HOMEスタッフブログその他 >納豆をたどって(2)

納豆をたどって(2)

納豆が血圧を下げるのに良いと聞き毎日食べています。

こんにちはつよぽんです
毎日暑い日が続いていますね!

納豆が血圧を下げるのに良いと聞き毎日食べています。
空を飛ぶ納豆菌の話です。

新聞の記事より

空を飛ぶ納豆菌を取って納豆を作っている。
そう聞いて向かったのは能登半島の突端。
石川県珠洲市の廃校になった小学校だ。
2008年から金沢大学が大気の観測拠点にしている。

日本海に突き出た過疎地は、国内の工場などの影響を受けにくく、大陸から来るジェット気流の調査にうってつけだ。
パイプを立てたり、気球を飛ばしたりして黄砂やPM2・5など大気中の微粒子を取って調べる。

>こうゆう場所で観測しているのですね。

この観測で、納豆菌が見つかったのだった。
だが、すぐ正体が分かったわけではない。

温度も水分も日差しもジェット気流は生物には厳しい環境だ。
そこを生きながらえてきたのは何者か――。

「当初はどんな毒性をもっているかが関心事でした」

解析にあたった牧輝弥准教授は振り返る。海洋微生物が専門だったが、「空飛ぶ微生物」という未知の分野に興味をもって観測チームに加わった。

いろいろな高度や立山の雪からもサンプルを取って調べた。
見つかるのはバチルス・サブチリスと見られる菌ばかり。
安全な菌で、有名なのが納豆菌だった。「ひょっとしてこれも?」

納豆をたどって(2) その1

>過酷な環境に耐えるのですね。

仮説が正しいかどうかは試すのが一番。
約3年前。研究は思わぬ方向に転がっていく。

石川県の納豆メーカー金城納豆食品の吉田圭吾さんは、面識のない牧准教授からの電話に戸惑ったのを覚えている。

「能登半島上空で取った菌で納豆を作ってくれませんか」

驚く一方、惹(ひ)かれもした。
納豆メーカーの多くは菌を仕入れている。
金城納豆も他県から調達している。
能登上空なら菌も「地産」になる。
試作を引き受けることにした。

航空機で3千メートル上空から採取した菌を使った。
糸を引いたり引かなかったり。
株の組み合わせなど試行錯誤を繰り返した。

>すんなりと出来たわけでは無いのですね。

時代の変化が背中を押すことになる。
価格一辺倒だった販売サイドの見方が変わる。
豆も、タレも石川県産なら、菌も能登で取った菌――。
それが売りになる。実験は商品化を目指した開発に変わっていく。

昨年7月10日の納豆の日。
金沢大学の食堂での提供に踏みきり、年末から一般に売り出された。
商品名「そらなっとう」。
大粒の豆はにおいが控えめで、糸も心なしかまろやか。
地元のほか、ネットでも販売され、リピーターが増えているという。

>youtubeにあった金沢大学の学食といえは「そらなっとう」

 

 

空飛ぶ菌は納豆菌と証明された。
では黄砂同様、タクラマカン砂漠などから来たのか。
どこまで飛んで、ワラ以外にも付くのか。
牧准教授は中国の砂や金沢の草木から取った菌で納豆を作れるか、試し始めている。

>もっと凄い納豆菌が発見出来ればよいですね。

菌の生命力の強さにも注目する。
「上空の過酷な環境を飛んでくる間に、傷んだ遺伝子を修復する能力があるのかもしれない。それが分かれば菌が飛んできた証明になるし、老化防止の研究につながるかもしれない」

>菌は凄いですね!

夢は膨らむ。
その不思議な豆がなぜ国民食になったのか。
次回は歴史をたどる。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください