HOMEスタッフブログ建築 >樹齢、切らずにどうきめる?(2)

樹齢、切らずにどうきめる?(2)

実際の樹齢の推定はなかなか難しいみたいです。
代表的なのが鹿児島県屋久島の「縄文杉」だそうです。

こんにちはつよぽんです

実際の樹齢の推定はなかなか難しいみたいです。
代表的なのが鹿児島県屋久島の「縄文杉」だそうです。
高さ約25m、幹の周囲約16m、ガイドブックには樹齢7200年と書かれているものもあるが、実際は樹齢2170年説から7200年説まで、諸説が入り乱れていいるそうです。

まず過去に伐採された屋久杉の記録や気候データなどをもとに算出した結果、樹齢7200年とされた。
一方、80年代になって、腐食した内側から採取した標本を、出土遺物などに用いる放射性炭素年代測定法で測ったところ、今度は、2170年という数値がーーー。この時期はもう弥生時代に入っているので、これが正しければ、縄文杉ならぬ「弥生杉」になってしまうそうです。

樹齢については決定的なものは無いそうです。

樹齢、切らずにどうきめる?(2) その1

屋久町屋久杉自然館のHPでも、推定樹齢2000年代~7200年とあるようで、ずいぶん幅があるようです。

http://www5.ocn.ne.jp/~yakumuse/

朝日新聞の漫画が面白いですね。

昨日の鎌倉鶴岡八幡宮の倒れた「隠れ銀杏」の大銀杏も樹齢800~1000年とみられているようですね。
鎌倉時代に体が隠せる大樹なら2代目という説も有るようですね。



ブログ訪問有り難うございます。

HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 
ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

http://www.hng.ne.jp/corp_detail179.html


人気ブログランキング なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください