HOMEスタッフブログ粗食 >「カロリーハーフ」て何と比べて?

「カロリーハーフ」て何と比べて?

よくビールなどの宣伝で「カロリーハーフ」という文字を見かけますが、どうゆう基準で使われているのでしょうか。

こんにちはつよぽんです


「カロリーハーフ」て何と比べて? その1

散歩の途中で見つけたあじさいです

よくビールなどの宣伝で「カロリーハーフ」という文字を見かけますが、どうゆう基準で使われているのでしょうか。

先日の新聞に載っていたので紹介します。

消費者庁は12日、「カロリーハーフ」「カルシウム2倍」といった食品表示をするときは、どの商品と比べての「ハーフ」なのかをはっきりと示したうえで、エネルギーや脂質などの栄養成分値も表示するよう食品表示を明確化するこにしたそうです。

「10%カット」「10グラム減」など、グラム数やパーセンテージを添えて、他の食品と比べて多いか少ないかを表示する場合は、これまで健康増進法の「栄養表示基準」で、包装に比較対象商品を示して、エネルギーやタンパク質、脂質、炭水化物などの値を表示することが決められていたそうです。

健健康増進法rという法律があるのですね?

栄養表示基準ではこれとは別に、「控えめ」「低い」「ライト」など「低い」ことを示す表示については、食品100グラム当たりの熱量では40キロカロリー以下、脂質は3グラム以下という基準値を定めているそうです。

また「カロリーゼロ」は食品100グラム当たり熱量が5キロカロリー未満とを決めているそうです。

飲むビールを選ぶときの参考にしましょう。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

http://www.hng.ne.jp/corp_detail179.html


人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください