HOME用語集さ行 >住生活基本法案(じゅうせいかつきほんほうあん)

住生活基本法案(じゅうせいかつきほんほうあん)

国民に安全かつ安心な住宅を十分に供給するための
住宅政策の指針となる日本の法律。

今回、政府・与党がまとめた住生活基本法案では、基本理念として

1.住生活の基盤である良質な住宅の供給
2.良好な居住環境の形成
3.居住のために住宅を購入するもの等の利益の擁護・増進
4.居住の安定の確保

の4つを設定しています。