使わせてもらうことになりました。

一般的に、お客様は、どの図面と現場を照合すればよいのか分からず、また説明してもなかなか

理解してもらえないことが多かったのですが、この血統書を使うと重要な部分の絵と対応した

現場写真、細かな説明とが一目で分かりやすいと思います。

「家の血統書」の記入例(一部を拡大)。

右端の解説に沿って施工後、左端の

イラストに従って撮影した写真を

張り付けます。

「家の血統書」の記入例(一部を拡大)

お客様は元請けの会社は知っているが各工程の業者は知らないことが多いと思います。

この「家の血統書」を使うと実際の工事をする全職方がお客様に誠実に工事することを誓い、

どの工事を何という会社が施行したか明確になり、より一層責任を自覚

施工してくれるのではと思います。

記録に残すことで後々の他からのクレームも防ぐ

今後は政府の提唱する「200年住宅のビジョン」の家歴簿に相当する物であり、使用した建材・機器の

耐用年数、交換時期などメンテナンスの情報とリンクして新築時の情報だけでなく、記録することで

中古住宅の健全性が確保され維持管理のシステムとして発展し、中古住宅に成っても

価値のある中古住宅として流通することを期待しています。


【地盤改良】改良施工中

【基礎工事】ステコン打設

【木工事】浴室断熱状況

【内装工事】玄関

各工事の状況を明らかにし、写真入りの「カルテ」に記録し、

中身の見える”安心・安全な家づくり”のお手伝いをいたします。

建物画像カルテ(家の血統書)について

市民グループみんなのおうち(http://seikatsushanoshiten.jp/minnanoouchi00100.html) の著作物です。

詳しくは、家の血統書(http://www.ienokettousho.com/)をご覧下さい。

お問い合わせはこちら