HOMEスタッフブログ電磁波過敏症 >危ない携帯電話(2)

危ない携帯電話(2)

携帯電話というのは1981年にスウェーデンから始まったそうです。

こんにちはつよぽんです

行楽日和の天気が続いていますが皆様は何処かにお出かけしましたか?
私は例年の恒例の潮干狩りに行ってきました。

なぜ携帯電話というものが開発されたかご存じでしたか、私は初めて知りました。
携帯電話というのは1981年にスウェーデンから始まったそうです。
ところが、そのスウェーデンでは携帯電話は緊急時の連絡のためという意識があって、普段は使わないそうです。
スウェーデンは土地が広く、かつ寒いことから、車が故障して停まってしまうと、そのまま死に結ぶそうです。
その様な事故死が多いことから緊急の連絡用に備えてこのシステムが開発されたそうです。
電磁波の危険性をよく知っているのもスウェーデンの国民だそうです。

携帯電話基地局のタワーにはいろいろな種類があります。
まず、1つのタワーで交信できる広さで分類することができます。
その交信範囲を「セル」というのですが、セルがいくつもつながりあっているために、移動しながらでも交信が可能なのです。
携帯電話システムが最初に作られたスウェーデンはそのセルの方式は大ゾーン方式と言って、1つのタワーを山の上に立てたりするのですが、周囲50キロ程度まで電波が届きます。
要するにテレビやラジオなどと同じようなものです。

ところが日本は違います。
P H Sなどは小型で、せいぜい電波は数百メートルしか届きませんし、普通の携帯電話も数キロメーター以内という、いわゆる小ゾーン方式を採用しています。
そのために、ますます人の住むところに、人口の多いところにタワーが近づくわけです。
使う人の近くにタワーを設置するのが、1番安上がりで有効なわけです。
人々の健康や環境保全を考えないで、経済コストを優先させることに、企業も国も研究者も総力を挙げて協力しあっているのが、この日本の姿だといってもよいでしょう。
建築の事を考えてもこの意見に賛同しますね。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

http://www.hng.ne.jp/corp_detail179.html


人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください