HOMEスタッフブログその他 >熱中症、ペットもご用心 (2)

熱中症、ペットもご用心 (2)

熱中症は、高体温と脱水が起きている状態だ。
(1)体温を下げる
(2)水分を飲ませる、がカギになるそうです。

熱中症になったら 体温下げて水分補給がかぎだそうです。

こんにちはつよぽんです
暑い日が続きますね!
お盆休みまでもうすぐですね

熱中症、ペットもご用心 (2) その1

T邸のわんちゃんです!

万一、ペットが熱中症になってしまったらどうしたらいいか。
熱中症は、高体温と脱水が起きている状態だ。(1)体温を下げる(2)水分を飲ませる、がカギになるそうです。

>紋次郎は昼間居間のゲージに入れておくのですが少し可哀想。

呼吸回数の増加や目の充血がみられたら、黄信号。
風通しのよい木陰や冷房が効いた室内などに移動し、太い動脈に近い首回りや内股に氷やアイスパックをあてたり、水をかけたりして、体温を下げる。
ネコが舌を出して「ハアハア」と呼吸をしているときはかなり深刻なので、すぐに病院に行ったほうがよい。

水を飲みたがらないときは、ご飯や牛乳、ヨーグルトと混ぜると、飲んでくれることがある。
牛乳などでおなかをこわさないペットの場合には、試してみたい。確実に飲む方法を見つけておけば、いざというときに慌てない。

専門家は、ペットを亡くして自責の念にかられる飼い主を見てきた。
「熱中症と気づいて連れてきたときには、すでに重い状態であることが多い。ペットをよく観察し、いつもと少しでも違うところがあれば、ぜひ病院に連れていってください」

アニコム損保のサイト

http://www.anicom.co.jp/stopheatstroke/
には、熱中症の注意報や普段から気をつけたいチェックポイントが載っている。

ドライブ時の注意点については、トヨタドッグサークル
http://dog.toyota.jp/life/
が詳しく紹介している。

>注意しましよう



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください