HOMEスタッフブログ日本酒 >被災3県、清酒出荷量が急上昇

被災3県、清酒出荷量が急上昇

被災3県、清酒出荷量が急上昇4~9月、宮城は4割増という記事が載っていました。

こんにちはつよぽんです
立川談志さんが亡くなったいたそうですね、思い出深い人ですね。 

被災3県、清酒出荷量が急上昇4~9月、宮城は4割増という記事が載っていました。
東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県の日本酒の出荷量が、異例の伸びを見せているそうです。 日本酒造組合中央会によると、4~9月期は宮城県で前年同期より39%、岩手県で17%、福島県で9%増えたようです。

>一升瓶に換算すると、前年の681万本から806万本に増えた計算ですが、一時的なものでないことを祈りますね。

中央会によると、被災3県の清酒の出荷量(課税ベース)は3月の地震以後に急減しました。

被災3県、清酒出荷量が急上昇 その1

蔵元が被災し、物流網もマヒしたためですが、4月以降は急回復し徐々に減速しているとはいえ、3県とも前年を上回るペースが続いてるようですく。

毎年、数%減が続いてきたので驚異的」という。

>日本酒離れは進んでいるのですね。

背景には、消費者による復興支援の動きがあり、日本酒は東北の代表的産品なので地元産米を使う蔵元が多く、農家支援になる仕組みも支持され ているようです。

大手居酒屋チェーン各社が積極的に仕入れたことも後押ししてるようで、「庄や」など約900店を展開する大庄グループでは、東北産の取扱店 を約600店に倍増。各店の販売量も平均2倍程度の伸びだそうです。

蔵元も復旧・復興に動ているようで、中央会の調べでは、3県の酒造業者114社のうち建物や生産設備、商品が壊れたのは93社で、全壊は少 なくとも9社あり、大半は今年の仕込みをできる見通しだそうです。
津波で流された酔仙酒造(岩手県陸前高田市)のように内陸の業者の設備を借りたり、移転したりして再開する蔵元もある。

しかし、福島では風評被害懸念されるし、茨城はあまり注目されず低迷しているそうです。

福島県では、東京電力福島第一原発事故の風評被害が心配されている。
原料のコメの安全性は確認されているが、福島県の出荷量の伸び率は3県で最も小さい。
また、隣の茨城県では県内の蔵元51社すべてが被災し、うち2社は全壊だったが、「東北に比べて注目が集まらず、販売増につながっていない」 (県酒造組合)といい、出荷量は震災後も前年比5%減程度で推移している。
有力ブランド「浦霞(うらかすみ)」を展開する佐浦(宮城県塩釜市)の佐浦弘一社長は「日本酒を普段飲まない人たちと新たな接点ができつつあ り、日本酒全体の復活につながってほしい」と期待しているそうです。

>私も昨年夏に仙台に行った時に「浦霞」買ってきました。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

ハウジングバザール自然素材が好きに当事務所が出展しています。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください