HOMEスタッフブログ粗食 >日野原先生に思う

日野原先生に思う

今回の記事は「腹7分目」についてだったので紹介します。

腹七分目で体重60キロ、30代から維持(101歳)
こんにちはつよぽんです
相変わらず猛暑ですね!

日野原先生に思う  その1

昨年引き渡した上尾Y邸です。
南側のお宅が除去されていたので全体がよく見えるように成りました。

新聞に日野原先生の連載が載っていて興味を持って読んでいますが
今回の記事は「腹7分目」についてだったので紹介します。


体重は60キロ。30代から変わらない。

>羨ましいですね

おなかの周りは88センチあるが、それほど目立たない。
101歳というのに血色もよく、二回りほど若く見える。

>写真を見るととても100歳を過ぎているとは思えないですね

先生曰く
「江戸時代に貝原益軒が書いた『養生訓』は『腹八分』を勧めている。僕は『腹七分目』」

ウィキペディア養生訓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A4%8A%E7%94%9F%E8%A8%93


お昼どき、聖路加国際病院(東京都中央区)の理事長室を訪ねた。
用意されていたのは、180ミリリットル入りの牛乳パックとクッキー3かけら。
牛乳をおいしそうに流し込み、クッキーをつまんだ。

朝食は、大さじ1杯のオリーブ油を混ぜた果物ジュースと、小さじ3杯分のレンズ豆の粉を溶かした牛乳をコップに1杯ずつ。
あと、バナナを1本。

夜は、週のうち2日はヒレ牛肉90グラム、5日は魚。
ほかにブロッコリー、レタスなど生野菜にオリーブ油を垂らして食べる。

>私達に必要な「本物の油」が不足しているのです。
油は主な構成成分の脂肪酸によってカテゴリー分けされています。
●飽和脂肪酸
牛肉、豚肉、乳製品などの動物性の脂肪に含まれるもの。(控えめに)
●不飽和脂肪酸
ベニバナ、コーン、ゴマ、オリーブなどの植物性の脂肪に含まれるもの。
不飽和脂肪酸は「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」に分類される。
■オメガ3
フラックスオイル、しそ油、青背の魚油(天然もの)
■オメガ6
ベニバナ油、コーン油、大豆油
■オメガ9
オリーブオイル、キャノラー油、ひまわり油、ベニバナ油、コーン油

これらオメガ3・6・9・のうち摂取量を減らしたほうがいい油はオメガ6で、普段使用する油は良質なオメガ9です。
オメガ3は積極的に食べたい油です。(そのままスプーンで飲めます)
山田豊文先生の「病気がイヤなら油を変えなさい」より


>腹八分で医者要らず!!
一般によく言われている常識。

腹六分で老いを忘れる!!
アンチエイジング(老齢)医学の常識・・・
いろんな動物の研究から
カロリーを6割に落とすと寿命が1.5倍になる!!

腹四分で仏に近づく!!
お釈迦様、キリスト、マホメッドは食を断つことによって悟りを開いている。
我々凡人でもたまに断食をすると、頭が聡明になり、インスピレーションが驚くほど高まる。

腹二分で仏になっちゃう!!

冗談話。
何でもやり過ぎはよろしくない。
命を失うことになる。

先生を見習って腹7分で元気に生きたいですね!



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください