HOMEスタッフブログ日本酒 >ビールの新しい飲み方

ビールの新しい飲み方

新しい飲み方に挑戦してみませんか?

こんにちはつよぽんです
まだ寒い日が続いていますね、家の前の用水は流れていないので凍っていました。

ビールの新しい飲み方   その1

打ち合わせの後の美味しいコーヒーでした。

 

ビールの話題です、あまり混ぜて飲むものだとは思っていないですよね。
新しい飲み方に挑戦してみませんか?

ビールにカルピスやジュースをまぜて飲んでみては――。
ビール離れに悩む大手メーカーが、こんなふうに売りこみ始めた。
「ビールはそのままぐいっと飲むもの」というこだわりを捨て、ふだん飲まない人にもたしなんでもらおうと考えたからだ。

 

ビールの新しい飲み方   その1

 

最大手アサヒビールは19日、主力の「スーパードライ」でカルピスを割ったカクテル「ダブルカルチャード」を、全国25万店の飲食店で売る目標を発表した。
ビールの5分の1から6分の1の量のカルピスをまぜると、「カルピスの甘酸っぱさとスーパードライの辛さがよくあう」という触れ込みだ。

アサヒグループが昨年10月にカルピス社を買収したのを機に、スーパードライの需要を広げる切り札として売り出すことにした。

>アサヒグループがカルピスを買収したのは知りませんでしたね。

ねらいは、ふだんビールを飲まない人や、2杯目以降はほかの種類の酒を飲む人をひきつけることだ。
アサヒビール業務用統括部の小野里俊哉・担当部長は「ビールをそのまま売るだけよりも数を増やせる」と見込む。
店で売るときの1杯の値段は、生ビールと同じくらいになりそうだという。

業界2位のキリンビールも、ほかの飲み物とまぜて飲む提案に乗り出した。

2月下旬から飲食店などで、主力の「一番搾り」を果物ジュースなどで割って売る。
専用の道具をつかうと、グラスの底にジュース、上部にビールと分けて注ぐことができ、見た目が上下2色に分かれる。
見栄えもよい2色の「ツートン生」として売り出し、ビールを敬遠しがちな女性らの関心を引くねらいだ。

キリンビールの磯崎功典社長は「マンネリの売り方だけではだめだ。ドキッとするようなものも出さなければ、なかなかお金を払ってもらえない」と話す。

>新しいことに挑戦することも必要ですねね。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください