HOMEスタッフブログその他 >セシウムスギ花粉移行1/10 来春の飛散「心配なし」

セシウムスギ花粉移行1/10 来春の飛散「心配なし」

東京都内のスギを調べたところ、福島第一原発事故で、葉に付着した放射性セシウムが花粉に移る割合は十分の一程度だった。

こんにちはつよぽんです

先日の新聞の記事です。
首都大学東京大学院(放射線安全管理学専攻)の福士政広教授(55)が今月、東京都内のスギを調べたところ、福島第一原発事故で、葉に付着した放射性セシウムが花粉に移る割合は十分の一程度だった。

来春、花粉が舞っても、健康被害の心配はないという。

>小出さんはこの報道を聞き「・・、仮に10の1になったとすれば、まあ比較的良かったとは思いますけれども、10分の1の危険があると思わなければいけないし、えー、子どもというのは大人に比べれば何十倍も放射性の感受性が強いので、えー、花粉の飛散時には私はマスクはすべきだと思います。」 と言っています。

全文はこちらhttp://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65780713.html

スギの葉に付着した放射性セシウムは、一部が木の内部に入り、内部を伝って新葉や花に移る。
花粉の中にも放射性セシウムは含まれることになる。  

福士教授は今月三日、奥多摩町の山林で、スギ花粉約四十ミリグラムを採取して分析。
古い葉に付いた放射性セシウムは一キログラム当たり九三六ベクレルだったが、花粉は九四ベクレルだった。
この花粉が空気中に飛散し、人が外にいて一時間花粉を吸い込んでも、内部被ばく線量は〇・〇〇〇〇〇一マイクロシーベルト未満。計

算上、福島第一原発に近い福島県川俣町で六月、同一七万七六〇〇ベクレルが葉から検出されたスギの花粉でも、一時間当たりの内部被ばく量は約〇・〇〇〇〇一三マイクロシーベルトにとどまるという。

福士教授は「新たな飛散がなければ、花粉の放射性セシウムの濃度は年々低くなるだろう」と推測している。

>本当なら嬉しいのですが。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

ハウジングバザール自然素材が好きに当事務所が出展しています。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください