HOMEスタッフブログその他 >肉好きがんリスク1.5倍

肉好きがんリスク1.5倍

肉類を食べる量が多いと、結腸がんになるリスクが約1.5倍高いことが、国立がん研究センターの研究班の調査でわかったそうです。

こんにちはつよぽんです

肉類を食べる量が多いと、結腸がんになるリスクが約1.5倍高いことが、国立がん研究センターの研究班の調査でわかったそうです。
大阪や岩手、茨城、秋田、新潟、長野、高知、長崎、沖縄など9府県の45~74歳の男女約8万人を10年以上追跡した結果だそうです。
欧米より肉を食べる量が少ない日本では、これまで結腸がんと肉食の因果関係が不明だった。

研究班は、調査追跡期間中に結腸・直腸がんになった男性714人、女性431人について肉類を食べる量で5グループにわけ、がんの発生率 を比べた。
すると、男性は、ハムやソーセージも含めた肉類全体の摂取量が1日約130グラムのグループは、20グラムのグループの約1.4倍、 結腸がんのリスクが高かったそうです。
女性は、牛肉や豚肉を1日約90グラム食べるグループは、約10グラムのグループの約1.5倍、結腸がんリスクが高かった。
欧米では、牛肉や豚肉、加工肉は結腸がんのリスクを高めることが複数の疫学調査でわかっていたが、日本では同様の調査はなかったそうです。 研

究班は「牛肉や豚肉に含まれる動物性脂肪を消化する際などに、胆汁酸や発がん作用がある化合物ができ、リスクが高まるのでは」と話しているそうです。

>もともと日本人には腸の長さからいっても肉食には向いてないようですね。
伝統食を食べるのが良いですね。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

ハウジングバザール自然素材が好きに当事務所が出展しています。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください