HOMEスタッフブログその他 >蚊ゆい秋、来るかも

蚊ゆい秋、来るかも

猛暑と降水量減で、今夏の蚊の多くは幼虫の段階で死んだそうです。

こんにちはつよぽんです
今日の天気は朝は雨降り、昼は快晴、夜また一時雨でしたね。
昼間は事務所の中が機械の熱で暑かったです。

新聞記事からです
今年の秋はかゆいかもしれない。

猛暑と降水量減で、今夏の蚊の多くは幼虫の段階で死んだそうです。
だが暑さが和らいで雨量が増えれば通常どおり成長するそうです。

専門家は「夏に蚊に刺される機会が少なかった分、秋以降は数が増えたように感じるはず」と予測しているそうですよ。

確かに寝ていても蚊に悩まされることはは少なかったですね。

感染症調査のために蚊を採取している大阪府公衆衛生研究所(大阪市)によると、6月下旬から8月中旬に2週間に1度、大阪府内で夕方から朝にかけて採取したかの数は、昨年の2,280匹から1.939匹へ15%減っていたそうです。

害虫防除技術研究所(千葉県八千代市)によると、人間の血を吸ったメスの蚊は、3~4日後に、道路脇の溝などの水面で産卵。
卵から2~3日で孵化してボウフラとなり、サナギを経て2週間ほどで成虫となるそうです。

住宅街に多いアカイエカは暑さに弱く、気温が30度を超える日が続くと死ぬそうです。
今年の8月の総降水量は平年より少なく、成虫になる前に死ぬ場合が多かったとみられています。

今夏は一時的に数が減ったため、蚊の産卵が9月以降に例年通りに戻ると、数が増えたように感じるはずだという。

「秋だからといっても油断大敵です」だそうです。

蚊ゆい秋、来るかも その1

新聞の記事より蚊に刺されないようにしましょう。

現場ではだいぶ食われましたが、室内ではそんなに気にならなかったですね。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

http://www.hng.ne.jp/corp_detail179.html


人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください