HOME用語集か行 >環境ホルモン(かんきょうほるもん)

環境ホルモン(かんきょうほるもん)

環境中の合成化学物質のうち、生き物の体内に取り込まれると、
まるでホルモンのように働いて生殖機能などをかく乱するおそれのあるものを指す。

「内分泌かく乱化学物質」という呼び名と基本的には同義。