HOMEスタッフブログ電磁波過敏症 >電磁波とは(2)

電磁波とは(2)

越谷商工会建設業部会の納涼会に参加し炊きました。

こんにちはつよぽんです
毎日暑い日が続いていますが皆様お元気ですか?
展示会の準備で目の回る忙しさです。  

電磁波とは(2) その1

昨日は越谷商工会建設業部会の納涼会に参加し炊きました。
締めの木遣りを歌っているところです。

まだ私も本を読んでいる途中ですが荻野先生のレジメがよく分かるので紹介します。
この文章は電磁波測定士協会の総会における講演のものです。


電磁波とは?
電磁波とは「太陽光線の仲間」で、エネルギーの高いのが原発や原爆で知られるガンマ線などの「放射線      
(電離・放射線)」で、エネルギーの弱いのが「電波」と呼ばれる「放射線(非電離・放射線)」です。
勿論、 紫外線も赤外線も電磁波の仲間で、粒子と波の両方の性質かおり、電波領域では電気や磁気が波
として空間を対象に伝播していると考えることが出来ます。

電磁波の影響メカニズムを考える時には、これら全ての電磁波を対象にる必要かおるのは、全ての電磁波 
が遺伝的毒性を示すと考える必要があるからです。家庭の電気は60(または50)ヘルツの極低周波でエネ 
ルギーが極めて弱く、波長は5000(6000)kmもの長さです。携帯電話やタワー、放送タワーのアンテナから
放射される電磁波は、高周波と低周波が変調(混ぜ合わせ)されたり圧縮され-たりした、アナログ波または
デジタル(パルス)波の電磁波ですから高周  波と低周波との双方の悪影響の可能性があります。
この様な変調電磁波や電磁波の波形や周波数などによって、その性質が大きく変化します。

影響メカニズムについて:歴史的経過を中心として
電磁波の身体への影響は、まず極低周波の電磁波で問題になりました。有名なエジソンとテスラの論争で
す。
交流・直流論争と言っても良いでしょう。エジソンは「交流は危険」と主張して弟子のテスラと争ったのですが
、当時の技術では交流の方が便利だったために、エジソンは敗北して晩年は倒産状態でした。交流の危険性
を証明するために、エジソンは多くの動物を殺したのですが、その結果として「電気イス」まで発明しました。
交流電気は身体の中を流れ易くてより危険だったのです。

こんないきさつが有ったのですね



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

http://www.hng.ne.jp/corp_detail179.html


人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください