HOMEスタッフブログその他 >うちわの効果を検証 体温は涼風で低下か、それともあおぐ労力で上昇か

うちわの効果を検証 体温は涼風で低下か、それともあおぐ労力で上昇か

涼しを求めてうちわの話題です。

こんにちはつよぽんです
まだまだ残暑が続くようですね。
涼しを求めてうちわの話題です。

暑い日にうちわで風を送ることに意味はあるのか。
結局、あおぐことで体温が上昇するだけではないのか。
そんな疑問を解決します。


うちわの効果を検証 体温は涼風で低下か、それともあおぐ労力で上昇か   その1


米カリフォルニア工科大学の理論天体物理学教授、スタール・フィニー氏によると、うちわであおぐことには効果があるようです。

同教授によると科学的根拠は以下のようになる。

熱損失(ヒートロス)
人間の体は放射や熱伝導、蒸発(つまり発汗)により熱を失う。
熱伝導と蒸発はより重要で、湿った肌よりも温度・湿度が低い場合に起きる。
空気の分子は人間の肌に衝突するとすぐに、肌が触れている空気の温度を体温まで引き上げ、湿度を100%にする。
肌にまとわる空気がそのまま留まれば、体温は下がらない。そこで、温度・湿度が低い空気に入れ替える必要がある。

こうした現象は、肌をとりまく1~3ミリの動きのない空気の層である「境界層」で起きる。
空気が動くのはこの層の外側だ。
空気の動きが速ければ速いほど、境界層は薄くなり、より多くの熱が失われる。

安静にしている時、例えば換気の悪い教会で説教を聞いている時、人間が生産するエネルギーは約100ワットだ。うちわをあおげば、約1ワットがこれに加わるかもしれないが、体の周辺の空気の速度が大幅に増すことで、ヒートロスは倍増し得る。1%の努力で、2倍の涼しさを得られる可能性があるのだ。悪くはない。

>うちわをあおぐエネルギーは1ワット
これが衝撃的でした。
肌に空気の分子が衝突するだの、
肌をとりまく1~3ミリの「境界層」だの、
意識したことってありましたか?

1ワットの労力を惜しまなければ、 確実に境界層で温度・湿度が低い空気に入れ替えられるということですよね。
いやあ、やっぱり、うちわは偉大。


うちわの効果を検証 体温は涼風で低下か、それともあおぐ労力で上昇か   その2

扇子よりしっかりしているので、空気を入れ替える効果は絶大だということで。

暑い時は頑張ってうちわをあおぎましょう!



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください