口臭

気になる話ですそれは「口臭」についてです。

こんにちはつよぽんです
今日も穏やかな日になりそうですね。

気になる話ですそれは「口臭」についてです。
朝起きると口の中がネバネバして、嫌なにおいかするそんな経験は有りませんか?
それは、舌の表面に付いたコケのような「舌苔」(ぜったい)という汚れがもとになっている可能性が高いそうです。
口の中をきれいにする心がけが、口臭予防の第一歩だそうです。

口臭  その1

舌苔の正体は、新陳代謝ではがれ落ちた粘膜の上皮、血液の成分、食ぺ物のかすなどだそうです。
口の中には元々、何億もの細菌がいるが、その細菌が舌苔の中のたんぱく質を分解することで、卵が腐ったよ うなにおいのガスを発生させるそうです。

専門家は「就寝中は□の中ではがれた粘膜の上皮細胞か舌の上にたまっていく。
その上、唾液の分泌も少ないので細菌が増殖しやすい。
だから朝は口臭が発生しやすい」と説明する。

舌苔を取り除こうと、硬い毛の歯プラシで舌をごしごしこすると、昧を感じる昧蕾を傷つけかねないそうです。
専用の「舌プラシ」なら、細く軟らかい毛を使っている上、舌の表面にフィツトする形状なので、効率よく掃除ができるようです。
起床時に1日1回がお勧めだが、「誰にでもある□奥なので、気にしすぎないことも大切」と専門家は言っています。

また、口の中の病気が、口臭の原因となっていることも多いそうです。
その代表が歯周病で、歯と歯茎の間に隙間ができ、そこに歯垢(プラーク)がたまる。
歯垢の中には、多くの細菌が含まれている。
細菌が増えれば、口の中のたんぱく質を分解する量も増え、結巣として口臭も強くなるそうです。
血なまぐさいにおいが特徴のこの口臭を防ぐには、歯周病の予防と毎日の歯磨きが欠かせないそうです。

また、唾液の量が少ないドライマウス(口腔乾燥症)が、口臭を引き起こしていることもある。
唾液には抗菌作用や、においのもとを洗い流す作用かあるが、緊張やストレス、薬の副作用などで唾液の量か減ると、口臭が強くなるそうです。
分泌量を増やすには、よくかんで食事をしたり、水分を十分にとったりすることも重要だそうです。

実際には口臭がないのに、あると思い込んでしまう「仮性口臭症」で苦しむ人もいる。

専門家は「思春期に何回か家族から『口かくさい』と指摘され、それから友人と話ができなくなったという人や、通動電車に乗れないという人も多い」と言う。
仮性口臭症の人は、歯磨きや歯の治療をきっちりしていることかほとんど。
専門外来では、時聞をかけて問診し、口臭を測定する特殊な機器で客観的に口臭の強さを測っている。
専門家は「時間を変えて何回か測定し、口臭がないことを自分で納得してもらえれば気にならなくなります」と話しています。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

ハウジングバザール自然素材が好きに当事務所が出展しています。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください