HOMEスタッフブログその他 >今年最大の天文イベント金環食!

今年最大の天文イベント金環食!

ここでは、金環食について詳しく説明します。

こんにちはつよぽんです
コンビニに入ってもレジの所に金環食用のフイルムが売っていますね。
今年最大のイベントだそうです、記事から。

なかなか見ることができないという貴重な現象が5月21目(月)に起きます。
では、この金環食について、皆さんはご存じでしょうか。

ここでは、金環食について詳しく説明します。
ます、金環食とは金環曰食とも呼ぱれ日食の一種です。
地球から太陽を見たときに太陽が月の陰に隠れ一部または全体が見えなくなる現象が日食。
月か太陽を完全に覆い隠せないために月の周囲に太陽の外周がはみ出し、リング状に見える状態を金環食、または金環日食と呼びます。
漏れた光は輸のように美しく輝きます。

ちなみに、皆既日食とは地球から見て月の方が太陽より少し大きく見える現象を指します。

今回の金環食の特徴は、この現象が日本のかなりの広範囲で観測できるということです。

今年最大の天文イベント金環食!  その1

素晴らしいことに、三大都市である東京・大阪・名古屋が金環食帯に入っている上、中心食線(日食帯の中心線)が南関東・静岡・紀伊半島南部などの多数の都市や観光地を通ります。金環食帯に含まれる人口は日本だけでなんと8000万人を超え、日本の入口の6割以上にもなります。

今年最大の天文イベント金環食!  その2

図鑑で見るような真ん円のリングが国内で観測できる、またとないチャンスー実は、金環食も皆既日食も世界的に見れぱ多いときは年に数回観測できます。
しかし、日本国内で見られる金環食は沖縄での1987年以来。
また、本州だと1883年以来となるのです。次に見られる金環食は2030年(北海道)、その後は2041年(若狭湾~伊豆半島)と、非常に珍しい現象。
まして日本のこれほど広い地域で金環食になることはめったになく、アメリカ・中国・台湾も合わせると、なんと約2億人もの人が金環食帯の中にいることになります。

今年は今回の金環食の他、6月6曰(水)午前に金星の日面通過という大イペントもあるようです。

>これは月が太陽を隠す日食の内惑星版と考えればよいそうです。
ただし、月の見かけの大きさが太陽とほぼ同じであるのに対して、内惑星の見かけの大きさは、直径で太陽の1/    33程と小さいためこれを観測すれば、大きな太陽の表面を真っ黒な小円が通過して行くように見えるため、「食」では  なく「日面経過」と呼ばれているそうです。

前回は2004年でしたが、今年を逃すと次回はなんと2117年。
今生きているほとんどの人が、金星の日面通過を二度と見ることができません。
こちらも絶対に見逃すことのできない歴史的天体ショーといえます。

ただ、1つ気を付けなければならないのが、曰食・金環食をはじめ太陽観測の仕方です。間違った方法で太陽を見ると、せっかくの貴重なイべントが台無しになってしまいます。
取り返しの付かない事故を防ぐためにも太陽観測専用フィルターを必ず使用し、注意した上で見るようにしてください。

>それで金環食用のフイルムをコンビニでも置いているのですね。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください