HOMEスタッフブログ花粉症 >今年の春の花粉飛散量は?

今年の春の花粉飛散量は?

今年の春の花粉情報を新聞から。

こんにちはつよぽんです
先日雪が降り大変でしたね。

今年の春の花粉情報を新聞から。  その1

我が家でも被害者が

今年の春の花粉情報を新聞から。  その2

雪が降るとすぐに雪だるまを作る娘がかまくらを作り紋次郎を中に、迷惑そうな紋次郎です。


今年の春の花粉情報を新聞から。

北・東日本は昨年の倍以上になるようです。

今年の春の花粉情報を新聞から。  その3

>長引いた残暑が一因になっているようですね。

気象情報会社のウェザーニューズや日本気象協会は、関東や東海を皮切りに2月から飛散(ひさん)が始まると予想しているそうです。
ウェザー社の予測では、スギやヒノキ(北海道はシラカバ)の花粉量は北日本や東日本で昨春の倍以上。
2005~12年の平均値と比べて1・7倍前後になるそうです。

この原因の一つは昨年の夏は太平洋高気圧の勢力が強く、北日本や東日本で残暑も長く続いたため、春に向けて花粉を作る雄花(おばな)の生育(せいいく)がよかったらしい。

しかも今年は「表年(おもてどし)」にあたっているのも一因なのかもしれません。
表年とは花粉は多い年と少ない年が交互にくる傾向があり、多い方が表年だそうです。
表年で花粉の飛散が増えれば、受粉(じゅふん)する雌花(めばな)が増えて種子がたくさんできるそうです。
すると、その年の夏は雄花や花粉を作るより、種子を育てる方に栄養が多く使われ、翌年の春の飛散量は少なくなりやすいんだそうです。

>表年と裏年でそんなに違うのですね。

ただ、夏の天気も関(かか)わるからきれいに増減が入れ替わるとは限らないそうです。
天気が悪いと「表年にしては花粉が少ない年」、良ければ「裏年にしては多い年」になる。実際、西日本は昨夏、好天に恵まれなかったため、今年の花粉量は昨年より約3割多いものの、05~12年までの平均値程度だそうで、表年としては少なめのようです。

>これだけでは説明がつかないと言うことですね。

長期的には他の要因(よういん)も考えられるようです。
NPO法人花粉情報協会は、戦後の植林(しょくりん)政策でスギやヒノキが増えた点や、温暖化で夏に雄花が育ちやすくなっている可能性を指摘しているそうです。


>私の花粉症は昨年は影響が少なかったですが今年はどなるか心配です。
でもこれが有ります。

花粉症の方は是非試してみたらどうでしょうか、左党の方には最適ですよ。

請福ファンシー
http://www.seifuku.co.jp/



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 

人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください