HOMEスタッフブログ日本酒 >冷たくないけど「冷や酒」という不思議

冷たくないけど「冷や酒」という不思議

冷や酒」と「冷酒」はどちらも表記では冷たいお酒のようですが、冷と酒の間に「や」が入るか入らないかで温 度に大きな差が出るそうです。

こんにちはつよぽんです
春らしい天気にはほど遠い寒い日曜日ですね。

冷たくないけど「冷や酒」という不思議   その1

今日の桜の状況です。

こんな情報を見つけました、冷や酒と冷酒というのは違うのですね。

冷や酒」と「冷酒」はどちらも表記では冷たいお酒のようですが、冷と酒の間に「や」が入るか入らないかで温 度に大きな差が出るそうです。
「冷や」は「冷や酒」の略で、「燗をしない酒」(明鏡国語辞典第2版)。 つまり温度は常温で、「冷や」といっても実は冷たくない酒です。

>健康的には日本酒は体温に近いお燗で飲む方がよいようです。

「冷酒」は「(1)燗をしていない日本酒(2)燗をしないで、または冷やして飲むようにつくった日本酒。
冷用酒」( 同辞典)とあります。
現状、居酒屋で「冷酒」と言えば、冷やした酒を指すのがほとんどです。

「日本の酒文化総合辞典」(柏書房)の「冷や酒」の項目では「ヒヤザケは『や』を送るようにしたい。
さもない とレイシュと誤読されるおそれがある」などと記しています。
そのこころは、「冷や酒」は常温の日本酒である、と強調する意図でしょう。

東京都台東区の老舗居酒屋「丸千葉」で確かめたところ、「『冷や』と注文されれば常温の日本酒を出すし、冷酒 と言われれば冷蔵庫で冷やした酒を出す」と言っていました。
ただ両者は似ているため、「常温が飲みたいとき、間違って冷酒が来たらいやなので常温と言う」(丸千葉のお客さん)という気持ちも、同じ酒飲みとしてよく分かります。

もともと日本酒は燗か常温で飲むのが普通のことでした(冷蔵庫のない時代は当たり前ですが)。
よって燗をしないのが「冷や」だったわけです。

1980年代、「ワインのような」と評されることも多い「吟醸酒」ブームが起こり、冷蔵庫で日本酒を冷やすことが普及してきました。

冷たくないけど「冷や酒」という不思議   その2

>お酒の会で飲む日本酒は冷蔵庫で冷やしていますので「冷酒」ですね。

常温、お燗という温度のバリエーションに、冷蔵庫で冷やす飲み方(つまり冷酒)が大衆的になったわけです。

ちなみに日本の酒文化総合辞典には「冷やし酒」という項目もあり、意味は「いったん人肌程度に燗をしてから、 とっくりごと冷水か氷で冷却した酒」で、「風味が締まる」と記されています。
冷酒のひとつのバリエーションです ね。

冷酒にも興味深い温度表現があります。
雪冷え(5度)、花冷え(10度)、涼冷え(15度)。
こんなことを知って 飲むと、また格別かもしれません。

>日本語の繊細な表現が感じられますね。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください