HOMEスタッフブログその他 >がん細胞光る試薬開発

がん細胞光る試薬開発

スプレーして1分ほどでがん細胞を光らせて場所を把握できる試薬を、開発したそうです。

こんにちはつよぽんです
朝は雪が降りましたね、冷え込んできました。
今日は事務所の忘年会です。

スプレーして1分ほどでがん細胞を光らせて場所を把握できる試薬を、東京大学の浦野泰照教授と米国立保健研究所(NIH)の小林久隆主任研究員らが開発したそうです。

1ミリほどの微小ながんでも見分けることができるため、外科手術や内視鏡手術でがんの取り残しを減らし、再発防止につながると期待されている。

>あんまり小さいガンを見つけてもどうなんでしょうか

がん細胞光る試薬開発 その1

浦野さんらは、肺がんや肝臓がん、乳がんなどのがん細胞の表面にある酵素と反応して光る分子に変わる試薬を開発したそうです。
この分子ががん細胞内に取り込まれて蓄積し緑色に光る。
人のがんを移植したマウスの腹部を開け、試薬を吹き付けると、正常の細胞の約20倍明るくなり、人の目で十分確認できたという。

がん細胞光る試薬開発 その2

がんの診断には、陽電子放射断層撮影(PET)や磁気共鳴断層撮影(MRI)などが利用されているが、1センチ以下の小さながんを見つけるのは難しい。

小さながんを見つける方法が課題になっていた。

>悪性か良性か見分けるような試薬が出来ると良いですね。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

ハウジングバザール自然素材が好きに当事務所が出展しています。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください