HOMEスタッフブログ日本酒 >美しくなる日本酒(2)

美しくなる日本酒(2)

このところ読んでいる日本酒の本に、「美味しい日本酒は燗が一番美味しい」と
書いていたので燗にしてみました。

こんにちは、つよぽんです。

昨夜設計の仲間と一杯飲みました。
1杯目は生ビールでしたが次からはこのところ読んでいる日本酒の本に、「美味しい日本酒は燗が一番美味しい」と書いていたので燗にしてみました。

銘柄を聞いたら大手有名酒造でした。
ここでやめて冷酒にすれば良かったのですが、正月に伊東社長にご馳走になった燗の味が忘れられず、つい飲んでしまいました。
見事に二日酔いです。
頭が痛いです。

本を良く読むと、純米酒の作りのしっかりした日本酒は、燗や燗冷ましが美味しく飲めると書いてあります。

燗が美味しいのは1つは、人間の味の感度特性による。
温度が高いほど、甘味を感じる感度が高くなり、一方酸味や苦味などの味は、温度による感度変化が少ない。
そこで、酒を燗して摂氏40-50度ぐらいが、一番米の甘味を感じるようです。
もう一つは、熟成と同じ物理原理で、燗をすると酒の分子と水の分子が良く混ざり、一緒にクラスターを構成して、まろやかな味わいになる。
それ故、良い酒は燗冷ましとなり、再び常温に近い温度になってもうまみは残るそうです。
「世界一旨い日本酒」古川修著より

自治会の新年会で飲んだ燗では二日酔いしなかったのですが、失敗しました。

(アマゾン 世界一旨い日本酒)



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください