HOMEスタッフブログその他 >冬の入浴

冬の入浴

寒い冬、入浴中に心臓や脳血管の発作などで倒れる人は後を絶たない。

こんにちはつよぽんです
今日は雪にならずに良かったです。

冬の入浴   その1

何時もは作って貰ってます、ネクストアイズのは時間が無くて自分で作りました。

冬の入浴   その2

建築中のさいたま市T邸の模型です。

この季節に多く起こる住宅内の事故についての記事が有りましたので紹介します。

厳しい寒さが続く冬、お風呂場で入浴中に倒れる事故が、各地で相次いでいます。
「入浴死」の数はお年寄りだけで年1万7千人にのぼり、交通事故の死者数を大きく上回るとの推計もあります。

>交通事故死は昨年4411人だそうです。

なぜ起きるのか、どうすれば防げるのか、すぐできる対策も含めて紹介します。

昨年12月25日夕、茨城県龍ケ崎市の民家で46歳男性と生後5カ月の女児が浴槽で意識を失い、亡くなった。
県警によると、男性の死因は心筋梗塞(こうそく)、女児は水死。
男性が発作を起こした後、女児が溺れたらしい。男性は以前から動脈硬化症を患っていたという。この日午後6時ごろの気温は5度弱。地元の医療関係者は「寒さが影響したのでは」と話す。

>お風呂は温度差が激しいですから。

寒い冬、入浴中に心臓や脳血管の発作などで倒れる人は後を絶たない。
厚生労働省によると、全国の入浴中の死者数は溺死(できし)に限って把握しているものの、それ以外の死因も含めた統計はないという。

1358976冬の入浴   その3

東京都健康長寿医療センターが東日本23都道県の362消防本部のデータを集計したところ、入浴中に心肺停止で亡くなった65歳以上の高齢者は、2011年に4252人にのぼった。
うち80歳以上が2438人と過半数。
また、約6割が12月から3月までの冬場の発生だった=図。

同センターは、全国の高齢者の死者数を約1万7千人と推計。
担当者は「湯につかる習慣は欧米などにはなく、日本特有の問題だ」と話す。

>肩まで入って暖まるのが日本人ですからしょうがないですね。

過去の入浴死を調べてみると、持病のある人ばかりではない。
なぜなのか。

同センターの高橋龍太郎・老人総合研究所副所長は「寒暖差で血圧が急に変化する『ヒートショック』現象が原因の一つ」と語る。

寒い脱衣所で服を脱ぎ体が冷えると血管が急速に収縮し、血圧が上昇。脳内出血などを引き起こす場合がある。また、その後しばらく熱い湯につかると、血管が緩んで血圧が急に下がり、意識障害や心停止につながることもある。冬場は普段いる部屋や脱衣所・風呂場、湯船の間で温度差が大きく、血圧の上下に耐えづらい高齢者の死亡が多いという。高橋副所長は「ヒートショックは健康な人にも起こり得る。温度差を小さくすることが大事」と説く。

一方、慶応大の堀進悟教授(救急医学)は「熱中症が原因であることも多い」と指摘。熱い湯につかって体温が上がると、気づかぬうちに熱中症に陥り、意識を失って溺れたり、心停止したりする。汗をかきにくく体温調節のうまくいかない高齢者は、より熱中症になりやすいという。

どうすれば入浴死を防げるか。山形県の庄内保健所は3年前からこの問題に取り組む。
09年11月から1年間、人口30万人の管内の入浴事故を調べたところ、死者は42人。交通事故死の4倍以上とわかった。
調査結果から、熱い湯の悪影響も浮かび上がった。

そこで「庄内41℃(よい)ふろジェクト」と名づけた活動を開始。
「湯温は41℃以下」を柱に、パンフレット配布や出前講座などを続ける。
担当者は「まず知ってもらい、注意を促し、事故を減らしたい」。

>江戸っ子の熱いお湯は駄目なのですね。

厚労省も実態把握に動き始めた。
今年度に入浴事故対策研究班を設け、山形、東京、佐賀の3都県で入浴関連の死亡例や搬送例のデータを収集。
経緯を詳しく調べ、予防に役立てることにしている。

冬場の入浴事故については、政府や医療団体などがたびたび注意や予防策=図=を呼びかけてきた。日常生活の中で、温度や血圧の急な変化を避けるための工夫はいろいろある。

>温度差の少ない家も必要ですね。

「お風呂は何よりの楽しみ」という人は、老若男女を問わず多い。
だが、厚労省の研究班の代表でもある堀教授は、「『入浴は危険』という認識も持つべきです」とアドバイスする。

>入浴は疲労回復だと思うのですが、年齢と共に危険だと考えないとならないのですね。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください