HOMEスタッフブログその他 >緑のカーテン、上手に作るには?(1)

緑のカーテン、上手に作るには?(1)

暑さを防ぐために今年もゴーヤで緑のカーテンを作りたいと思っています。

こんにちはつよぽんです
昨日は暑かったですね、埼玉県では初の真夏日だったようです。

暑さを防ぐために今年もゴーヤで緑のカーテンを作りたいと思っています。

新聞の記事に上手に作るこつが載っていました、今年は貴方も育ててみませんか?

植物を育てて夏の強い日ざしを遮る緑のカーテン。
園芸の経験がない人も、昨年はうまくいかなかった人も、今年こそ。
今からなら余裕を持って準備できます。

東京都板橋区は「緑のカーテンコンテスト」を開くなど普及に取り組む。
同区立エコポリスセンターの田中大介・副館長によると、ゴーヤー、ヘチマ、アサガオが丈夫で育てやすくおすすめ。
種より苗の方が初心者は失敗が少ない。
パッションフルーツやシカクマメなど新顔も登場しているが「1、2度カーテンの経験がある人向き。基本の3種をベースに、こうした品目を加えていくといい」。

土は植物の育ちを大きく左右する。市販のものを使うと失敗しない。野菜用など栽培品目に合わせて肥料を配合した培養土が販売されている。戸建てで地面に直接植える(地植え)の場合も、こうした培養土を混ぜると効果的。

栽培2年目で古い土を使う場合、土の再生が必要だ。ふるいにかけて根や石を取り除き、1週間程度天日干しして消毒する。新しい培養土や市販の再生材を混ぜてなじませる。この作業は苗の植え付けの2~3週間前にしておく。

 

南北に長い日本。苗を植える時期も地域によって異なる。
NPO法人「緑のカーテン応援団」の三ツ口拓也理事は「地元の園芸店などで聞いてみては」と勧める。ゴーヤーの場合、関東地方で5月の大型連休明けが適期。

緑のカーテン、上手に作るには?(1)   その1

ろそろ準備をする時期のようですね。

昨年は植えたのが遅かったようで身が小さいくなったしまったので今年は頑張ります。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください