HOMEスタッフブログ日本酒 >はじける女子力 日本酒カクテル 

はじける女子力 日本酒カクテル 

女の子の作った日本酒カクテルの記事を見つけました。

こんにちはつよぽんです
今日も雨の一日のようですね。
木造の耐震診断をする予定ですが、雨ですと調査しづらいです。

女の子の作った日本酒カクテルの記事を見つけました。

はじける女子力 日本酒カクテル  その1

>斬新なボトルですね

「私に理解できないお酒を作って」。老舗(しにせ)の清酒メーカー社長の依頼に、女子大生らが斬新なアイデアで応じた日本酒カクテルが完成した。

ショッキングピンクと黒のど派手な瓶を開けると、バラの香りがあふれる。
その名も「にゅーはーふ」。コンビニなどの店頭に並び始めている。

開発したのは、1550年創業の小西酒造(伊丹市)と神戸親和女子大、県立大の学生たち。
「若い世代の日本酒離れを食い止めたい」と考えた15代目の小西新太郎社長(60)が2年前、両大学に依頼した。  どれくらい日本酒が敬遠されているのか把握しようと、学生たちが神戸親和女子大で2010年12月に調査を実施。118人のうち66人(56%)が「日本酒を飲んだことがない」、30人(26%)が「あまり飲まない」と回答した。

>日本酒を飲んだことが無いなんて、神社へ行っても御神酒は日本酒ですよね。

そこで、若い女性の「感覚」に訴えて商品を買ってもらう「エモーショナルマーケティング」と呼ばれる手法を採用。
どんなお酒がほしいかインタビューを重ねると、「ピンク色やバラの香りが好き」「ラッパ飲みや回し飲みしたい」「甘さも度数も控えめで」といったニーズが見えてきた。  
こうしてアルコール分は5%と抑え気味で、オレンジ果汁を加えてさっぱりさせ、バラの香りをつけたカクテルができた。
「男くさい日本酒」に「女らしいバラ」をかけ合わせたことから、「にゅーはーふ」と名付けた。
新酒のコンセプトからラベルのデザインに至るまですべて学生が提案した。
「若い女の子はかわいいもの、小悪魔風のものが好き」と神戸親和女子大4年の佐々木菜緒さん(21)はデザインのねらいを説明する。

>最近の日本酒は男の酒とは言い難いのではないかと思います。

ラッパ飲みしやすいよう細身にした瓶については、「気の合う者同士、自宅で集まって飲む『宅飲み』は学生の定番だから、グラスを汚さず、回し飲みしながら飲める酒がほしいという声も多かった」。
「白雪」で知られる小西酒造は、大手清酒メーカーとして初めて地ビール製造に参入するなど「革新」を続けてきた。

にゅーはーふを見た小西社長は「味もラベルも名前も、驚きの連続。こんなので売れるのか」と絶句したが、「新しい切り口が、新しい伝統を作る」と商品化を決断。
2月に東京で開かれた商談会には学生も出張してPR。バイヤーの手応えは上々という。1本290円。

>見たら飲んでみたいですね。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください