HOMEスタッフブログ太陽光発電 >電気よ実れ水田実験

電気よ実れ水田実験

田んぼで電気を起こすーー。

こんにちはつよぽんです
昼間は半袖で過ごせますが、朝晩は半袖では寒いですね。

電気よ実れ水田実験  その1


庭に先日頂いたゴーヤのタネをまきました。

電気よ実れ水田実験  その2

電気よ実れ水田実験  その3


伸び出すと早いですね、毎日成長具合を見るのが楽しみに成りました。

思いがけないところから発電出来るのですね!
田んぼで電気を起こすーー。

東京薬科大学の渡辺教授らの研究グループが23日、千葉県野田市の水田でこんな実験をした。
イネの根から光合成によって出る有機物を、土の中の微生物が分解する。

その時に出る電子を集めて発電するという、地球環境に負荷が少ないしくみだ。

>微生物が主役なんですね

今後、実用化を目指す。
グループは、水田に板状の電極(25㌢四方、厚さ約3㍉)20枚を埋め込んで実験した。
1枚あたり2~3㍉ワットの発電か確認できた。
この日は曇りだったが、渡辺教授は「晴れていれば1㍍四方の電極で100㍉ワットは発電できる。

>量は少ないですが、天気に関わらず発電出来るのですね。

iPodで音楽が聴ける」と話した。

水田には、有機物を分解するときに電子を出す微生物がいる。
田んぼに埋め込んだ板状の電極は、力ーボンナノチューブでできた極細な筒をつなげた構造になっており、表 面積を広げ、微生物をより多く集めることができた。
渡辺教授は「太陽光発電に比べ改善の余地かあるが、環境問題に貢献できる技術だ」と話している。

>環境に良い方法なので、どんどん進めて欲しいですね。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください