HOMEスタッフブログその他 >国立公園で地熱発電

国立公園で地熱発電

原発を止めて地熱発電や風力などの電力を利用したいですね。

こんにちはつよぽんです

妊婦の食事、子どものアトピー発症に影響?   その1

昨日の夕方の散歩で撮った桜の花芽です。

原発を止めて地熱発電や風力などの電力を利用したいですね。

環境省は、国立公園内での地熱発電所の設置を限定してきた規制を見直し、一定の条件を満たせば開発を認める方針 を固めた。

>火山国である日本に地熱発電が少ないのでしょう?
原子力発電を推し進めるのには不都合だったからでしょうか。

14日にあった専門家による検討会で方針案が了承されたそうです。
脱原発依存を支える柱の一つと期待される地熱開発を後 押しするそうです。
方針案によると、国立・国定公園のなかでも、環境保全が特に必要な第1種特別地域などでの開発は引き続き認めな い。

ただしそれ以外の区域では、地域外から地下に掘り進む「斜め掘り」など、景観や生態系保護に配慮した技術を使う ことを条件に、地熱資源利用を認める。
地元での電力消費に充てる小規模地熱についても、公園内での開発を進めていく。
日本は火山が多く、世界3位の地熱資源があるとされる。 だが候補地の約8割が国立公園内に集中する。 発電施設が景観を損ねたり、熱水を取り出す井戸の掘削が環境に悪影響を及ぼしたりする恐れがある。

1974年に出された国の通知では、国内6カ所以外の開発を原則として規制してきた。

その後一定の緩和があった が、国内の地熱発電はなお18カ所にとどまる。 そのため稼働中の地熱発電は原発半基分の計約54万キロワットにすぎず、開発業者などから規制緩和を求める声が 高まっていた。
検討会で地熱開発業者の委員からは「もっと規制緩和しないと導入拡大は望めない」といった意見が出た。

一方で、別の委員から「地熱の重要性を否定はしないが、慎重であるべきだ」といった指摘も出た。
環境省は自然保護団体などから意見を聴いたうえで、3月末までに新通知を出し、地熱発電の規制を見直す方針だ。

>規制を掛けた方がメリットがある人がいるのでしょう、規制する組織が作れますから。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

ハウジングバザール自然素材が好きに当事務所が出展しています。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください